ロスカット あの日の涙 虹となる

幸楽苑の醤油ラーメン

業績の低迷が続いているという噂の幸楽苑へ行ってきた。

一番人気の醤油ラーメンをオーダーする。

DgNG8ZyVQAEhgnv.jpg

流行っているラーメン店は、必ず大勢のリピーターによって支えられている。

リピーターは「また食べにいきたい」と思うからこそ通う。

ラーメン店にコスパの良さを求める人は少数派だ。

中毒性のある美味しさがあれば、一杯1000円以上のラーメンでも毎月のように通う。

もう一度食べたいなと思わなければ、一杯300円のラーメンでも二度とお店の暖簾をくぐらない。

正直、幸楽苑のラーメンは「また食べにいきたい」というインパクトに欠けるのだ。

なぜここの会社の経営が傾いているのか、その理由がわかったような気がした。
スポンサーサイト
[ 2018/06/21 19:21 ] ラーメン | TB(0) | CM(0)

りきどう

ずっと気になっていたお店、りきどうに行ってきた。

ラーメンとつけ麺に定評のある地元の人気店で、食べログの評価も高い。

ここの名物はなんといっても自家製麺。

「細麺」、「太麺」、「小平麺」、「凄平麺」の4種の麺から選べる。

お店の代名詞とも言えるのがきしめんよりもさらに極太の「凄平麺」だが、今回はオーダーしなかった。

35239024_1616592448462677_6656084296635252736_n.jpg

お店は岐阜駅からクルマで10分ほど。和風テイストのシンプルな外観で目立つ。

35151746_1616592655129323_5893727562940547072_n.jpg

人気メニューの1つである「焙煎二色つけ麺」。

ご覧の通り、焙煎された小麦でつくられた蕎麦のような色の平麺と、比較的ノーマルな「小平麺」との2種類が楽しめる。

35342473_1616592585129330_2616057338678738944_n.jpg

つけ麺のつけ汁には、とろとろに仕上げられたチャーシューがこれでもかとばかり入っている。

これがかなり食べ応えがあって、期待した以上においしかった。

お客さんも常に満席で、わざわざこのお店に来るだけのために岐阜を訪れるだけの価値のあるお店だと個人的に思った。
[ 2018/06/14 13:15 ] ラーメン | TB(0) | CM(0)

スガキヤの冷し中華

名古屋のご当地ラーメンといったらスガキヤが有名だが、全国区に誇れる味かといえば、個人的には「う~ん…」という感じになってしまう。

それでも、この夏限定の冷やし中華に限って言えば、素直に美味しいと思う。

そもそも冷やし中華は味が定番化されているので、美味しいかどうかよりも値段が安いか高いかというのが評価の基準になってしまうのだが。

ちなみにスガキヤの冷し中華は480円。

35156861_1615181431937112_6637556185677430784_n.jpg
[ 2018/06/13 12:06 ] ラーメン | TB(0) | CM(0)

白神の博多ラーメン

替え玉をおかわりできるのだが、調子にのって食べすぎると胃にもたれる。

スープが濃いんだよね。

美味しいけど。

10710730_615489321906333_4395718812646186022_n.jpg
[ 2018/06/05 22:01 ] ラーメン | TB(0) | CM(0)

一番亭の熱烈タンタン麺

ここのお店のいいところはネギとキムチが食べ放題なところ。

担々麺は見た目ほど辛くはない。

個人的には、味仙の台湾ラーメンよりもこっちのほうが好み。

34193110_1604398529682069_5711711268457414656_n.jpg

しかし、なぜ東海地方には担々麺の店がたくさんあるのだろう。

担々麺がそれほど需要があるとは思えないのだが。

ちなみに本場の台湾には、台湾ラーメンは存在しない。
[ 2018/06/04 20:31 ] ラーメン | TB(0) | CM(0)

爆王のしびれベトコンラーメン

岐阜県関市にあるラーメン店、白神グループの支店のひとつ。

789_20180528230700348.jpg

真っ赤なスープがいかにも辛そうだが、いざ食べてみるとそうでもない。

スープのベースは味噌と豚で、ややこってりしているが胃にもたれるほどではない。

辛さの中にしっかりと味噌や豚のコクの旨味が感じられる。

この絶妙なバランスは病みつきになる。

麺は加水率高めの縮れた自家製麺。

スープとよく絡んでいて相性抜群。

チャーシューは大きくて分厚く、厚さは15mm以上はあり食べ応えがある。

こんがりと焼かれていて香ばしく、外はカリッとしていて中は柔らかい。

このインパクトのあるチャーシューこそ、お店が繁盛している大きな要因のひとつだと思う。
[ 2018/05/28 23:23 ] ラーメン | TB(0) | CM(0)

麺や六三六のにぼし塩ラーメン

透き通ったスープに、太めのコシのある麺。

スープはにぼしの出汁と野菜の甘さがよくでていて。しつこくなく優しい味。

チャーシューやメンマも分厚くて、コストを削っていないのが好印象。

33690995_1598878426900746_7519315196339290112_n.jpg

ここのつけ麺は結構濃厚でこってりしているが、にぼし塩ラーメンは対照的にさっぱりな和風テイスト。

強気な値段にかかっわらず、丁寧な味付けがチェ-ン店として成功している理由だろう。
[ 2018/05/27 10:08 ] ラーメン | TB(0) | CM(0)

歌志軒の油そば

東海地区ではメジャーな油そば専門店。

テ-ブルの上には、「正しい食べ方」なるものがレクチャ-されており、お酢とラー油をかけて、油とタレがなくなるまで混ぜてしまい、さめないうちに一気に食べるのが正解らしい。

肝心の味なんだけど、決して不味くないが、通い詰めるほどの旨さでもない。

283774_223334624455140_1460867256_n.jpg

名古屋にはスガキヤという大手ラ-メンチェ-ン店があるが、東京や大阪では見かけない。

仮に全国展開してもたいして流行らないと経営社側もわかっているのだろう。

この油そばも“B級グルメのメッカ”名古屋ならではのジャンクフ-ドだと感じた。
[ 2018/05/21 11:08 ] ラーメン | TB(0) | CM(0)

三代目晴レル屋の鶏ソバ

岐阜県多治見市にある老舗のラ-メン屋。

調理担当の店員さんはネクタイをしていて、カウンタ-に座ると高級寿司店に来たような雰囲気。

接客サ-ビスも一般のラ-メン屋のそれではない。

32935640_1593195090802413_7519553081692913664_n.jpg

ラーメンスープも独特の味わいで、かなり濃厚なので、人によって好き嫌いは分かれると思う。

わざわざ遠方から食べに来る人が多い理由がわかった。
[ 2018/05/21 10:27 ] ラーメン | TB(0) | CM(0)

伊藤家の食卓

元フレンチのシェフが作る上品な味の醤油ラーメン。

半熟卵にもこだわりが感じられる。

地方で営業しているから目立たないが、東京だったら行列ができているだろうな。

27858863_1495874003867856_7888202094541263982_n.jpg

ちなみに、僕の現在の住まいはこの店から徒歩10分圏内にある。
[ 2018/05/19 12:53 ] ラーメン | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき