ロスカット あの日の涙 虹となる

デリバレートプラクティス

ジャーナリストのマルコム・グラッドウェルは様々な職業におけるプロフェッショナルにインタビューした結果、一流と呼ばれるようになるまでに彼らは皆少なくとも一万時間以上の練習を積んでることを自らの著書で述べている。

一万時間以上とは一体どのくらいの時間なのか?

一日3時間練習をしたら、およそ9年間にも及ぶ。

では、誰でもそのくらい時間をかけて努力すれば一流のプロフェッショナルになれるのか?

残念ながら、世の中はそんなに甘くはない。

そこで、多くの人が考えがちなのは、才能がなかったらいくら時間をかけて無駄だってこと。

たしかに、どれだけ野球を練習したってイチローや大谷のようなメジャーリーガーになれるわけではない。

しかし、一流と呼ばれるプロに到達するための様々なメソッドを試すことは決して無駄ではない。

フロリダ大学の精神学者のアンダー・エリクソンは、「高い目的意識を持ち、科学的根拠に基づいた効率的な練習をすれば、誰でもプロ並みに上手くなれる可能性を持ってる」と述べる。

彼が提唱しているのは、デリバレートプラクティス(Deliberate Practice)と呼ぶ練習法だ。

日本語では計画的な訓練とでも意訳できるが、Wikipedieaの定義だと以下のような説明になる。


repetitive performance of intended cognitive or psychomotor skills. rigorous skills assessment. specific information feedback. better skills performance.


繰り返し行う意識的または精神運動性技術、精密な技術向上の診断、特定のフェードバックとより技術的に向上したパフォーマンス。

ただ目的なくダラダラと練習を繰り返すのではなく、意識的に練習の目標を定め、その結果を記録し、良し悪しによって改善方法を考え、出来なかった部分を集中して練習するというやり方だ。

主に技術の向上に重点を置いたトレーニングで、PDCAサイクルのそれと似ているかもしれない。

例を挙げるなら、サッカーのシュート練習をする時に、一日の練習量を100シュートと決めて、一本一本に集中し、そこから得られたデータを記録していく。

外したらなぜ外したのか考え、キーバーの動きや心理的な駆け引きを分析し、次の練習のセットでそれを意識し、改善していく。

多くの選手はこうした努力をするまえに、根気が続かず諦めてしまう。

これを当たり前にできる人とできない人がいて、当然プロサッカー選手として大成するのは前者だろう。

このプロセスを投資に置き換えてみる。

どれだけトレードを繰り返したって、損切が遅く、利確が早ければ、たとえ勝率が高くても、遅かれ早かれ必ず口座の資金は減っていく。

なぜ負けるのかという理由を考え、負けている手法と逆のやり方を試してみるとか、欠点を改善していく目的意識で取り組めば、いつか必ず「こうすれば勝てるんだ」という自分なりの答えがでてくる。

スポーツ選手には欠点を指摘してくれるコーチの存在がある。

アンダー・エリクソンは、パフォーマンスの改善には他者の存在が大きいと述べている。

自分自身のやり方を客観的に見るのは容易ではないし、実際に稼いでいるトレーダーがアドバイスをくれるのなら耳を傾ける必要があるだろう。

デリバレートプラクティスを最大限に活用するには、同じような目標を持つ仲間を多く持つことだ。

SNSやツイッターも使い方を間違わなければ有効なツールとして、トレードスキルの向上に役立つ。

人類は試行錯誤しながら、様々なスポーツ記録を更新してきた。

たとえば、マラソンの記録。

1896年に行われたオリンピックのマラソンの記録は、2時間58分50秒。

120年前は、42.195kmを3時間あまりで走れば、世界一のランナーとして君臨できたのだ。

現在の最高記録はデニス・キプルト・キメットが2014年に出した2時間02分57秒。

この1世紀のあいだに記録を1時間も縮めたことになる。

今のご時世は3時間で走る市民ランナーもいるし、女子ですら2時間台で走る。

この120年で人類がより速く走れるように進化したのか?

確かに生活環境や食生活が改善したが、身体能力が昔よりもはるかに向上したというような具体的なデータはない。

すべては地道な技術の向上が記録更新につながったのだ。

マラソンのケースは極端だとしても、ほとんどのスポーツ記録は世代が若返るごとに上書きされている。

昔のメジャーリーグでは、160キロ台のスピードで投げる投手はほとんどいなかった。

いまや、アロルディス・チャップマンをはじめ170キロ近くの剛速球を投げる投手は珍しくない。

これも選手の身体能力が変化したのではない。

昨今のメジャーでは、従来の勘や経験といった曖昧なものではなく、セイバーメトリクス (SABRmetrics, Sabermetrics) というコンピューターを使用し、データを統計学的見地から客観的に分析し、選手の評価や戦略を考えるやり方が主流になっている。

各球団はスポーツ力学の専門家を雇い、どうしたら早い球を投げられるかといったことが研究され、そのノウハウが数多くの剛速球投手を生んでいるのである。

最近では球速スピードよりも、投げる球の回転数が注目され、フォークなどは回転数が遅いほうが三振が取れるということがわかってきた。

これもいってみればデリバレートプラクティスが導いた結果と言っても過言ではない。

結局のところ、成功するのに最も大切な要素は、生まれ持った才能云々よりも、明確な目的を持ちそれを可能にするために効率的な練習をやり続ける情熱があるかどうかなのだ。

株でもFXでも最初から上手い人はいない。

トレーディングという作業こそ、技術的向上という点でデリバレートプラクティスの効果は計り知れない。

少なくともプロ野球選手やプロサッカー選手といったプロのレベルに到達するのに比べたら、一般人が投資で成功するのははるかにハードルが低いといえるだろう。
スポンサーサイト
[ 2018/05/31 17:53 ] 成功の法則 | TB(0) | CM(0)

成功の法則

逆指値のストップに引っかかって損切りする。

これは最初のルールに則って自分の決めたことだから、「まぁしょうがなかったよね」と諦める。

ところが、損切った直後に値動きが反転する。

そこで、損切りしなければよかったと悔やむ。

しかし、これこそがマ-ケットの仕掛けた罠なのだ。

次のトレ-ドでは、2度と騙されないぞと思う。

そして、損切りせずに反転するのを期待する。

だが、そんなときに限って相場は反転しない。

はじめのうちは心理的な抵抗なしに損切りできたはずの含み損が、いまやとんでもない額まで膨れ上がっている。

しばらく静観していたが、ついに耐えられなくなって損切りを決意する。

すると、その直後にまるでそのタイミングを見計らっていたかのように値動きが反転するのだ。

ストレスが頂点に達する瞬間である。

相場を張っていれば、これと似たような悪夢のような出来事は誰もが経験する。

しかも、数回繰り返される。

損切りしないで値動きが戻ってくることはよくある。

運が良ければ、そうしたやり方で大きな資産を築くこともできるが、いつか必ず年に1回、2回ある大相場に遭遇し、それまで稼いだ金額をすべて失ってしまうケ-スは珍しくない。

人は痛い目に何回もあって、ようやく損切りを徹底しなければならないと気付くのだ。

本当に成功したいかどうか、そこで自分の意志の強さが試される。


成功とは熱意を失うことなく、失敗から失敗へと突き進むことだ。

君の決心が本当に固いものなら、もうすでに希望の半分は実現している。

夢を実現させるのだという強い決意こそが、何にもまして重要であることを決して忘れてはならない。

大抵の人々は、自分で決心した程度だけ幸福になれる。


- エイブラハム・リンカーン -


自分にトレ-ドのセンスがないのは嫌ほどわかっている。

ただ往生際が悪いので、まだまだこの糞ゲ-ムを続けるつもりだ。

トレ-ドで勝つには損切りは不可欠だが、人生を損切るにはまだまだ早すぎる。
[ 2018/05/21 10:53 ] 成功の法則 | TB(0) | CM(1)

修羅の道へようこそ

トレーディングとは技術だ。

そして、技術とは知性、Intelligence のひとつであることはいうまでもない。

知性はヒエラルキーがつきものであり、最上(クラック)はそれを体得したものにしかわからない。

ゆえにモッブ(大衆)が到達することは至難の業。

密教の考え方もこれと似た思想なのかもしれない。

技術にもヒエラルキーがある。

技術には特定の人にしかできない技術と、誰でも階段を一段一段登っていけば体得できる技術がある。

たとえば、宮本武蔵は、彼の体力と人生が剣のなかに表れる、まさに宮本武蔵しかできない我流剣法を使う。

しかし、柳生宗矩は、剣を分解し、素人でもある一定の修行を積み、階段を一段ずつ上がっていって習得できる、いわばテクノロジーを剣術に持ち込んだ柳生新陰流を編み出した。

技術を一般レベルにも理解できるように体系化したといえるだろう。

かってリチャード・デニスというアメリカの投資家も、自らのトレードの技術を伝えるべくタートルズという常勝トレーダー軍団を率いていた。

彼もまたトレードの技術は訓練を積めば誰でも体得できると考えていた。

そして、実際にトータルズから師範のリチャード・デニスを凌ぐ成績をあげるトレーダーが誕生した。

武芸者が“武”を見せる一種の芸者であるように、トレーダーも“技”で生きる職人なのである。

だから、やり方さえ間違わなければある一定のところまでは習得可能なものといえる。

基本となる考え方を理解し、反復練習によって技術をある程度のレベルまでマスターすれば、長期間に渡って安定した利益を上げることができる。

もちろん、ハートの強さ、勝負勘、そしてほんの少しの運も味方につけなければならないが。

新参者が気をつけなければならないことがある。

それは、トレーディング道は一歩間違えば地獄への道標、修羅の道にも通じるからだ。

武芸者が殺しの螺旋、命を懸けた戦いを経て、辣腕な武士として名を馳せていくように、トレーダーも切磋琢磨しているようでお互い殺しあっている。

投資家は利益がどこかの山とつまれたマーケットと取引しているわけではない。

おのおのが買ったり売ったりするときは常に相手のトレーダーと対峙しているのだ。

どちらがより賢い選択をしているかを競いあうゲームであり、最後にババを引いたものが莫大な資産を失うことになる。

相場巧者は、株式市場の不条理に狼狽するシロートから資金を吸い上げ、己の資産として積み上げる。

株でも為替でもマーケットは戦場だ。

自らの資産を賭けた壮絶な騙しあいといってもいい。

ウォーレン・バフェットの投資原則、成功するセオリーはシンプルである。


「原則その一、損をしないこと。 原則その二、原則その一を消して忘れないこと」


さらに付け加える必要がある。

いささか下品な表現をあえて使えば、上手いトレードとは、ある商品(株)を安すぎる値段で売りに出している奴から買い、それをお買い得と思っている奴(バカ)に高く売りつけることなのだ。

かってジョージ・ソロスは「資本主義とは賢くない者から賢い者へお金が流れるゲームだ」と言ったが、マーケットはまさにその法則を端的に表しているといえる。

ボクは愚か者だから、もう少しこの生き残りゲームを続けるつもりだ。
[ 2018/02/11 02:36 ] 成功の法則 | TB(0) | CM(0)

ロッククライミングとトレード

ロッククライミング初心者が最初に覚える岩登り用語が「三点確保」だという。

岩を登る時に手足4本のうち1本だけを移動させ、万が一ホールドが崩れたときでも身体を支えられる。

そうやってベテランのクライマーは少しづつだが堅実に頂上を目指す。

せっかちな初心者は少し慣れてくると基本を忘れ、驚くほど早いペースで登っていくという。

FXや株で大きくリスクをとって資産を増やす人もそのタイプだろう。

場合によっては岩を踏み外して大怪我するケースも少なくない。

逆に「三点確保」よりも、もっと安全な「四点確保」という方法がある。

両手両足で四点を確保し、岩山にへばりつくのだが、これではいつまで経っても上にはいけない。

そのうち疲れ果ていずれ落下する。

臆病じゃないと生き残れない。

しかし、同時にリスクも冒さないと飢え死にしてしまう。

トレーディングもロッククライミングも似ているところがある。

どちらも危険であるがゆえに、それにみあうだけの充実感や達成感があるということ。

そして、リスクを冒さないのは最大のリスクだということ。

この二律背反的ともいえる矛盾のなかで、トレーダーは戦っている。

日本有数のプロクライマーである平山ユージは、クライミングの際に常に最悪の事態を想定して、慎重すぎるほど入念にシュミレーションをして臨むという。

僕の目指しているトレードスタイルもそれに近い。

資産を短期間で倍増させるのではなく、地味だけど致命的なドローダウンを決して食らわない安定して稼げるディーリング。

それが理想だ。
[ 2018/02/06 06:08 ] 成功の法則 | TB(0) | CM(0)

優れたトレーダーは総じて無欲であり、収益よりもゲーム性そのものを愛す

諸葛孔明が誡子書に書き残した有名な言葉に「寧静致遠」というものがある。

「無欲でなければ、大志を抱き続けることはできないし、じっくり構えなければ、大きな仕事は成し遂げられない」というような意味だが、トレーダーという職業についてる僕にとってもいろいろ考えさせられる言葉だ。

トレードをする第一の目的はいうまでもなくお金を儲けることだ。

でも、トレーダーとして成功している人は、収益よりもマーケットに参加しそのゲーム性の魅力に取りつかれているケースが多いように思える。

逆説的なようだけど、お金に確執しないほうがトレードしていくうえで心理的に有利に働くことは否めない。

典型的なケースはBNF氏で、400億という資産を築けたのは無欲だったからだろう。

彼は「稼いだお金を何に使ったらいいのかわからない」的な発言をしているが、もし海外旅行で散財したいとか、美味しいモノをたくさん食べたいといった世俗的な欲望があったなら、あそこまで成功していない筈だ。

いわゆる一般人は大きなポジションを持っている時に尋常じゃないストレスを感じるものだが、BNF氏の場合、取引しているお金にリアリティを感じない無欲の状態のため、乱暴にいってしまえばお金そのものに興味がないからこそ、巨額のお金をリスクにさらせるだけのメンタリティが備わっているのかもしれない。

FXや株を始めようという初心者は、僕を含めてまず儲けたら何をしようか夢見がちなことを考える。

でも、最初からそんな態度じゃまず上手くいかないだろう。

相場の神様が女性だというのをご存じだろうか。


「あなたはわたしのことをどうしたいの?」


相場の神様はつねにそう問いかけてくる。

そこでお金目的だと見透かされた場合、彼女の逆鱗に触れる危険がある。



「あなたはわたしのことが好きなふりをして、けっきょくカラダ目当て(この場合、お金)だったのね!」



そうご機嫌を損ねた彼女は、逆に容赦なくあなたからお金を毟りとっていくだろう。

BNF氏が相場の女神にあれほど寵愛された理由は、なにもかも犠牲にして全身全霊をかけて彼女を愛したからにほかならない。

こだわっていたのは相場というゲームで勝つことであり、お金そのものには無頓着であったのが功を奏した。

食事はカップラーメン、海外旅行も女遊びもせず、相場のことだけを考え、すべてを捧げたからこそ、相場の女神を感動させたのだ。



「あなたは本物よ。お金目的じゃなくて、わたしを本当に愛してくれたのね」



BNF氏がトレードスキルにおいて他のトレーダーと比べて特別な才能を持っているとは思わない。

株式市場におけるトレーダーの優位性は、天賦の才でも、高い知能指数でも、運を引き寄せるチカラでもない。

勝者のエッジはすべてその姿勢であり、マーケットにおける謙虚な態度、狂気を思わせる情熱であり、トレーダーの本質を相場の女神は見抜いているのだ。

僕のように本当はそんなトレードが好きではなく、とっとと稼いで早く引退したいと思っているような人間には、彼女は打算的とみなし、容易なことでは好意をもってくれないだろう。



「あんたはわたしとヤリたいだけなんでしょ?」



矛盾しているようだが、トレードでお金を儲けたいという動機は不純とみなされる。



「わたしを夢中にさせたいんだったら口先だけでなくBNF氏のように態度で示せ!」



今夜も含み損をロスカットする僕の耳元で彼女はそう囁いている。

辣腕トレーダーは収益よりもゲーム性そのものを愛す。

そうでなければ相場の女神の薫陶を受けることはかなわないのだ。
[ 2017/09/29 10:09 ] 成功の法則 | TB(0) | CM(0)

有酸素運動で増えるニューロン

ニューロンは、一般的には神経系を構成する細胞のことを指す。

脳全体には1000億個のニューロンがあるとされ、人間がものを覚えたりして脳を使っているとき、このニューロンネットワークが太くなったり、機能を高めたり、新しくできたりする。

こうしてできたネットワークこそが、「記憶」の正体とされる。

以前は「脳のニューロンの数は生まれたときに決まっており、その後は加齢とともに減っていく一方で、増えることはない」と考えられていた。

だが最近では、さまざまな要因で後天的に増えることがわかってきた。

有酸素運動が「脳の神経細胞を育てる」という説を唱えるのは、『脳を鍛えるには運動しかない!』の著者、ハーバード大学医学部のジョン・J・レイティ博士だ。

たとえばいくつかの研究では、有酸素運動によるトレーニングを行うことで、ニューロンが活性化され、記憶をつかさどる海馬が大きくなることが確認されている。

有酸素運動をすることで、脳由来神経栄養因子(BDNF)という物質が脳の中でさかんに分泌される。

このBDNFが、ニューロンや、脳に栄養を送る血管の形成を促すという。

ところがそうして生まれたニューロンも、そのままにしておくと、28時間後には消滅してしまうという。

生まれたばかりのニューロンに外部から刺激を与えると、脳内のネットワークに結び付けられ、信号の伝達処理速度も速くなる。

つまり、そのようにして学習と記憶の能力が高められる。

普段から四六時中PCの前にかじりついているトレーダーはなにかと運動不足になりがちだ。

とくに「スキャルピング」は記憶と反射神経の優れた人間が勝つようにできているゲームなので、日常的に適度な有酸素運動を取り入れることを意識している。
[ 2017/05/10 22:45 ] 成功の法則 | TB(0) | CM(0)

コンフォートゾーンを突き抜けて自分の夢を叶える方法

コンフォートゾーンとは、内面の快適な領域、いわゆる自分にとって居心地のいい場所のことを意味する。

成功する人の多くは、この領域から積極的に抜け出す努力をしている。

ほとんどの場合、個人の収入はその人が属する社会的コミュニティで決まってしまう。

そのコミュニティの中で努力しても収入の上限は限られている。

自分の属するコミュニティから抜け出し、異なるコミュニティに移動する努力は収入増に効果的であり、就職、転職や大学受験がそれに該当する。

残念だが、日本ではコミュニティの移動手段が限られる。

故に多くの場合、努力は収入増に結びつかない。

サラリーマンで満足している限り、年収が億を超えることは不可能に近い。

さらに一段階上の収入を得るためには、居心地のいい場所を離れて、リスクを受け入れる必要がある。

自分の潜在能力を最大限に発揮するには、相対的に不安な状態、つまりいつもより少しストレスが高い環境にあえて身を晒さなくてはいけない。

株やFXなどの投資は決して易しくなく金銭的リスク、および精神的負荷がつきものだが、ある程度の技術を身につければ、自分の殻を破り、コンフォートゾーンを抜け出し、諦めようとしていた夢を叶える為の強力な手段になりうる。

どんな分野でも大きな成功は掴むためには、自分の居心地のいい場所に留まっていてはダメなのだ。
[ 2017/03/12 02:10 ] 成功の法則 | TB(0) | CM(0)

トレーダーの能力の差

勝てているトレーダーとそうでないトレーダーの差は実のところそんなに大きくないと思う。

勝っている人が常人よりも飛びぬけて頭がいいかといえば、一概にそうとも断言できない。

たとえば、誰でもできて当たり前と思われがちな「損切り」だが、できない人は全くできないものだ。

「勝っている人は当たり前にできるけど、負けている人は意外とできていないこと」に気付くことがトレードで成功する近道かもしれない。
[ 2017/03/01 02:39 ] 成功の法則 | TB(0) | CM(0)

市場参加者の心理を考える

ただ機械的にテクニカル分析をなぞるだけでは儲からない。

チャートの値動きは、市場参加者の欲望と恐怖の潮流を映し出したものだ。

高値警戒感が支配しているときはレートが騰がりやすいし、安値を更新し続けているときはまだまだ下がる可能性がある。

ロング・ポジションが積みあがると、いずれはそのポジションを解消しないといけないのでマーケットには売り圧力が高まる。

反対にショート・ポジションがたまると、それが将来の潜在的な買い圧力になる。

強気一色か、弱気一色かどちらかの傾きがピークに達したとき、それまでのトレンドが一気に反転する。

こうした価格形成のメカニズムを知り、チャートからその節目のポイントを読み解くことが、大きな収益に繋がる。

マーケットには流れとリズムがあり、トレーディングというゲームの神髄は、そのセンチメントを感じ取ることにある。

考えたり想像したりすることは誰でもできる。

しかし、脳が「これ以上は無理」と悲鳴をあげるまで考え続けることができる人がどのくらいいるだろう。

考え抜いた総量の差が結果に繋がる。
[ 2016/05/14 04:51 ] 成功の法則 | TB(0) | CM(0)

目標を達成するには、小さなステップを意識する

曖昧な目標は、困難に直面すると途中で放棄してしまいがちになる。

目標の難関度が高いと、不安が生じ、自己不信に陥る可能性がある。

そうした挫折を回避するには、最初に期限を決めて、明確に数値を設定したほうがよい。

目標がぼんやりと霞んだままだと、単なる妄想で終わってしまう。

例えばダイエットをする場合なら、「痩せる」よりも「1ヶ月で3キロ減量する」といったほうがより効果的だ。

FXにチャレンジする場合でも、いきなり「1億円を稼ぐ」といった目標は現実的ではない。

それより「一日に資産の1%増額を目指す」といった具体的な目標を掲げたほうがモチベーションが継続しやすい。

ちなみに「一日に資産の1%増額を目指す」として、元本100万円を1億円まで増やすのに何年かかるのか計算すると、1年と9ヶ月後になる。

「一日に資産の5%増額を目指す」のなら、計算上はわずか4ヶ月で達成可能となる。

もちろんそうした複利の計算どおりに順調に増えるはずもなく、途中で必ずと言っていいほど壁にぶちあたってしまうものだが、するべきことを明確にし目標がブレなければ、失敗を教訓にしてそこから学ぶようになる。

目先の結果に囚われず、プロセスを重視し、目の前のトレードに集中することだけを心がける。

ゆっくりとではあっても、自分が成長していると実感できれば、着実に粘り強くゴールに向かうことができる。
[ 2016/05/01 04:49 ] 成功の法則 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき