FC2ブログ
ロスカット あの日の涙 虹となる

中田敦彦のYouTube大学

トレード稼業は基本的に暇だ。

モニターの前に座って1時間何もしないってことも珍しくない。

そのうち耐えがたい睡魔も襲ってくる。

そんな相場監視員にとって絶好の時間潰しになるのが、今年4月にスタートした中田敦彦氏の動画だ。

9087.png

最初に面白いところをチラ見せして続きは有料動画へどうぞって誘導しているセコい教育系ユーチューバーが多数散見される中で、圧倒的なコンテンツを武器にして断トツの動画再生数を稼いでいる。

お笑いの世界で培ったトークスキルに加え、わかりやすい構成や独特のドライブ感、画質や音声の強弱など細部に徹底的にこだわる姿勢は他の追随を許さない。

そのスタイルは多くの人が賞賛し、ますます虜になっていく好循環。

まさに独り勝ちとも言っていい状態だ。

すでに収入は芸能界にいた頃より上回っているだろうが、中田氏がユーチューバーに転身した理由はお金の為だけではないだろう。

動画の内容を拝見する限り、彼は尋常ではない覚悟と信念を持ってこの仕事に取り組んでいると思われる。

10年後、20年後も視聴者の興味を引くような時代を超えたスタンダードな動画作品を作ろうという情熱が伝わってくる。

政治に関する動画を配信すれば、右翼左翼の両陣営から批判にさらされることもあるだろうが、そんなプレッシャーに負けずに続けてほしいと思う。

日本のYouTube市場は400億円規模と言われるが、今後は1000億円規模に膨らむと言われている。

中田氏のような業界のトップにいた芸人の本格的参入によって、日本のテレビ業界はますます弱体化し、市場のシェアを奪われていくに違いない。
スポンサーサイト



[ 2019/12/08 12:49 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

東芝の野望

東芝が量子技術や独自のアルゴリズムを使って、FXの裁定取引で利益を狙う超高速マシンを開発したという記事。

EKS-2X8U0AA2DWl.jpeg

この新技術は他の金融機関に売り込むだけではなく、東芝自ら高速取引業者となり、自己資金で試験運用を始める計画だという。

超高速取引、いわゆるフロントランニングは人間の認知スピードを超えた速度での取引を可能にし、海外にはこうしたシステムを運用しているヘッジファンドが多く、莫大な利益を得ている。

レイ・ダリオ率いるブリッジウォーター・アソシエーツやジェームズ・シモンズ率いるルネッサンス・テクノロジーズなどは1兆円規模の資産を運用していると噂される。

裁量トレードのみで戦っている個人投資家にとっては、彼らは同じ土俵で戦う相手ではなく、もはや黙殺すべき存在でしかない。

東芝の威信をかけた超高速マシンがどこまで市場で通用するのか興味深い。
[ 2019/12/08 01:04 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

投資系YouTuberの増加に思うこと

世界的にSNS全盛時代を迎えている昨今だが、スマホ依存も無視できない社会問題として浮上してきている。

最新の研究では、SNSの頻繁な利用が学生の学業成績を低下させることが報告されている。

ネットの世界では匿名で追及されにくい超低リスクなため、普段の生活では会わない人たち、いわゆる品性下劣な発言をする輩も少なくない。

孫正義さんも川上量生さんも東浩紀さんもそれが理由でツイッターを辞めてしまった。

やや盛り上がりに欠けるSNS界隈に対して、最近は「ビジネス系YouTuber」が増えてきている。

FXや株のトレードを生配信するチャンネルも多くなってきた。

登録者数が10万人を超えてくるとそれだけで余裕で生活できる収入を得ることができる。

そのレベルになると「日々のトレードで負けたとしても成績に関係なく視聴者に支持される」というフェーズに突入するので、新たなジャンルとして確立され、登録者も増え、絶対的な人気を誇るカリスマトレーダーが現れるかもしれない。

ただ、配信だけで億の単位を稼ぐにはまた別のスキルが必要で、一般人が参入するにはトレーディング以上に敷居が高いと思う。
[ 2019/11/18 11:07 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

R.I.P.吾妻ひでお

EHOmI2nUYAAKBkP.jpeg
[ 2019/10/21 23:58 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

ついに仮想通貨での政治家への献金が合法になる。

政府は10月18日の閣議で、政治資金規正法が原則禁じている政治家個人への企業や個人からの献金を巡り、仮想通貨は規制対象に当たらないとする答弁書を決定した。

これって、賄賂は仮想通貨でよろしく!ってことか。

これが事実であれば、政府が公式にマネーロンダリングを認めたことになる。

地下犯罪組織のアングラマネーが政治家の懐に流れ込んだとしても、確かめようがないし、そもそも犯罪ではないということ。

あまりニュースになってないようだけど、本当にこの国は大丈夫なのかって心配になってしまう。
[ 2019/10/20 01:24 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

スプレッド縮小祭り

10月15日から国内のFX業者が軒並みドル円のスプレッドを0.2銭に下げるらしい。

ここへきてスプレッドの縮小が加速した理由は、やはりハイレバレッジをかけられる海外FX業者に対する対抗策か。

国内のFX業者はスプレッドで稼ぐことを犠牲にして、顧客確保を優先したということかもしれない。

DD方式を採用していれば、より多くの顧客を取り込み、たくさん負けてくれたらそれだけFX業者側は儲かる。

個人的にはドル円よりもポンド円やユーロ円のスプレッドを縮小してもらえたら嬉しい。
[ 2019/10/14 19:11 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

オンライン地球儀「earth」

アニメーションマップ「earth」は、リアルタイムで世界の気流の動きを見られるアプリ。

グーグルの「 Forecast System」の気象予報データや「OSCAR」の海流データを基に作られており、気流だけでなく、気温や海流を直感的にわかるようビジュアルで把握できるようになっている。

8882

地球規模で俯瞰してみると。台風19号だけが暴風を伴った気流になっているのがわかる。

南米大陸の先にあるドレーク海峡も濃厚な赤色になっていて荒れている。

さすが「絶叫する60度」と呼ばれるだけある。
[ 2019/10/10 11:35 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

トランプの支離滅裂発言と市場の関係

トランプ大統領のツイッターでの気まぐれなつぶやきによって市場が右往左往している。

かって麻生政権時代、麻生さんの発言がある度にドル円が1円近く乱高下していたが、発言が多くなってくるにつれてマーケットの反応が鈍くなった。

トランプ大統領の発言もいずれ影響力がなくなるだろうが、それは彼が辞職するまで来ないという気がする。

トランプ大統領は、朝起きると一番で、株価と自分の支持率をチェックするようだが、自分の発言でマーケットが動くのはさぞ気分がいいだろう。

今のところ、トランプ効果でマーケットが活性化しているのも事実で、AI取引を駆使するウォール街のトレーダーからしたら彼の存在はむしろありがたいのかもしれない。

トランプ大統領の言動で円高になったり、株価が下落したりするのは日常茶飯事だが、市場が悲観的なムードになったタイミングを見計らって、優良銘柄で買ったり、クロス円を押し目買いするという戦略が有効なように思える。

ただし、そのタイミングがいつ来るかまったくわからないのだが。

52533

「お前らのテクニカル分析は私のツイートに歯が立たない」 

by Donald・Trump
[ 2019/08/20 10:46 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

長良川中日花火大会

台風の影響で2週間延期となっていた地元の花火大会に行ってきた。

昨年は金華山の上から眺めたが、今年は場所を変えて河川敷の特等席を確保した。

555

ほぼ毎年参加しているが、以前の方が混んでいた気がする。

とはいえ、河川敷の芝生の上は大勢の人で芋洗状態。

観賞用にキャンプ用の椅子を持ってこればよかったと後悔する。
[ 2019/08/18 13:43 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

投票率の不在を憂慮する

今回の投票率は全人口の48%程度。

投票しなかった人の方が「多数派」で、相変わらず投票率が低すぎる。

ここまでしても過半数の人が選挙に行かないのは、政治や選挙に関するコンテンツを積極的に報道しない日本のメディアの事なかれ主義のせいもある。

与党は今回の選挙のマニュフェストに、消費税増税を上げている。

このように明確なイシューが含まれているのにこんなに投票率が低いのは、日本人特有の政治に関する無関心さが根底にあるのだろう。

おそらく国民の大半が消費税の増税には反対だと思うのだが、それでも与党に入れざるを得ないのが今の現状の悲惨さを物語っている。

与党は「俺たちが勝ったんだから消費増税は日本国民の民意だ」などど見当違いなコメントを述べている。

誰かが公職選挙法の改正をしなければ、この国の政治家の劣化は加速の一途をたどるしかない。

立候補するのに世界でも稀なほど高い供託金を取るくらいなら、いっそのこと義務投票制を採用した方がいいかもしれない。

投票しないと1000円程度の罰金を取るのだ。

このやり方がいいのか悪いのかはともかく、すでにオーストラリアやベルギーで実際に採用されている。


最大の悲劇は、悪人の圧制や残酷さではなく、善人の沈黙である。

人は「発言する」ことにのみならず、「発言しない」ということにも責任を持たなければならない。

Martin Luther King, Jr.



この国は、やはり落ちるところまで落ちないと政局が決定的に変わることはないと半分諦めている。

未来に危機感のある富裕層がいっせいに国を捨て海外へ出るという事態が現実のものとなる日が近いのかもしれない。
[ 2019/07/21 22:24 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約20年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズ破綻ショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき