ロスカット あの日の涙 虹となる

米・FOMC

日本時間午前3時発表。

市場の予想通り0.25%の利上げを実施をし、金利を年内あと2回の利上げに上方修正するとの発表。

これがポジティブ・サプライズと受け止められ、米ドルが買われ、円が売られた。

しかし、会見中に、ウォール・ストリート・ジャーナルの「中国からの輸入品への追加関税を早ければ15日に発動する可能性」のニュースが伝わり、その直後から相場が反転、戻り売りが強まる。

結果、ユーロドル、ドル円ともにFOMC発表直前より前の水準にまで戻り、ドル円のチャートは壮絶な逆V字回復になった。

180614-007.jpg

ドル円5分足チャート

ナンピンして含み損を耐えていれば利益が出るような展開。

順張りをしても利確のタイミングが悪ければ、すべての利益を溶かしてしまう。

クロス円を逆張りして、微益で逃げることができた。

イベントドリブンで勝つには、欲張ってしまうとダメで、逃げ足の速い奴が上手い飯にありつける。
スポンサーサイト
[ 2018/06/14 07:29 ] FOMC | TB(0) | CM(0)

米・FOMC

日本時間午前3時発表。

東京時間に壮絶な円高になったので、FOMCでも相当乱高下するかと期待していたが、まったくといっていいほど動かなかった。

よって手が出しようがなく、静観しているだけだった。

頑張って午前3時まで起きていたのに徒労に終わった。

4555.jpg

ドル円10分足チャ-ト

FOMC後には円高トレンドが加速し、ドル円は再び109円台に突入した。

米朝首脳会談がキャンセルされたために、地政学的リスクが上昇。

ダウ平均株価は200ドルあまりも下落した。

しかし、底が抜けるほどの株安円高になる気配は全く感じない。
[ 2018/05/24 12:54 ] FOMC | TB(0) | CM(0)

米・FOMC

6月利上げを示唆する内容だったが、すでに織り込み済みで大きな変動はなかった。

180503-004.jpg

ドル円5分足チャート。

相場が少し落ち着いてからスキャで4pipsほど有難く頂く。

雇用統計やFOMCのような大きなイベントはあまり欲張りすぎると被弾するので、いつまでも相場に張り付いていないで早々に勝ち逃げするに限る。
[ 2018/05/03 03:49 ] FOMC | TB(0) | CM(0)

米・FOMC

日本時間午前3時発表。

FRBは事前の予想通りに利上げペースが速まる可能性を示唆したが、市場では年内4回の利上げ見通しへの変更を期待する声も強かったこともあり、失望によりドル売り円買いが加速した。

00000_20180322064031ce5.jpg

ドル円5分足チャート

ドル円を買い、ポンド円とユーロ円を売るという作戦を立てたが、利確のタイミングが悪く、プラマイゼロの成績に終わった。

今回のFOMCはいつもより変動幅が大きく、想定外のドル売りに冷や汗をかいた。

資金管理をしっかりしておかないと簡単に死ねる。
[ 2018/03/22 06:41 ] FOMC | TB(0) | CM(0)

米・FOMC

利上げ姿勢の継続を示唆する内容で、マーケットはドル売り円買いで反応。

ドル円は107円28銭付近まで失速した。

が、米債利回りの急上昇をきっかけに一転してドル買いに反転。

ドル円は午前5時半の時点で、107円89銭付近まで反発。

壮絶なV字回復になった。

53535_2018022205383745a.jpg

ドル円1分足チャート

恐る恐る逆張りで入って微益で撤退。

長期的には円安基調になるとは予想しているものの、この局面でここまで反発するとは思わなかった。
[ 2018/02/22 05:39 ] FOMC | TB(0) | CM(0)

米・FOMC

日本時間午前4時発表。

FRBは金利据え置き全会一致で決定。

0000_20180201183154604.jpg

ドル円1分足。

クロス円は狭いレンジ内で激しく動いた。

毎回思うけど、わざわざ夜更かししてまでトレードする指標ではないね。
[ 2018/02/01 18:32 ] FOMC | TB(0) | CM(0)

米・FOMC

日本時間午前4時発表。

0987_2017121414532987e.jpg

ユーロドル10分足チャート。

ファンダメンタルズ無視でプライスアクショントレード。

ドル円はレンジで取れたが、ユーロドルを逆張りし死にそうになる。

FOMC発表時だけはロスカットポイントを解除しておいたので、メンテナンス時間終了後に手痛い損切りを行う羽目になった。

ちなみにイエレン議長は今回が最後のFOMCとなる。

2024年1月までの任期が予定されていたが、トランプ大統領がFRB人事に介入し、再任しないことが決定した。

イエレン氏の政策運営手腕に対する評価は高く、絶妙な市場のかじ取りをしていただけに、後任の議長が気になる。

とにもかくにもお疲れさまでした。
[ 2017/12/14 14:54 ] FOMC | TB(0) | CM(0)

米・FOMC

日本時間午前3時発表。

12月の追加利上げ観測が後退で、若干ドル安円高に振れた。

987_20170818023022306.jpg

ドル円5分足。

FOMCの場合、時間差で翌日の東京市場に影響がでるケースが多いので、スキャだけでコツコツやってスイングトレードはノーポジ。
[ 2017/08/17 06:13 ] FOMC | TB(0) | CM(0)

米・FOMC

日本時間午前3時発表。

事前予想では『イエレン議長会見もないし無風』というのが大方の見方だったが、結果は金利据え置きでドル安円高に振れた。

ドル円がFOMCで1円以上動くというのは久しぶりのような気がする。

0987_20170728003937050.jpg

ドル円30分足チャート。

普段ならFOMCであれば必ず参戦するのだが、今回は睡魔に勝てずスルー。

もし参戦していたとしても、想定していたよりもかなり激しい値動きだっただけに損失を出していた可能性が大きい。

スルーしたのがかえってよかったのかもしれない。
[ 2017/07/27 20:40 ] FOMC | TB(0) | CM(0)

米・FOMC

日本時間午前3時発表。

FRBが公表したFOMCの議事要旨によると、ほとんどの委員が0.25%の利上げに合意したものの、何人かが最近の軟調なインフレ指標に懸念を表明した模様。

さらに今後の利上げペースを巡って意見が分かれていることが伝わると、マーケットの値動きも方向性のないものになった。

6754_20170706092023dbf.jpg

ドル円5分足チャート。

円が瞬間的に売られたところを逆張り。

タイミングを外すと大損しかねないが、なんとか数pips獲得する。
[ 2017/07/06 03:15 ] FOMC | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき