ロスカット あの日の涙 虹となる

天才は環境によって作られる

統計学者のデヴィッド・バンクスは「多すぎる天才」という論文で、「天才」と呼ばれる人たちは、ある年代、ある特定の場所に集中的に登場する傾向があると述べている。

バンクスは紀元前440年から380年のアテネを例に挙げている。

今でこそギリシャは小国だが、この時代においては、プラトン、ソクラテス、トゥキディデス、ヘロドトス、エウリピデス、アイスキュロス、アリストパネスなど、驚くほど多くの天才を生み出した。

1440年から1490年のイタリアのフィレンツェでは、人口7万人足らずだった小さな街の中で、しかもわずか半世紀の間に、ミケランジェロ、ダ・ヴィンチ、ギベルティ、ボッティチェッリ、ドナテッロなど、世界の美術史の歴史に名を残す偉大な芸術家が数多く輩出された。

シェークスピアの時代のイギリスも、ベン・ジョンソン、ジョン・ミルトン、エドマンド・スペンサー、フランシス・ベーコンなどが同時代に同じ都市に住んでいた。

日本でも、幕末から明治維新にかけて、坂本竜馬、高杉晋作、勝海舟、吉田松陰、大久保利通、西郷隆盛など、日本の歴史に名を遺す優れた人材が揃っていた。

将棋では羽生世代、野球でも松坂世代と、とびぬけた才能を持つ逸材が集中するケースは珍しくない。

こういった集中はなぜ起こるのだろうか。

個人的は一人の傑出した人物によって、周りの人間が刺激され、ある種のブレイクスルーが起きるのではないかと考えている。

「あいつが出来たなら、オレにもできるかもしれない」という心理が働き、周りの人間を巻き込んで高いハードルにチャレンジするような環境が醸成されるのだ。

やる気のない人たちが集う場所ではやる気出している自分が恥ずかしく感じるが、めちゃめちゃやる気のある人に囲まれていると、やる気のない自分のほうが恥ずかしくなってくるという心理が働く。

株の世界でも黄金世代が存在する。

いわゆるCIS派と呼ばれる昭和50年代生まれの世代には、BNF氏、マスプロさん、三空さん、ビビリさんなど、カリスマトレーダーと呼ばれる人材が集中している。

中国には「近墨必緇、近朱必赤」という諺がある。

墨に近づけば必ず黒く、朱に近づけば必ず赤くなることから、人が環境に支配されやすいことを意味している。

日本の「朱に交われば赤くなる」という諺もそこからきている。

結論として、オフ会などのトレーディングが上手い人の集うコミュニティーに積極的に参加するのも、トレーディングが上手くなる手段のひとつとしてかなり有効ではないかと思うわけである。
スポンサーサイト
[ 2018/03/06 16:48 ] 株オフ会 | TB(0) | CM(0)

エネルギーを充電する場所

先週末、とある投資オフ会に参加した。

4242_20180210160509256.jpg

人と人が出会う場所には、目に見えないエネルギーが充満している。

その空間は有益な情報を得る場所というより、そのエネルギーを充電するパワースポットという言い方の方がしっくりくる。

勝っている人のポジティブな空気は周りの人達に伝染するのだ。

オフ会の主催者としては、参加してくれた人に「楽しんでもらいたい!」って思うけど、毎回結局エネルギーを貰って帰るのはボクのほうだ。

投資オフ会というと若干打算的な臭いがして、敬遠する人がいるかもしれないが、実際には世間でよく行われているオフ会と変わらない。

勝っている人が多ければ多いほど、その場が明るくなるのはいうまでもない。
[ 2018/02/10 15:56 ] 株オフ会 | TB(0) | CM(0)

Kabu Berry

週末、名古屋投資オフに1年振りぐらいに参加してきた。

25299173_1444579538997303_475073897287925692_n.jpg

初めて名古屋のオフ会に参加したのは2008年の秋。

当時はリ-マンショックの直後で、参加している投資家の平均年齢は30代前半ぐらい。

すでに1億円の資産を持つ著名なトレ-ダ-さんも多く、彼らのスタイルはほぼ短期のデイトレが主流だった。

あれから10年近く経ち、参加者はがらりと様変わりした。

平均年齢は40代から50代。

スタイルは長期投資がメインで、損切りをしたことがないという人もいる。

それでもここしばらくは地合いがいいので、バイアンドホ-ルドで儲かっているのだ。

小生のような空売り大好き、FXや日経平均をメインにトレ-ドしているのは少数派というか、ほとんどいない。

若干の居心地の悪さを感じつつも、当時からお付き合いのあるベテランのトレ-ダ-さんとここ最近の相場やビットコインの話で盛り上がったのだった。

ちなみに今回のオフ会の写真はコ-ワのプロミナーレンズで撮ったものである。
[ 2017/12/18 22:34 ] 株オフ会 | TB(0) | CM(0)

ひつじやオフ会

半年振りの投資オフ会を代々木のひつじやで開催。

メンツはデンさん、かくらさん、トシくんら数名。

22366765_1386478938140697_708127863351666566_n.jpg

前菜のヒツジの肉。ビーㇽのつまみによく合う。

22528241_1386478888140702_6962921022034171791_n.jpg

定番のスペアリブ。ここに来たら外せないメニュー。

22405364_1386478661474058_7308911654937433625_n.jpg

真鯛のソテー。日本よりもタイ料理の味付けに近い。

はじめてひつじやのコース料理をオーダーしたが、飲んで食って一人6千円未満で収まった。

ひつじやはいつ行っても混んでいるが、この繁盛っぷりも素直に頷ける。

流行っているお店は安くて美味しい。

流行ってないお店は高くて不味い。

飲食店における勝ち組の法則はシンプルだ。
[ 2017/10/08 01:00 ] 株オフ会 | TB(0) | CM(0)

朱に交われば赤くなる

渋谷の焼き肉屋「永秀」にてオフ会。

東京でオフ会を開催するのは久々。

参加している投資家さんの売買スタイルはそれぞれ違っているが、皆それぞれ成功してるのでとても刺激になる。

18301623_1227873204001272_7795170072429749617_n.jpg

さて、最近注目されている脳内の神経細胞のひとつに「ミラーニューロン」がある。

ミラーニューロンは、パルマ大学のジャコーモ・リッツォラッティ教授らによって発見された神経細胞で、「ものまね細胞」、あるいは「共感する細胞」と呼ばれている。

たとえば、小説を読んだり、映画などの悲しいシーンを観たとき、それが現実ではないと解っていても、感情が昂ぶり、涙が溢れることがあったりするが、これはミラーニューロンの働きによるものだといわれている。

実際に自分が体験していなくても物語に感情移入することで、ミラーニューロンが活性化して、脳の中で主人公と同じような心理状態が再現されるのである。

まったく違う家庭環境で育った男女が結婚して、長期間同じ環境で生活を続けていると顔が似てくることがあるが、これもミラーニューロン効果によるものだとされる。

人は自分が思っている以上に周りの影響を受けているのだ。

だからこそ、普段からどんな人と接しているか、どんな環境で生活しているかが重要になってくる。

愚痴をこぼしたり、僻んだりという、どちらかというとネガティブな話ばかりしがちな人と多くの時間を過ごしているとミラーニューロンによってネガティブな思考が伝染してしまう。

逆にポジティブ志向の人と一緒にいる時間が多ければ多いほど、前向きな思考になりやすい。

できるだけ自分の理想とする人と付き合い、多くの時間を一緒に過ごすことで、いい意味で自分の行動や考え方にも変化が生じてくる。

もし、あなたが初心者で一刻も早くトレードが上手くなりたければ、辣腕トレーダーの多くいる交流会に積極的に参加するのが成功への近道になるかもしれない。
[ 2017/05/01 08:36 ] 株オフ会 | TB(0) | CM(0)

名古屋株式勉強会

およそ1年半振りくらいに名古屋株式勉強会「Kabu Berry」に参加した。

897654.jpg

今回はいつも必ずお会いする常連さん達の多くが欠席していた。

会場にも空席が目立ち、まるで最近の閑散相場を象徴しているかのようだった。

逆の見方をすれば、そろそろ中長期で株を仕込む絶好のチャンスが近づいているのかもしれない。
[ 2016/09/25 01:41 ] 株オフ会 | TB(0) | CM(0)

オフ会の奨め

トレードで稼ぐためには、稼げない自分から稼げる自分へと変えていかなくてはいけない。

それまでと同じ環境で、同じ人達と会いながら、今までの自分ではない存在になろうとするのはとても難しい。

朱に交われば赤くなる。

一部の天才を除いて、人は場に染まる。

普通の人がトップレベルに行くのはトップレベルの人とたくさん触れあえる場所に参加するのがてっとり早い。

1488306_456942357761031_1133916037_n.jpg

達人は普通の人が無理だと思えるレベルのことを、「こんなの当然でしょ」と涼しい顔をしてやってのけている。

人の能力は、周りの人の期待や影響によって底上げされる。

自分の思いもよらなかった思考法、勝つ為に必要なノウハウは、常勝トレーダーとの何気ない会話からでも学ぶことができる。

トレーダーは内向的な人が多いように見られがちだが、実際に勝っている人は社交的である場合が少なくない。

そして、類は友を呼ぶように勝っているトレーダー同士集まってそれぞれの小さなコミュニティを作っている。

「なりたい自分」になるために、まわりの環境を変えることはトレードが上達するための重要な要素だと思う。
[ 2015/12/17 16:14 ] 株オフ会 | TB(0) | CM(0)

オフ会のセオリー

少し先になるが、7月末あたり、今年になって2回目のオフ会を行う予定でいる。

トレーダー同士のオフ会で意識して調整しているのは、参加する人数だ。

共通の話題で盛り上がれるのは、せいぜい6人から7人だろう。

それ以上だと、話せる人数が限られてしまったり、違う話題のグループに分かれてしまいがちになる。

合ゴンなら大人数でもいいが、ひとりでポツンと飲んでいる人がいるのは避けたいところだ。

オフ会の主催者として気を付けていることは、自分は相手の貴重な時間を奪っているということを忘れてはならないことだ。

参加してくれてありがとう!という感謝の気持ちを言葉だけではなく態度で伝えなければならない。

いくらお金持ちになっても時間だけは買えない。

だからこそ、時間はとてつもなく貴重な資源であり、収入の多い人にとって相対的にお金より時間の優先順位が高くなる。

お金は失ってもまた稼げばいいだけのハナシだが、失われた時間は取り戻すことができない。

時給100万円という人も珍しくないなか、その時給以上に有意義な時間を提供しなければならないというプレッシャーを常に感じている。

オフ会は基本的に割り勘だが、たまに自分が知らないうちに会計が済んでしまっているときがある。

気心の知れたトレーダー同士、3、4人の少人数の飲み会のときは自分からサッとすべての支払いを済ませてしまうよう心がけている。

暗黙の了解として、その飲み会のなかで一番腕のたつ資産の多いトレーダーが会計をもつというのがある。

投資家の世界は一般社会以上に収入格差がある。

総資産200億から、年収2千万クラスまでピンキリだ。

年齢層も20代から60代まで幅広い。

しかし、そのようなことは気にせず気前よく「おごり」「おごられる」のがスマートな大人のマナーといえるだろう。

1590212_1998880806_201large.jpg
[ 2015/05/15 02:49 ] 株オフ会 | TB(0) | CM(0)

名古屋株式勉強会

週末、名古屋株式勉強会「Kabu Berry」に参加。

P1015242.jpg

講師は夕凪さん。

「スタバ株は1月に買え!」という本も出版されており、イベント投資家としても著名なトレーダーさんである。


スタバ株は1月に買え!: 10万円で始めるイベント投資入門スタバ株は1月に買え!: 10万円で始めるイベント投資入門
(2014/04/25)
夕凪

商品詳細を見る


かってシリコンバレーで働いていた経歴もある方で、投資の世界も楽に儲けようという射幸心から参入したのではなく、知的好奇心から興味をもったのだという。

この手の理系のタイプの人は成功する確率が高い。

こうしたイベントにも慣れているようで、理路整然とした語り口からも、個人投資家の範疇を超えたプロのセミナー講師としての余裕を感じた。

知り合いのトレーダーも多く参加されていたが、新たな出会いもあった。

たまたま近くに座っていただけという縁で、わずか5万円を2週間で5千万円にした辣腕トレーダーさんと知り合いになる。

本人は運よくアベノミクス相場に乗れたと謙遜するが、この常人離れしたパフォーマンスには驚愕するしかなかった。

正直、「ホンマかいな?」と疑ってしまったが、取引履歴を拝見しその実力がラッキーな偶然によるものではないと確信した。

トレーダーはリスクをとってナンボであり、彼の大胆なポジションの張り方には大いに刺激になった。

今後の自分のトレードにも影響することは間違いない。

リスク管理は相場で生き残るための最も大切なポイントだが、リスクを恐れていては永遠に大きく勝てないこともまた事実なのだ。

2次会には残念ながら出席できなかったが、今回も参加してよかったと心から思えるオフ会であった。

主催者のヤマさんに感謝したい。
[ 2015/03/30 03:25 ] 株オフ会 | TB(0) | CM(0)

三茶のタイ料理屋プアンでオフ会

3月上旬、友人の加瀬ちゃんがオープンさせたばかりのタイ料理屋「プアン」でオフ会を行う。

当日同席していただいた投資家さんはケムさん、やるきさん、たこやきさん、具っさん、ひろしさん、かぐら君、トシ君ら総勢12名。

いずれも日本の個人投資家のヒエラルキーの頂点に君臨する猛者ばかりである。

今回はトシ君のバヌアツ行きの壮行会も兼ねていて、投資家だけでなく彼の友人達も招待することとなった。

いつもと違って女性の参加者も少なくなく、終始華やかな雰囲気のオフ会となった。

09_201503230346004bf.jpg

コース料理は本場の味を彷彿させるタイ料理の王道と呼べるものでありながら日本人の舌にアジャストするように微調整が施してあり、辛いのが苦手な人から、タイ渡航歴が長い友人達の味覚まで満足させるものだった。

明るいお店の雰囲気といい、三茶という立地の良さといい、オープン以来満員御礼なのも納得できる。

壮行会祝いとして特別にシャンパンの差し入れを頂いたりして、オーナーのささやかな気配りに感謝!

加瀬ちゃん、ありがとう!
[ 2015/03/23 03:47 ] 株オフ会 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき