ロスカット あの日の涙 虹となる

R.I.P. Greg Lake

グレッグ・レイクが亡くなった。享年69歳。

GettyImages-110261675_GREG_LAKE_DIES_630-720x458.jpg

同僚のキース・エマーソンといい、イエスのクリス・スクワイヤといい近年は70年代に活躍したプログレッシヴ・ロックの大物ミュージシャンがあいついで亡くなっている。

70年代は超人的なテクニックを持つ技巧派のミュージシャンが正当な評価を得た幸せな時代だった。

コンピューター技術が発達した昨今、いくらギターやベースが上手くても売れるとは限らない。

野球やサッカーのようなスポーツは今でも卓越した技術を持ったものが有利に働くが、天才肌のミュージシャンが巨万の富を得たり、音楽チャートの上位を賑わすようなことは珍しくなってしまった。

リスナーの質や音楽業界の構造が変わってしまったのだ。

リアルタイムに体験できたわけではないが、少しでも彼らのエッジの効いた音楽に触れることができてラッキーだった。
スポンサーサイト
[ 2016/12/09 10:20 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

青山「ZERO」

週末、青山の新しいクラブ「ZERO」のイベントに参戦する。

13668879_946619135460015_7295379764362833133_o.jpg

「ZERO」は、1990年代に同じ青山にあったマニアックラブを彷彿させる小さな箱で、客層も常連が多そうな感じ。

DJは日本のドラムンベース界の重鎮MAKOTO。

10年振りぐらいに彼の生DJを聴くが、外見はかなりオヤジになっていた。

が、テイストは全く変化せずロンドンのJAZZYな雰囲気はそのまま。

過去の名曲とリアルタイムなヒット曲を織り交ぜつつ、ベテランならではの安定したプレイはさすがの一言。

フロアでガンガン踊っている東洋人の男性に声をかけてみると、なんと10年以上前にバンコクで一緒に遊んだ旅仲間だった。

こうした予期せぬ出会いがあるから東京の夜は面白い。

早朝4時近くまでフロアにいたが、たいして踊ってもいないのに翌日は全身筋肉痛だった。

普段使わない筋肉を酷使していたのだろう。
[ 2016/07/12 10:35 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

R.I.P. Isao Tomita

maxresdefault_201605110350303f0.jpg

今年はデビット・ボウイ、プリンスと天才ミュージシャンがよくお亡くなりになる。

シンせサイザー・ミュージックのパイオニアとして国内外に知られる冨田先生だが、個人的にはジャングル大帝、リボンの騎士、どろろなどの60年代の虫プロダクション制作のTVアニメや、キャプテンウルトラ、マイティジャックなどの特撮ドラマの音楽の方が印象深い。

昭和の初期は、映画界にしろ美術界にしろ、天賦の才を持つ巨匠が活躍した時代だったが、氏もまたその一人だった。

ご冥福をお祈りいたします。
[ 2016/05/11 03:48 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

達人の領域

トレードっていうのは慣れだと思う。

とくにスキャの場合は完全に職人芸だ。

優れた技術を習得するには知性よりも情熱がモノをいう。

ファンダメンタルズは必要ない。

スキャルピングが上手くなるのに世界経済を読み解く分析力はいらない。

トレーディングの技術というのは、あるひとつの楽器を習得することと似ている。

ピアノが上手いとか、ギターが上手いとか、ドラムが上手いとかという同じ文脈で語られるべきで、単純にトレードが上手いというのは技術なのだ。

ある程度時間をかけて努力すれば、ある水準までは上手くなる。

ただ資産何億というレベルになると運と才能が必要になってくる。

常人にはたどりつけない領域というのはどの世界にもある。

ドラムマシーンを操るこの人の映像を見てそんなことを思った。

David"Fingers"Haynes

神に選ばれた才能を持つ人にはかなわない。
[ 2016/03/22 07:08 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

Keith Emerson R.I.P.

初めて聴いたのはELPのタルカスだったと思う。

あのようなスタ-性のあるロックキ-ボ-ド奏者はこれからも2度と現れないだろう。

生きているあいだに彼の音楽に出会っただけでも幸せだった。

o-KEITH-EMERSON-570.jpg

ご冥福をお祈りいたします。
[ 2016/03/19 02:23 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

トレードしているときに聴く音楽

トレードするときに音楽は何を聴いているか。

知り合いのトレーダーがツイッターでアンケートを取ったら、大半のトレーダーが音楽を聴いていないとわかり、彼は驚いていた。

音楽をかけると気が散ってトレードに集中できない人もいるのだろう。

ボクの場合は、断然「音楽を聴く派」だ。

相場が動いていない時はDVDで映画をみることもあったが、それだとトレードチャンスを逃してしまうことが多いので止めてしまった。

相場が適度に動いているときは、ノリのいいハウスミュージックを聴いてテンションを高めている。

トレードにはリズムがあり、コンスタントに勝っているときは音楽と意識が完全にシンクロしている。

最高の結果を生み出す最良の方法は、肉体的にも精神的にもベストなコンディションで取り組むことだ。

心と体の状態が安定していると、必然的にパフォーマンスも向上する。

ちなみに今週よく聴いていたのは Something Good という曲で、エステルという黒人女性シンガーの新曲だ。

アップテンポなラテン音楽の要素を取り入れたダンスナンバーで、かなり気に入っている。

負けて気分が落ち込んだ時でも、音楽があれば救われたような気分になる。
[ 2016/02/20 18:47 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)
賢者のつぶやき
NHKスペシャル
ロイターテッカー
一目均衡表 ドル/円
一目均衡表 ポンド/円
一目均衡表 豪ドル/円
ブログランキング