FC2ブログ
ロスカット あの日の涙 虹となる

米中貿易戦争の行方

11日のダウ平均は、24,924ドル89セント(+224ドル44セント)で取引を終えた。

古株のIT企業が相場を主導しており、アマゾンやアルファベット、マイクロソフトが史上最高値を更新。

年初来のS&P500の上昇の7割以上を、アマゾン・マイクロソフト・ネットフリックスの3銘柄の上げが占めている。

日経平均も150円高。

一方で、ひどいのは中国をはじめとするアジアの新興国株で、通貨安が株安に拍車をかけている。

米中貿易戦争の前から中国株は元気を失っている。

アメリカが中国に対して貿易戦争を仕掛ける自信の根拠はわからないが、今の株価の動向から推測すればなんらかの勝算があるのだろう。

アメリカ株の上昇と連動するように、ドル高円安が加速している。

r2wr2r2.jpg

ドル円1時間足チャート

この一週間、右肩上がりでドルが買われ、円が売られている。

今夜あたり、トランプ大統領がいつもの傍若無人な発言をしてリスクオフに傾いてくれないかな。

そうでないと、昨日から仕込んでいたクロス円のショート・ポジションが焦げ付く。

この上昇トレンドがどこまで続くか、今夜のNY時間が楽しみだ。
スポンサーサイト
[ 2018/07/13 09:33 ] チャート分析 | TB(0) | CM(0)

米中貿易戦争

10日の株式市場は東京、香港、中国をはじめアジア市場全体が堅調に推移し、ドル円も110円40銭から111円20銭まで上昇。

欧米市場では、ドル円が111円35銭まで円安になった。

が、11日の日本時間の早朝、トランプ米大統領が新たに中国製品2000億ドル相当の関税対象リストを公表する準備を行っていると報じられ、株価、為替ともにリスクオフに転じた。

米国の措置に対抗して中国が同規模の追加関税を発動すれば、さらなる株価暴落、円高になることは避けられない。

どこかでトリガーが引かれ、短期勢が大胆に下攻めで仕掛けてくるのを警戒している。

その流れに便乗して利益が出せればいいのだが。

311.jpg

ドル円30分足チャート

111円の時点でショートポジションを仕込んできたが、プチ暴落が来る直前で損切りしてしまった。

イマイチかみ合わない取引にストレスが蓄積されている。
[ 2018/07/11 09:19 ] チャート分析 | TB(0) | CM(0)

クロス円全面安

米朝首脳会談延期の可能性やトルコリラ急落を受けた新興国通貨安拡大への懸念から、欧州の株価指数が全面安となり、ダウ先物も下落したことで、リスク回避的な円買いが進んだ。

0987_2018052400105684d.jpg

ドル円10分足チャ-ト

午前中から円が買われ始め、欧州時間にさらに加速、NY時間に入ってようやく反発した。

午後からリバウンド狙いでドル円とポンド円のロングポジションを取ってしまったため、絶好の収益機会を無駄にしてしまった。

チャート的にとてもわかりやすいトレンド相場だけに悔いが残る。
[ 2018/05/23 22:13 ] チャート分析 | TB(0) | CM(0)

ドル円111円突破

月曜の早朝、ドル円は窓を空けてスタートしたが、そのまま円安方向に上昇し、トレンドはNY時間まで続いた。

米10年債利回りが高水準を維持していたことや、米中貿易戦争への警戒感が後退していることがドル買いの要因となった模様。

巷では5月は株安になるというアノマリーがあるが、月末までこの調子が続けば、「セルインメイ」は杞憂に終わる可能性が高い。

6636363.jpg

ドル円15分足チャート

朝から売買がかみ合わず、ヘッジするポイントを間違えて、損をしなくてもいいところで損をしてしまった。

今日のような株価や為替が右肩あがりのチャートを描く日に、意地になって逆張りをしたら簡単に退場できる。
[ 2018/05/21 22:37 ] チャート分析 | TB(0) | CM(0)

ドル円110円超え

米国債利回りの上げ幅に連動するようにドル円が上昇。

トレンドは15日の午後から始まり、丸一日かけて1円以上騰がった。

インフレ上昇や利上げ期待、米国債の発行数が売りを誘発し、米国債利回りの上昇を加速させている。

財政拡大による発行増はファンダメンタルズのセオリ-に従えばドル安円高に振れる筈だが、米経済が堅調なためかなぜかドル高円安に振れている。

twtwt.jpg

ドル円15分足チャ-ト

押し目買いや逆張りを駆使し、コツコツと微益を積み重ねることができた。

それでも昨夜の負けを取り戻すことはかなわなかった。
[ 2018/05/15 22:47 ] チャート分析 | TB(0) | CM(0)

大きなトレンドは忘れた頃に発生する

東京時間の午前9時、ゴトー日でもないのに突然ドル買いの流れになった。

ドル買いに傾いた理由は、金利上昇や仲値での米ドル不足、リクルートによるM&A報道をうけてなど、さまざまな要因が考えられる。

クロス円はストップロスを巻き込んで大きなトレンドになり、ドル円は50銭近く、ポンド円に至っては1円近くも上昇した。

このドル買い円安の流れは欧州時間に突入してからも発生し、NY時間の終わりまで続いた。

180509-015.jpg

ドル円5分足チャート

東京時間はレンジ相場だと決めつけてかかると、たまに大きく一方方向に動くので油断できない。

ショートポジションで逆張りナンピンしていたら間違いなく死亡するところだった。

為替相場は唐突にトレンドが始まり、気が付けばいつのまにか終了しているパタ-ンが多い。

今日はまさにそんな値動きで、大きな損は免れたが精神的に疲弊してしまった。
[ 2018/05/09 19:48 ] チャート分析 | TB(0) | CM(0)

日経平均の首相足

顔写真入りの首相足が面白すぎる。

製作者にリスペクト!

DZK2aOTUMAAIG12.jpg

しかし、このチャートでみると、やはり近年の安倍首相の陽線が際立っている。

これとは対照的に、震災が重なったとはいえ、民進党が与党だったときの低迷っぷりが目立つ。

投資家に安倍政権の支持者が多いのも頷ける。
[ 2018/03/26 13:55 ] チャート分析 | TB(0) | CM(0)

森友問題に揺れる東京市場

財務省書類の消された部分に「安倍昭恵」の名前があったとの報道の直後にクロス円が下落。

その後、麻生氏が会見。

引責辞任するつもりはないと回答し、リバウンド。

財務省が「公文書改竄」を認めるという前代未聞の歴史的事件だが、全容解明には時間がかかりそう。

rwrwrw.jpg

ドル円1分足チャート。

ドル円は1円以上下落したが、底は固く、対ドルで106円台を割ることはなかった。

どこかでリバウンドすると予測していたが、なにが起こるかわからないので大きなリスクは取れなかった。

損をしなかっただけでラッキーと考えたい。
[ 2018/03/12 15:24 ] チャート分析 | TB(0) | CM(0)

デッド・キャット・バウンス

ウォール街で囁かれている相場格言の一つに“デッド・キャット・バウンス”というのがある。

“高いところから落とせば、死んだ猫でも跳ね返る”という意味で、ようするに相場が暴落したときには必ずといっていいほど小さな反発が起こることを示唆している。

何年に1度というセリクラが起こるときでも一直線に下落するのではなく、節目節目でリバウンドしながら落ちていく。

“落ちるナイフはつかむな”という格言があるが、著名投資家のピーター・リンチは“ナイフが地面に突き刺さり、しばらく揺れて、しっかりとまった後でつかむのが正しい”としている。

098_20180210073111312.jpg

ダウ先物5分足チャート

今回のような大暴落ではリバウンドも派手だ。

しかし、これで下落トレンドが終わったと考えるのは早計で、単なる“デッド・キャット・バウンス”に過ぎず、さらに暴落する可能性も考慮しておかなくていけない。

ボラティリティがあるので、ツボにはまったときは絶好の収益チャンスでもある。

株式市場は仮想通貨市場のようなノミ行為もなく、スプレッドも狭いので、とてもトレードがしやすい相場環境を提供してくれていると思う。

証券会社からお金が下ろせないなんていうリスクもないしね。
[ 2018/02/10 07:27 ] チャート分析 | TB(0) | CM(0)

ポンド円の値動き

どの通貨ペアが負けやすいか統計をとったところ、圧倒的にポンド円が多いことが判明した。

勝率は5割ちょっとなのだが、コツコツドカンでトータルの収益がマイナスになってしまうのだ。

ドル円とユーロドルで稼いだ利益をポンド円で溶かしてしまうというケースが多い。

654_201802060323121a5.jpg

ポンド円5分足チャート

5分足チャートで俯瞰するとそんな難しくない動きなのだが、1分足チャートで取引すると値動きが荒く、とても雑なトレードになってしまう。

ポンド円は大きく勝てるときは魅力だけど、やはり諸刃の剣というか、手を出さない方がいいような気がしてきた。

しかし、チャートを見ているとついついエントリーしてしまうんだよね。
[ 2018/02/06 03:30 ] チャート分析 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき