ロスカット あの日の涙 虹となる

順張りと逆張り

たとえば直近安値を割り込んだり、年初来安値を更新しているような通貨ペアがあるとする。

順張り志向のトレーダーであれば、そうした局面ではロング・ポジションでエントリーすることはない。

なぜなら値動きがあきらかに下降トレンドにあるからだ。

積極的にリスクを取っていくトレーダーであれば、逆にショートで入る絶好のチャンスととらえるかもしれない。

一方で逆張り志向のトレーダーなら、ロウソク足の値動き、ボリンジャーバンド、乖離率やオシレーター系のインジゲーターの「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」のシグナルを見ながら、反転するタイミングを狙って仕掛けてくる。

彼にとって直近安値割れとか、年初来安値を更新したという事実は関係ない。

このように「順張り」と「逆張り」とでは、エントリーするタイミングが全く異なる。

なぜこのような両極端な2つのスタイルが存在するのか。

それは、為替の値動きに対するトレーダーの根本的な考え方の違いに理由がある。

順張り志向のトレーダーは、価格は一方方向に大きく振れやすいという前提で考えている。

つまり、狭いレンジでもみ合っている局面でも、いずれどこかでブレイクアウトするという仮説をもとに戦略を立てる。

したがって、順張り志向のトレーダーは値動きの激しくなるNY時間を得意としていることが多い。

反対に逆張り志向のトレーダーは、大局的には価格はレンジで推移し、大きく動いてもいずれは元の位置に戻ってくるという仮説をもとにして戦略をたてる。

いずれにしても、実際の相場ではトレーダーの思惑通りに価格が動かないことが多い。

致命的な損失を避けるには、ミスをした場合の対処法をあらかじめ準備しておく必要がある。

この点で圧倒的に対処しやすいのが「順張り」だ。

「順張り」の場合は、移動平均線の位置関係などからトレンドの強弱を判断し、その方向性に沿ってのみエントリーするので、価格が逆方向に転換したら躊躇せずに損切しやすい。

したがって、自分の決めたルールを破らない限り損失は限定される。

「逆張り」の場合はトレンドとは逆方向でエントリーするために、ある程度の含み損は覚悟しなければならず、ナンピンという誘惑にも勝たなければいけない。

つまり、勝率は高いが1回の負けが大きいという、いわゆるコツコツドカンな取引になりやすい。

そのあたりを考慮すると、やはり「順張り」の方が退場するリスクが少ないといえるだろう。

マーケットでは、ときおり大きなトレンドが生まれる。

順張り志向のトレーダーは、その波にサーフィンのように乗っかって利益を出す。

今、波が来ていたとして、その波がどのくらい続くのかはわからない。

もし上手く波に乗れなかったら、すぐに降りればいいだけのハナシだ。

「順張り」であれば、今回のトランプラリーのようなビックウェーブが来たら、予想もしなかったような大きな利益を獲得できる。

「逆張り」は波に逆らって利益を出すやり方なので、タイミングを誤ると大怪我をしやすい。

しかも、ランダムな動きをする細やかな波をリズミカルに乗りこなす高度なスキルが必要で、エントリーの精度をよほど高くしないとあっというまに収支がマイナスになってしまう。

成功しているトレーダーの多くが順張り派であることは決して偶然ではなく、むしろ必然といえる。

そして、自分が派手に負ける理由も逆張りという悪癖があるからなのだ。
スポンサーサイト
[ 2016/12/18 12:58 ] ストラテジー | TB(0) | CM(0)

ロスカットの設定値を決める

ロスカットは、マーケットで生き残るために絶対に必要な作業になる。

ロスカットラインの設定が曖昧なままだと、どうしてもロスカットが遅れがちになり、想定外の含み損が膨れ上がることになりかねない。

ロスカットの値は一度決めたら必ず順守しなければならない。

そうでないと「勝ち組投資家」の仲間入りは難しくなる。

では、どのタイミングでロスカットを決めればいいのか。

答えは一つではなく、様々なアプローチがある。


① 値幅

エントリーしたレートからの値幅で決める。

たとえば、30PIPSの値幅でロスカットするとしたら、101.50銭でロング・ポジションで入ったら、101.20銭でロスカットすることになる。


② 金額

含み損の金額によって決める。

5万円の損失が出たらロスカットというように、金額ベースでロスカットする。


③ チャートの形

チャートのパターン、フォーメーションで決まる。

直近の高値を抜けたら、安値を割ったら、というようにチャート上のポイントで決める。


④ テクニカル指標

テクニカル指標の数値やパターンで決める。

たとえば、MACDがクロスする、あるいはスローストキャスティクスが80を割ったら、というように決める。

自分の場合は、移動平均線のデットクロス、ゴールデンクロスで決めている。


● ショート・ポジションの場合、25日移動平均線と75日移動平均線が交わるゴールデンクロスが発生した時点でロスカット。

● ロング・ポジションの場合、25日移動平均線と75日移動平均線が交わるデットクロスが発生した時点でロスカット。



以上がロスカットのルールになる。

8997765.jpg

ドル円10分足チャート。

NY時間、 102円20銭でショート・エントリーしたが、午前0時の手前で25日移動平均線と75日移動平均線が交わるゴールデンクロスが発生したのでロスカット。

その後、為替レートは一時的に上昇した。

これはロスカットがうまく機能したケ-スになる。

厳格なルールを設定せず相場の雰囲気を読みながらロスカットを施行するトレーダーも存在する。

なんとなく下がりそうだから、このまま持っていると危なそうだから、というように、相場状況を独特の嗅覚で察知し、素早くロスカットのタイミングを決めるのだ。

ただし、このやり方はある程度のキャリアがないと難しいかもしれない。

トレード経験が浅い場合は、逆指値の値幅をあらかじめ設定し、ある水準に達したら自動的にロスカットされるようにしておいた方が無難だろう。
[ 2016/09/17 16:29 ] ストラテジー | TB(0) | CM(0)

ストキャスティクスを使ってトレンドを判断する方法

テクニカル分析には流れに乗ろうとするトレンド系と、逆張りに適しているオシレーター系がある。

オシレーター系にはRCI、RSI、ストキャスティクスなど多くの種類がある。

ここでは移動平均線とストキャスティックスを使用したトレンド判断の方法を説明する。

ストキャスティックスの細かいパラメーターの説明は省くが、表示される数値の範囲は0~100の間で、数値が80%以上では買われ過ぎ、20%以下では売られ過ぎと判断される。

ストキャスティックスと移動平均線を使ったトレンドの判断基準は以下のようになる。


● ストキャスティクスが売られすぎのゾーンに達していても、200日移動平均線が上向きで、為替レートが上で推移していれば上昇トレンドとする。

● ストキャスティクスが買われすぎのゾーンに達していても、200日移動平均線が下向きで、為替レートが下で推移していれば下降トレンドとする。

● 200日移動平均線がフラットでストキャスティクスが買われすぎのゾーンと売られすぎのゾーンとリンクするように為替レートが交差している場合はトレンドレスとする。



下のチャートは、ストキャスティクスが買われすぎのゾーンに達している状態であっても、200日移動平均線が下向きであり、為替レートがその下で推移しているので下降トレンドということになる。

1234_201609150407143dd.jpg

ドル円日足チャート。

このチャートに25日移動平均線と75日移動平均線を加えてみる。

強い上昇トレンドが発生しているときは、上から短期線・中期線・長期線の並び順で、3本の線がどれも右肩上がりになっている。

逆に強い下降トレンドが発生しているときは、上から長期線・中期線・短期線の並び順で、3本の線がどれも右肩下がりになっている。

下のチャートは3本の移動平均線の傾きと同調するように為替レートが下落しており、売りにエッジ(優位性)がある状態であることがわかる。

14567.jpg

ドル円日足チャート。

ストキャスティクスなどのオシレーター系のインジゲーターと単純移動平均線を表示させることで、トレンドの強弱がより視覚的に把握できる。

二つの異なるテクニカルツールを組み合わせるだけで、相当有利にトレードができる。
[ 2016/09/15 03:14 ] ストラテジー | TB(0) | CM(0)

移動平均線を使ってトレンドを判断する方法

テクニカル分析には流れに乗ろうとするトレンド系と、逆張りに適しているオシレーター系がある。

トレンド系の代表的なツールが移動平均線であり、よく知られている「グランビルの法則」では、一本の200日移動平均線が基本となっている。

移動平均線を使ったトレンドの判断基準は以下のようになる。


● 200日移動平均線が上向きでそれよりも為替レートが上で推移していれば上昇トレンドとする。

● 200日移動平均線が下向きでそれよりも為替レートが下で推移していれば下降トレンドとする。

● 200日移動平均線がフラットで為替レートが交差している場合はトレンドレスとする。



下のチャートは、200日移動平均線が上向きでそれよりも為替レートが上で推移しているので上昇トレンドということになる。

123455.jpg

ドル円10分足チャート。

このチャートに25日移動平均線と75日移動平均線を加えてみる。

強い上昇トレンドが発生しているときは、上から短期線・中期線・長期線の並び順で、3本の線がどれも右肩上がりになっている。

逆に強い下降トレンドが発生しているときは、上から長期線・中期線・短期線の並び順で、3本の線がどれも右肩下がりになっている。

下のチャートは強い上昇トレンドが発生しており、買いにエッジ(優位性)がある状態であることがわかる。

313131.jpg

ドル円10分足チャート。

3本の単純移動平均線を表示することで、トレンドの強弱が視覚的に把握できる。

エッジ(優位性)がある状態ということは、そこで仕掛けたら必ずも儲かるということではなく、当たったり外れたりする中で、最終的に利益を獲得する可能性が高いということだ。

移動平均線がどのような状態になったら仕掛けるか。

そんな簡単なルールをひとつ作るだけで、相当有利にトレードができる。
[ 2016/09/11 03:15 ] ストラテジー | TB(0) | CM(0)

グランビルの法則

移動平均線を使った代表的なテクニカル分析に「グランビルの法則」がある。

考案者のジョセフ・E・グランビルは科学者でもなければ経済学者でもなく、もともとウォール街のハットン・デイリー・マーケット・ワイヤー通信社の人気記者だった。

1962年に「A Strategy of Daily Stock Market Timing for Maximum Profit」という本を出版し、その中で「グランビルの8つの法則」として世界で初めて移動平均線を使った売買手法を紹介した。

日本でも「グランビルの投資法則―株価変動を最大に活用する戦略」というタイトルで出版されている。

「グランビルの8つの法則」は、価格に対して一本の200日移動平均線を表示させる手法で、4種類の「買いシグナル」と4種類の「売りシグナル」から成り立っている。

img_a5224df8ed0981ea06c64bb9bf4b4c9613131.gif


■ 買いシグナル

(1) 下向きだった移動平均線が、横ばいか上向きになり、株価が移動平均線を上に突き抜けたら買い

(2) 上昇している移動平均線を株価が下まわった(割り込んだ)ものの、ふたたび移動平均線を突き抜けて反発したら買い(押し目買い)

(3) 上昇している移動平均線の上で、株価が下落したものの、移動平均線に触れずに反発したら買い

(4) 下降している移動平均線を株価が大幅に下まわり(割り込み)、乖離が大きくなったら買い(リバウンド狙い)


■ 売りシグナル

(1) 上向きだった移動平均線が、横ばいか下向きになり、株価が移動平均線を下に突き抜けたら売り

(2) 下降している移動平均線を株価が上まわった(越えた)ものの、ふたたび下落して移動平均線を突き抜けたら売り

(3) 下降している移動平均線の下で、株価が上昇したものの、移動平均線に達することなく反落したら売り

(4) 上昇している移動平均線を株価が大幅に上まわり(越えて)、乖離が大きくなったら売り


中でも、多くのトレーダーを魅了したのが、ゴールデンクロスとデットクロスと名付けられた売買テクニックである。

発表以来、半世紀あまりが経過し、移動平均線を用いたチャート分析はトレーダーにとって必要不可欠なツールとなっている。

「グランビルの法則を制する者が移動平均を制する。移動平均線を制する者がチャート分析を制する」

そんな言葉まであるくらいだ。

では、グランビルはトレーダーとして大成功を収めたのだろうか。

じつは、ウォール街の記者時代に彼が顧客向けに送ったマーケットレターでは、年率ベースで1年あたり平均20%以上の損失を出しているのだ。

当時の代表的な経済紙である『ハルバート金融ダイジェスト』に掲載されたパフォーマンス順位表では、過去25年以上にわたってほぼ最下位という不名誉な記録を打ち立てている。

テクニカル分析の始祖といわれるグランビルだが、意外にも本人はまったく儲かっていなかったのである。

「グランビルの法則」は、移動平均線と価格の位置関係を分析するトレードアイディアのひとつであり、他のテクニカル分析と同じく絶対的なものではない。

そこからヒントを得たり、エッジを見出したりするのは、やはりトレーダー個人の売買センスにかかっているといえそうだ。
[ 2016/09/04 03:05 ] ストラテジー | TB(0) | CM(0)

新しい手法の構築

今までとは異なるまったく新しいルールの手法を模索している。

新しい手法の優位性を確かめるには、現在メインで使っている手法を一度止なければならないが、無意識のうちに今まで使っていた手法でエントリーしてしまう。

しかも、それでそこそこ稼げてしまう。

それではいつまでたっても新しい手法をマスターできないので、「絶対に既存の手法を使わない日」を意識的に設けなければならないと感じている。

新しい手法を完璧にマスターできるまで、このキャンペーンは継続されることになる。

惰性でトレードしていると、いつまでたってもトレードスキルは向上しない。

自分が意識して直さなければいけないトレーディングの悪癖があるのなら、それを改善するという一点のみに集中して、特定のルールを作り順守しなければならない。

ルールを作るのは簡単だ。

本当に難しいのは、どんな状況であってもそのルールを貫徹することで、強くブレない意志が必要になる。

究極の目標は、FXを始めたばかりの初心者が初日から安定して利益を出せるシンプルでわかりやすいトレードルールを構築することだ。
[ 2016/09/03 00:18 ] ストラテジー | TB(0) | CM(0)

移動平均線への別れのキス

「移動平均線への別れのキス」とはトレーダーが書いた恋愛小説のタイトルではない。

デーブ・ランドリーが「裁量トレーダーの心得」の中で紹介しているトレード手法のことである。

手法のルールは以下のようなものだ。


1. 10日移動平均線の上か下かどちらかにレートがある。

2. 移動平均線へ向かって押す。(安値が移動平均線を下回る)

3. 直近の高値を上回ったらエントリー。



レートが移動平均線にタッチし、再び離れていくタイミングでエントリーするパターンが、まるで移動平均線にキスをして別れていくようなので、このような名前がつけられている。

手法そのものは、トレンドが発生している相場での戻り売り、あるいは押し目買いを狙ったシンプルなもので、何か特別なインジゲーターを使ったり、複雑なことをしているわけではない。

デーブ・ランドリーはほぼこの手法のみで、一生働かなくていいだけのお金を相場から手に入れた。

じつは自分が使っているひとつの手法も、移動平均線のパラメーターの値が違うだけでほぼ同じである。

以下のチャートを例にとって解説する。

2344_201608280417129e3.jpg

ポンド円1時間足チャート。

デーブ・ランドリーの手法が1本の移動平均線だけなのに対し、自分のは3本の移動平均線を使用する。

その方がトレンドの有無がより視覚的に把握できるからだ。

↑のチャートでは、上から25日指数平滑移動平均線、75日指数平滑移動平均線、200日移動平均線を表示させている。

手法のルールは以下のようなものになる。


1. 25日移動平均線の上にレートがある。

2. 25日移動平均線を突き抜け、75日移動平均線にレートがタッチする。

3. ストキャスの売られすぎの水準(20%以下の値)を割った後、%Kもしくは%Dが下から上に抜けたときにエントリー。

4. ストキャスの買われすぎの水準(80%以上の値)を割った後、%Kもしくは%Dが上から下に抜けたときに利益確定。

5. 25日移動平均線が75日移動平均線と交わり、デットクロスになった時点で損切り。



正直に告白すると、この手法の優位性を正確に検証しているわけではない。

期待値も曖昧で、条件が揃ってもエントリーを躊躇してしまうこともあった。

来週はこの一つの手法に絞ってトレードし、細部のルールを徹底的にブラッシュアップするつもりでいる。

デーブ・ランドリーの「移動平均線への別れのキス」に匹敵する完成度の高い手法が構築できれば上出来だ。
[ 2016/08/28 04:11 ] ストラテジー | TB(0) | CM(0)

フラクタルとチャートパタ―ン

フラクタルとは、フランスの数学者ブノワ・マンデルブロが導入した幾何学の概念で、図形の細かい部分と全体が自己相似になっていることをいう。

どれだけ拡大しても、同じ形状が現れてくるという特徴がある。


fractal-20120823.png


たとえば、上図を広大しても、延々と同じパターンが繰り返される。

自然界での具体例としては、海岸線の形などがある。

ひとつの大きなパターンは細かい幾つもの同じようなパターンで構成されており、それが無限に続いている。

じつはチャートパターンとフラクタルの図形はとても似ているところがある。

日足チャートでも、1時間足チャートでも、1分足チャートでも、どれだけ拡大してもあらゆる時間軸で同じ現象が起こるのだ。

1分足ではダブルボトムあったものが、時間軸を変えてみるとヘッドアンドショルダーズだったりと形状は変わるものの、どのタイムフレームでも同じようなチャートパターンが発生する。

つまり、ひとつの勝てる手法であったなら、基本的にはどの時間軸であっても同じように機能する筈である。

であるならば、時間軸の短いほうが、より売買チャンスが多く、利益を挙げられるということになる。

長中期投資やスイングトレードに比べると、一日に何回も取引するデイトレードのほうがはるかに儲かる可能性がある。

一日中モニターの前に座ってチャートを監視していなければならないという辛さがあるものの、極限まで利回りを追求するならデイトレードしかない。

仮に1万円を元手として、もしも一日に平均で3%の利回りをあげることができれば、たったの1年間で元本はおよそ1236万円になる。

カリスマ・トレーダーと呼ばれる人たちは、このように短期間で資金を回転させるやり方で、驚異的な利回りを実現させているのだ。

短いサイクルの中で何回も取引するためにより多くの失敗も経験でき、上達のスピードも早まるというメリットもある。

以上のことから、デイトレードこそが最強の資金の増やし方といわんばかりだが、ある程度のスキルを習得していないと、儲かるどころか、逆に恐ろしいスピードで資金を溶かしてしまう危険がある。

デイトレードはトレーダーにとって両刃の剣ともいえる。

トレードスタイルは、それぞれ一長一短があり、結局のところ自分の性格や生活のリズムにアジャストしたものでないと続けられない。

ただ、一度でも安定した利益をあげられるコツをマスターしてしまえば、チャートパタ―ンはどの時間軸でも同じような形状が繰り返されるので、突発的な大きな値動きに注意さえすれば、中長期投資でもデイトレードでも共通のスキルで対応できるだろう。
[ 2016/08/26 04:15 ] ストラテジー | TB(0) | CM(0)

長期投資と短期トレードの違い

ウォール街には「FRBには逆らうな」という格言がある。

為替相場は、長期的には政府の金融政策に従って動くので、それに逆らったポジションは止めておけという意味だ。

一般的には中央銀行が利上げすると、その国の通貨は買われる傾向がある。

実際に2013年にアメリカでテーパリング、いわゆる量的緩和の縮小が始まると、2014年の中盤以降はファンダメンタル分析のセオリーに従ってドル高が進行した。

為替市場は、短期的には細かく上下しつつも、長期的には政府の金融政策のシナリオに沿って動くことが多い。

しかし、スキャルピングやデイトレードなどの短期売買では、政府のフォワードガイダンスや市場の需給バランスに注意を払う必要はない。

為替レートは直近のニュースをリアルタイムで織り込んでいくので、個人投資家がニュースを知ったときにはすでに遅過ぎるのだ。

ファンダメンタルズ分析は「ものごとが起こる前に市場のニュースに着目して未来のレートを予測しようするもの」だが、短期のトレードの場合、未来のレートを予測しそれを的中させることはそれほど重要ではない。

それよりも、ものごとが起きた後にどのように対処するかによってパフォーマンスは大きく違ってくる。

エントリーするタイミングを間違えたら即撤退し、正しければ一定のルールに従って利確するという単純作業の繰り返しで、敏速な判断力と反射神経が求められる。

反省や後悔をする暇もなく、すぐに次のトレードチャンスに備えるべく、気持ちの切り替えが大切になってくる。

スキャルピングのような超短期売買は、現在の目の前で起こっている値動きだけが唯一、トレードをする際の根拠となりうる。

未来のレートを予測するのではなく、勝てる確率が高いと思われるパターンや売買ポイントをチャート上から見つけだすことによって利益を得るのだ。
[ 2016/08/22 05:29 ] ストラテジー | TB(0) | CM(0)

損切りのストップをハズしたいという誘惑に負けない

どのような精度の高い手法であっても、勝率が100%でない限り、損切りは必ず行わなわなければならない。

しかし、損切りが大切だとわかっていてもいざ実行するとなると最初から何の抵抗もなくできる人は少ない。

損切りをすること、それはお金を失うことでもあるので、慣れないうちはどうしても躊躇してしまいがちになる。

結果、損切りすべきところで損切りを行わず、もっとも最悪のタイミングで決済を余儀なくされ、深い後悔の念を抱えながら取引を終えることになる。

たとえば、逆指値のストップに引っかかってロスカットになる。

最初のトレードプランに従って損切ったのだから、問題がない。

ところがそこからすぐに相場は反転する。

そのようなことが2回、あるいは3回と連続して起こる。

そこで、「あのとき損切りせずにそのままにしていたらよかったのかも」と考え始める。

次に相場が逆方向に動いたとき、過去の損失の経験から、思わず損切りの逆指値のストップをハズしてしまう。

恥ずかしながら自分も過去に何度もそんな過ちを犯し、口座の資金を溶かしてしまっていた。

含み損をほったらかしにしておいて、しばらくしたら反転し、大きな利益が出ていたというケースは決して珍しくない。

しかし、それは単純に運が良かったという結果論に過ぎない。

間違った取引での成功は、正確には成功と呼ばない。

結果オーライですませると、後から大きなツケを支払うことになる。

逆指値のストップを大きく離したり、損切りを放棄するという行為は、最終的に必ずと言っていいほど致命的なダメージを被るということを理解しておかなければならない。

航空用語に帰還不能点 (Point Of No Return)というのがある。

離陸して飛び立った飛行機が出発空港に引き返そうとしても燃料不足で戻れなくなる地点で、この地点を過ぎると、目的の空港を目指してまっすぐ飛び続けるしかなくなる。

トレーダーにも帰還不能点 (Point Of No Return)とも呼べる心理的な節目のポイントがある。

含み損がある金額を超えると、損切るのが苦痛になり、そのままほったらかしにするしかないという愚行をおかしてしまうのだ。

その行き着く先はマーケットからの退場しかない。

損切りは、損失が投資家の心理的な許容範囲を超えない少額のうちに施行するのが鉄則になる。

損切り幅が大きいほど勝率が高くなり、逆に損切り幅を狭くすると勝率は低くなるが、損切りの逆指値を近くにおいた売買ルールの方が、損切りの逆指値を離しておいた売買ルールよりもずっと多額の利益を出せるだろう。

小生の場合、逆指値のストップ幅はどの通貨ペアも10pipsに設定している。
[ 2016/08/18 16:06 ] ストラテジー | TB(0) | CM(0)
賢者のつぶやき
NHKスペシャル
ロイターテッカー
一目均衡表 ドル/円
一目均衡表 ポンド/円
一目均衡表 豪ドル/円
ブログランキング