ロスカット あの日の涙 虹となる

勝負師鬼才奇人事典

囲碁、将棋、スポーツ、相撲、相場、政治、etc…様々な分野で活躍する勝負師達を取り上げた本。

5252_20180608185053594.jpg

本書に登場する相場師は、石井定七、是川銀蔵、鈴木久五郎、田中平八、山崎種二、野村徳七の6人。

横堀将軍の渾名で知られた石井定七は、堂島での米相場や日露戦争での材木相場、第一次世界大戦での銅相場で大儲けをしたことで知られる。

是川銀蔵は、1981年から1982年にかけての住友金属鉱山の仕手戦で、当時のお金で200億円以上の利益を手にし、1983年の全国所得番付で1位なった。

鈴木久五郎は、露戦争中の1905年に株を買い始め、現在の貨幣価値で500億から1000億ほど儲けたといわれる。

しかし、わずか2年後の1907年には相場は暴落し、全財産を失ってしまう。

晩年は政界にも進出し、明治期を代表する稀代の相場師として、現在でも兜町界隈で語り継がれている。

田中平八は、生糸・為替・洋銀・米相場で成功し、通称「糸屋の平八」「天下の糸平」と呼ばれた。

その後、東京株式取引所を設立し、大株主となり、米相場の仕手戦でも大儲けする。

山崎種二は、明治初期の米相場で勝ち抜き、「売りの山種」と称された。

本人も、「買いよりも売りで儲けるほうが値打ちがある」と豪語していたといわれる。

野村徳七は、鈴木久五郎との仕手戦で売りを仕掛け、勝利したことで知られる。

野村財閥の創始者としても有名で、他の相場師と違って、最後まで退場することはなかった。

明治、大正、昭和にかけて活躍した相場師達は、いかにも勝負師的な性格で、破天荒な生き方をした人物が少なくない。

それゆえ、築き上げた資産もケタ違いで、新聞の3面記事を賑わせ、芸能人並みの知名度があった。

彼らは1世紀を経た現在でも、その名が伝説として語り継がれているが、昨今のSNS界隈で署名なトレーダーで、あと100年後に名を残している人がはたしてどれだけいるだろうか。

いくらBNF氏が1000億の資産を築いたところで、その知名度は足元にも及ばないだろう。

今はトレーダーでも、性格的にも能力的にもバランスの取れた人が多くなり、鈴木久五郎のような昔堅気の相場師は消滅したといっていい。

それがかえって寂しくもある。

ノルかソルか、相場に人生そのものを賭けて勝負していた先人達の胆力の凄まじさに溜息が漏れた。
スポンサーサイト
[ 2018/06/21 18:03 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

モチベーション 3.0

モチベーションをコンピューターのOSに例え、どのようにモチベーションをアップさせればいいのか解説している本。

55252.jpg

「モチベーション3.0」とは、アメとムチのような外発的動機ではなく、自分の内面から湧き出る内発的動機付けで行動することを意味する。

たとえば、エクササイズを始めるとき、高校の同窓会に出席するために減量したいと考えるのは外的な動機づけになる。

それも有効な方法だが、同窓会が終わったとたん、やる気がなくなってしまう可能性が高い。

しかし、家族のためにもっと健康になりたいといった内的な動機なら、長期間の目的設定ができるので、モチベーションも維持しやすい。

「モチベーション3.0」を自分の中で高める方法は3つある。

一つ目は、なぜこれをやるのだろうと考えること。

2つ目は、やる気が出ない自分を許さないこと。

3つ目は、進歩のサイクルに自分を組み込むこと。

人間には、自分の能力を伸ばしたいという欲求や、世界に貢献したい、歴史に足跡を刻みたいなど、高邁な目的があると俄然やる気が高まるという性質がある。

自分の興味や希望に関係なく、利益のことだけを考えて給料のいい会社に就職することは、その人の人生の充実度という面から見るとかなり危険で、当然のことながらモチベーションも低下する。

仕事におけるフロー(リラックスして極度に集中している状態)の体験と人生の幸福を切り離して考えることはできない。

人生の満足感、充実感の源は働くことにあるのだから。

トレードすることが楽しくてしかたがないという内的な動機があれば、そのトレーダーは成功する確率が高いだろう。

一方で、楽をしてお金儲けしたいという不純な動機で相場に対峙すれば、退場する可能性が高くなる。

ちなみに自分はトレードはまったく向いていないと自覚していて、できることなら早く引退したいと常々思っている。

つまり、いつも逃げ腰で相場に向かっているわけで、こういった姿勢じゃとてもじゃないが大きな成功は期待できないよね。
[ 2018/06/12 20:16 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

脳とトレード

トレードしているとき、人の脳内ではどのような事が起きているのか?

なぜ投資家はトレードで損をしてしまうのか、どうして自分の設定したルールに従い続けるのが難しいのか、その理由を医学的検証結果をもとに、最新の脳科学と脳のスキャン画像を使って説明している。


twtwttw.jpg


本書の第2部の「感情と投資」では、ウォーレン・バフェットの言葉が引用されている。


「投資で成功するかどうかはIQとは関係ない。IQは25もあれば充分だ。並みの知性があれば、あとは、本能を制御する特性があればいい。多くの人が本能を制御できずにトラブルに陥っている」


つまり、投資で成功を収めるには人間の本来持つ感情のコントロールが不可欠ということ。

たとえば、ポジションを持っていないときは、理知的に考える脳が優位性を保っていられるが、一度ポジションを持つと感情をつかさどる脳が優位になる。

このために事前に考えているリスク許容量と、現実にリスクに直面したときのリスク許容量には大きなギャップが生じる。

キャリアの浅いトレーダーは自分のリスク許容量を過大評価しているケースが多く、最大50%のドローダウンなら耐えられると思っているが、現実には15%程度のドローダウンで冷静な判断力を失ってしまう。

これにより含み益よりも含み損を長く保有してしまい、収益性も低下してしまう。

トレードを行う際、人の脳にはなんらかのバイアスがかかっている。

バイアスの要因は脳回路の奥深いところにあるために、無意識のうちにバイアスが投資判断に影響してしまう。

本書で紹介されている行動ファイナンス理論や脳神経科学を知ることで、そうしたバイアスの影響を意識して避けられる。

本書の第4部では、具体的に儲かる脳を作るにはどうすればいいかについて言及している。

ただし、これをすれば確実に儲かるとか、具体的な手法について書いてあるわけではない。

かわりに、投資スキルとは直接関係がない脳の構造や神経伝達物質、薬物の名称がたくさんでてくる。

そういったことに興味がないのであれば、読み続けるのが苦痛に感じるかもしれない。

定価3800円と投資本にしては高価だが、600ページと分厚く、コンテンツの充実度を考えればお買い得といえるだろう。
[ 2018/06/06 13:15 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

勝てる脳 負ける脳

テニスを主戦場とするスポーツライターの内田暁氏と気鋭の脳科学者の小林耕太氏の共著。

一流のアスリートの脳内で起きていることを、最新の医学的知見によって解説し、どうしたら「勝てる脳」を作り上げられるのかを探っていく。


0907h_20180529094233cc8.jpg


ザックリと言ってしまえば、「勝てる脳」とは、真剣勝負の舞台で自分の実力をいかんなく発揮できる脳ということになるだろう。

一流のアスリートが信じられないような技術を使いこなせるのは、脳の領域とそれに対応する体の部位との連携がスムーズかつ高速であるためだ。

では、どのようにすれば、そのような状態を作り上げることができるのかいえば、その答えはいたってシンプルで反復練習に他ならない。

ロジャー・フェデラーのコーチであるトニー・ローチは語る。


「練習で成功したことの無いプレーを本番の試合で出せることは絶対に無い。他の優秀な選手のプレーを見て学ぶことも大切だが、必要なのは反復練習。あらゆる状況を想定し、頭で考えなくても反応するまで練習する。試合で得られた課題を克服するまでひたすら練習する」


本書では、そこからさらに踏み込んで、メンタルプラクティスの重要性について言及している。

メンタルプラクティスとは運動の上達を図るために、その運動をイメージとして再生させるトレーニング方法のことである.

日々の練習の一環としてメンタルプラクティスを取り入れることで、肉体のパフォーマンスも向上するというのだ。

どれだけ反復練習を重ねても、本人の意識によってその成果は大きく差がでる。

いくら自転車を毎日2時間こいで通勤しても、自転車選手にはなれない。

優秀な選手とそうでない選手を分けるのは、克服すべき課題を持って取り組む密度の濃い練習の累積時間による。

練習を始めたばかりの初期段階では、意識や注意を司る前頭前野や前帯状皮質が活発に動き、運動が熟練するにしたがって筋肉の動きや感覚情報に関与する運動野や大脳基底核、小脳などが活発になる。

アスリートが反復練習を繰り返して特定の技を習得したあとは、その一連の動きは小脳や大脳基底核にプログラムされ、前頭前野は関与しなくなる。

これによって困難だと思えたことも、無意識のうちにできるようになったりする。

しかし緊張状態に陥ると、前頭前野が作用しプログラムの邪魔をする。

これがいわゆるイップスという状態だろう。

何も考えないで自然とカラダが動くという状態は、一連の作業が小脳や大脳基底核にプログラムされたということだ。

反復練習は、いわばそのプログラミングの作業ということになる。

損切りもエントリーポイントもいちいち頭で考えるのではなく、無意識のうちにカラダが反応できればもっと楽に稼げる。

その域に到達するには、どれだけの累積時間が必要なのだろうか。

トレーダーもアスリートも、勝負に勝ってナンボの商売であることは共通している。

その意味で納得させられることや、新たな気付きがいくつもあった。

トレードだけでなく、仕事やスポーツなど、脳をうまく活用したい人にはお勧めの書といえる。
[ 2018/05/30 07:34 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

FX5分足スキャルピング

巷で評価が高いFX本。

本のタイトルはスキャルピングとあるが、紹介されているのは1日1〜2回のチャンスでおよそ20pipsを獲得するデイトレード。

原書は『Understanding Price Action』というタイトルで、一日に数pipを何度も繰り返して獲得するスキャルピングではない。

パンローリングがなぜこのタイトルにしたのか疑問に感じる。

813TAFO1zQL.jpg

以下が基本的なルールの概要。


・取引通貨はユーロドルがメインだが、他の通貨ペアでも使える。

・チャートは5分足で、テクニカル指標は移動平均線の20EMAのみ。

・ニュースやファンダメンタルな情報は一切見ない

・エントリーは利食い20pips、損切り10pipsのOCO注文で行う。

・エントリー後は基本的に利食いも損切も動かさない。

・リスクに晒す金額は総資金の2%。



ただし、本書で述べられているエントリーポイントを厳密に守ると、一日中モニターにへばりついていても、ノートレードで終わってしまうこともある。

短期で忍耐力がない自分のような人間には敷居が高い。

しかしながら、著者のトレ-ドの考え方は理にかなったもので、繰り返し読むことで、新しいアイディアを思いついたり、自分の手法のブラッシュアップに役立つだろう。

本書で紹介されている手法をそのままコピーするのではなく、自分自身でオリジナルのロジックを見つける際のヒントとしても活用できる。

掲載されているチャートも多く、再現性においても信憑性は高い。

FXだけでなく、株や商品先物、スイングなど他の時間軸にも応用できると思う。

一つ注文をつけるとすれば、翻訳本とあって読みづらいことはなはだしい。

これは訳している人が、実際にFX投資をやっていないことが原因と思われる。

FXをはじめたばかりの初心者には、少々難解で苦痛に感じるかもしれない。

内容がイマイチ理解できない箇所も多々あり、もう少し読みやすい日本語に訳して再出版してもらえることを希望したい。
[ 2018/05/28 18:45 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

仮装通貨で儲けるには握力がモノをいう

ビットコインは5月24日、ついに7500ドル台まで下落した。

その他の仮想通貨も軒並み下がり続けている。

ここ最近の仮想通貨相場は売り圧力が強い。

この背景には、米国とカナダの北米証券監督協会(NASAA)が仮想通貨の投資スキームに対する取り締まりを強化すると発表したことがあるようだ。

しかし、どれだけ暴落しようが一部の仮装通貨クラスタは強気の姿勢を崩していない。

「相場が下げたからといって、握力を弱めるな!」

SNSでもそんなコメントが書き込まれている。

仮想通貨で儲けるコツはとにかく売らずに保有し続ける「握力」が大切と言われる。

仮想通貨は値動きに波があるものの過去に右肩上がりで成長してきたために、暴落時に狼狽売りすると、その後に激しく後悔することになると頑なに信じている人は多そうだ。

実際に2017年だけでビットコインは約20倍、イーサリアムは約70倍、リップルに至っては約130倍と主要な仮想通貨は軒並み10倍以上という株ではありえないような価格上昇を記録した。

購入後売却せずに保有し続けていた人は相当な利益を得ることができたのだ。

その成功体験が忘れられず、ドルコスト平均法で暴落時にコツコツと買い増しして、5年後、10年後に期待するというタイムカプセル投資法を実践している人もいるという。

現在の激しいボラティリティに一喜一憂するのではなく、遠い未来の価格に思いを馳せる。

その気持ちは分かる。

仮想通貨の未来に期待することは、おかしなことではない。

この先もビットコインの価格が順調に上がり続ける可能性がないとはいいきれない。

しかし、自分にはどうしてもそれとは逆のシナリオが待っているような気がしてならない。

仮想クラスタの根拠なきバイアンドホールド戦略は、過去に大損してきたダメな投資家だった自分の姿と重なるのだ。
[ 2018/05/25 11:20 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

金利「超」入門

金利の仕組みと役割についてのやさしい解説書。

25252.jpg

金利がいつ生まれたかという歴史から始まり、中央銀行が金利を動かす仕組み、マイナス金利政策の影響など、金利に関する知識が日ごろ経済にあまり関わりがない人にも解るよう平易な文で説明されている。

ビットコインのような仮想通貨においても、近い将来金利が付く可能性について言及している。

今までの経済入門書にはない「金利は未来に向かう時間の値段」という切り口が、斬新で的を射ていると思った。

人口の減少や高齢化といった問題は、人類の未来に向かっての進歩に対する期待を下げ、それが中央銀行の政策、超低金利やマイナス金利に反映されている。

しかし、著者は近い将来には人類はこの問題を克服し、超低金利の時代は終焉を迎えると予測している。

美和卓さんの著作はどれもロジカルでわかりやすく、本書も読んでおいて損のない経済本としてお勧めしたい。
[ 2018/05/25 04:44 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

FXくるくるワイド投資術

一時期、個人投資家のあいだで話題になった魚屋さんの手法。

基本的には両建てのヘッジトレードだが、出口戦略が絶妙で、従来のトラリピとは若干異なる。

この手法の一番大きなメリットは、為替相場を動かす要因であるファンダメンタルズ分析を一切考慮する必要がなく、難解なテクニカル分析を用いた裁量トレードを駆使しなくても利益を積みあげていけることだろう。

63636.jpg

しかし、一読しただけでその概要を理解するのは難しく、実際に相場で実践してみて徐々にマスターしていくしかない。

この手法は資金管理が肝だが、もしFXのレバレッジが10倍まで規制されたら、トラップを立てるのも制限がかかり、最初からそれなりの大金を用意しなきゃいけない。

魚屋さんのように8万円から1億まで増やせたのは、レバレッジを300倍まで効かせられた時代だったからだ。

レバレッジ10倍だと、うまくいったとしても相当な時間を要する筈で、2年、3年の短期間で1億円を達成するのはほとんど不可能に近いかもしれない。

この手法は相場に張り付いていられない兼業の方に向いている。

専業トレーダーで採用している人はいるのかな?

スキルに自信のある裁量トレーダーは自らの判断でリスクを取ることに快楽を得るタイプが多いから、このシステマチックな手法を理解したとしても、自分のトレードに積極的に取り入れる人は少ないと思われる。
[ 2018/05/08 21:32 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

仕事は楽しいかね?

自己啓発本の多くは、「たしかにそのとおり」だと納得するものの、いささか著者の主張が押しつけがましく感じるところがあったりする。

本書には、そうした上から目線の主張はなく、あくまでもソフトに読者に語りかけているところが好感が持てる。

424242242.jpg

全編を通して訴えているのは、「明日は今日と違う自分になる」ということ。

日常を変えるさまざまなことにチャレンジし続けることが、生活習慣を変え、考え方を変える。

考え方が変われば、行動が変わり、行動が変わればおのずと結果が変わってくる。

成功する人がどのような思考パターンを持っているかは、まさに人それぞれだけど、「とにかく何かをやってみよう」という気にさせられる内容。

投資家の射幸心を煽るだけの何の根拠もない投資本よりもモチベーションがあがることは間違いなく、トレードの暇な時間のときにでも一読をお薦めしたい。
[ 2018/02/25 05:06 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)

アップルを創った男の物語

アップルのカリスマCEOであったジョブスの“非公認”の伝記。


スティーブ・ジョブズ-偶像復活スティーブ・ジョブズ-偶像復活
(2005/11/05)
ジェフリー・S・ヤングウィリアム・L・サイモン

商品詳細を見る


熱狂的なMac信望者が本書を読めば、ジョブスは決して優れた経営者ではなく、たいした設計技術もなく、部下をしかりつけてたくみに財をなした男として描かれていることに衝撃を受けるだろう。

とりわけ可笑しかったのは、初期アップルのエンジニアだったジェフ・ラスキンの彼に対する愚痴だ。


「他人の脳みそを盗むのはジョブズにとって普通のやり方さ。まず人のアイデアを鼻であしらっておいて、その1週間後には、素晴らしいアイデアを思いついたなんていいながら戻ってくる。そのアイデアというのは、もちろん1週間前に誰かがジョブズに話したアイデアなんだ。我々はジョブズのことを現実歪曲空間と呼んでいたのさ。」


そうした振る舞いは、やがて自らが起こした会社を追われるはめになる。

リベンジとして立ち上げたネクストステップも失敗に終わってしまう。

しかしながら、10代の頃から「一家に一台PCを所有する時代が来る」と予言した彼は、やはり特筆すべき先見の明があったのだろう。

そして、ジョブズ本人が他人に何と言われようとも自分が成功するという未来をまったく疑っていなかったところが凄い。

デザインに対する過剰なまでの美意識も、経営者としての範疇を超えている。

その執念が今日のアップルの成功に繋がっていく。

とくに復帰してからの功績は、彼の名声を一段と高めることとなった。

かっての社員で、後にBe社を設立したジャン・ルイ・ガセーは言う。


「民主主義に沿ってたんじゃ、素晴らしい商品なんて創れっこない。闘争本能の固まりのような独裁者が必要なんだよ。」


初期のアップルでは、社員が「週80時間、それが嬉しい」というTシャツを着て働かされたという冗談のようなエピソードもある。

アップルやジョブズに関してはいろいろな伝説が語られてきたし、既に多くの出版物があったが、ノンフィクションとして出色の出来だと思う。


「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?」


彼は自分のやりたいことを発見し、そして成功した。

これほど幸福なことはない。

すっかり有名になったスタンフォード大でのスピーチの最後の台詞。


「Stay hungry,stay foolish」


なんとジョブズらしい言葉だろうと今さらながらに思う。

波乱万丈の人生を送った彼だからこそ説得力がある。

ちなみにジョブス本人は、この本に対してあまりいい印象を持っていないようだ。
[ 2018/02/06 04:41 ] 書籍 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき