FC2ブログ
ロスカット あの日の涙 虹となる

米・FOMC

日本時間午前4時発表。

全般的に米国経済は堅調だが、同時に、潜在的なドル高や低いインフレ期待を下方リスクとして認識しているとの内容。

サプライズ的な要素はほとんどなかった。

ドル円は113円56銭まで上昇したが、その後は小動きのレンジに終わった。

23567

トランプ大統領が就任してから、FOMCの影響力が少なくなったと感じるのは気のせいだろうか。
スポンサーサイト
[ 2018/11/30 09:49 ] FOMC | TB(0) | CM(0)

米・FOMC

日本時間午前4時発表。

会合では金利据え置きで追加利上げを示唆

12月の利上げ観測強まり、クロスドル全体が上昇。

円はドルに対して売られ、米・中間選挙直後の高値を抜けて、114円台に突入。

181109-006.jpg

ドル円10分足チャート

FOMC発表直後にドルが売られ、絶好の押し目買い局面だったが、携帯でのトレードだったので積極的な売買は控えた。
[ 2018/11/08 15:21 ] FOMC | TB(0) | CM(0)

米・FOMC

日本時間午前3時発表。

トランプ大統領のFRB批判などもあり、注目された今回のFOMC。

いざ蓋を開けてみたら、いつものごとくボラティリティはなく、ドル円はいってこい。

23日の東京時間は、リスクオンの円安に振れている。

180823-002.jpg

ドル円10分足チャート。

わざわざ深夜に起きてトレードするまでもない値動き。

トランプ政権になってFOMCの重要性は薄れてしまったように思う。
[ 2018/08/23 11:12 ] FOMC | TB(0) | CM(0)

米・FOMC

日本時間午前3時発表。

経済活動の表現を「底堅い」から「力強い」に変更など、いつも以上にこれといったインパクトがないパッとしない内容。

発表時間に向けてドル安円高に振れていたが、FOMC声明後は反転した。

180802-002.jpg

ドル円5分足チャ-ト

トランプが大統領に就任してから、経済指標の変動幅が少なくなったような気がする。

今回のFOMCも例外ではなく、それほど動かない。

深夜3時まで起きていてトレ-ドする意味がないような。

次回からはもう積極的に参加しないかもしれない。
[ 2018/08/02 07:35 ] FOMC | TB(0) | CM(0)

米・FOMC

日本時間午前3時発表。

議事録の要旨は、「経済が非常に強い中で漸進的な利上げが必要」、「大半のメンバーは貿易政策をめぐるリスクが強まったと指摘」というもので、サプライズと呼べるものはなかった。

ドル円は公表された直後に110.725円の高値をつけたものの、その後の値は重く、方向感のないレンジ相場になった。

180706-010.jpg

ドル円1分足チャート

最近のFOMCは、大きく利益を取れるような局面は少なく、はたして深夜まで起きていてトレードする価値があるのか疑問に思えてくる。

少なくともドル円よりはボラティリティのあるポンド円やユーロドルをやったほうが効率的だろう。

もちろん、儲かるという保証はないが。
[ 2018/07/06 04:20 ] FOMC | TB(0) | CM(0)

米・FOMC

日本時間午前3時発表。

市場の予想通り0.25%の利上げを実施をし、金利を年内あと2回の利上げに上方修正するとの発表。

これがポジティブ・サプライズと受け止められ、米ドルが買われ、円が売られた。

しかし、会見中に、ウォール・ストリート・ジャーナルの「中国からの輸入品への追加関税を早ければ15日に発動する可能性」のニュースが伝わり、その直後から相場が反転、戻り売りが強まる。

結果、ユーロドル、ドル円ともにFOMC発表直前より前の水準にまで戻り、ドル円のチャートは壮絶な逆V字回復になった。

180614-007.jpg

ドル円5分足チャート

ナンピンして含み損を耐えていれば利益が出るような展開。

順張りをしても利確のタイミングが悪ければ、すべての利益を溶かしてしまう。

クロス円を逆張りして、微益で逃げることができた。

イベントドリブンで勝つには、欲張ってしまうとダメで、逃げ足の速い奴が上手い飯にありつける。
[ 2018/06/14 07:29 ] FOMC | TB(0) | CM(0)

米・FOMC

日本時間午前3時発表。

東京時間に壮絶な円高になったので、FOMCでも相当乱高下するかと期待していたが、まったくといっていいほど動かなかった。

よって手が出しようがなく、静観しているだけだった。

頑張って午前3時まで起きていたのに徒労に終わった。

4555.jpg

ドル円10分足チャ-ト

FOMC後には円高トレンドが加速し、ドル円は再び109円台に突入した。

米朝首脳会談がキャンセルされたために、地政学的リスクが上昇。

ダウ平均株価は200ドルあまりも下落した。

しかし、底が抜けるほどの株安円高になる気配は全く感じない。
[ 2018/05/24 12:54 ] FOMC | TB(0) | CM(0)

米・FOMC

6月利上げを示唆する内容だったが、すでに織り込み済みで大きな変動はなかった。

180503-004.jpg

ドル円5分足チャート。

相場が少し落ち着いてからスキャで4pipsほど有難く頂く。

雇用統計やFOMCのような大きなイベントはあまり欲張りすぎると被弾するので、いつまでも相場に張り付いていないで早々に勝ち逃げするに限る。
[ 2018/05/03 03:49 ] FOMC | TB(0) | CM(0)

米・FOMC

日本時間午前3時発表。

FRBは事前の予想通りに利上げペースが速まる可能性を示唆したが、市場では年内4回の利上げ見通しへの変更を期待する声も強かったこともあり、失望によりドル売り円買いが加速した。

00000_20180322064031ce5.jpg

ドル円5分足チャート

ドル円を買い、ポンド円とユーロ円を売るという作戦を立てたが、利確のタイミングが悪く、プラマイゼロの成績に終わった。

今回のFOMCはいつもより変動幅が大きく、想定外のドル売りに冷や汗をかいた。

資金管理をしっかりしておかないと簡単に死ねる。
[ 2018/03/22 06:41 ] FOMC | TB(0) | CM(0)

米・FOMC

利上げ姿勢の継続を示唆する内容で、マーケットはドル売り円買いで反応。

ドル円は107円28銭付近まで失速した。

が、米債利回りの急上昇をきっかけに一転してドル買いに反転。

ドル円は午前5時半の時点で、107円89銭付近まで反発。

壮絶なV字回復になった。

53535_2018022205383745a.jpg

ドル円1分足チャート

恐る恐る逆張りで入って微益で撤退。

長期的には円安基調になるとは予想しているものの、この局面でここまで反発するとは思わなかった。
[ 2018/02/22 05:39 ] FOMC | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき