ロスカット あの日の涙 虹となる

人の目を出し抜く市場の賢者たち

カリスマトレーダー、経済評論家、アナリストやストラテジストなど、相場の予測を語る人は少なくない。

ただし、あくまでも他人の書いたシナリオである。

事実かどうかは別にして、多くの市場関係者はそれぞれの利害を背景にした発言をすることが多い。

19世紀、ロスチャイルド家のネイサンは、ワーテルローの戦いでナポレオンが敗れるのを確認してから、「ナポレオンが勝ってイギリスが負けた」と嘘のニュースを流した。

他の投資家達はそのデマを信じて、英国債を我先にと売り始め、最終的に大暴落した。

ネイサンは、紙クズ同然となった英国債を買いまくった。

翌日、イギリス勝利の情報とともに英国債は暴騰した。

ネイサンは当時としては天文学的な数字であるおよそ100万ポンドの利益を獲得し、この日の儲けだけで財産が2500倍に増えたと言われている。

このエピソードは後に「連合軍はワーテルローの戦いに勝ったが、実際に勝ったのはロスチャイルドだった」といわれるようになった。

これ以降、ロスチャイルド家はヨーロッパの金融業界で盤石の地位を築くことになる。

マーケットはまさに生き馬の目を抜く世界。

ネイサンのように儲けるためなら他人の目を欺くことなど朝飯前の人間が犇めいている。

評論家の見通しを鵜吞みにしたり、ヘッジファンドのポジショントークに踊らされていると、それこそ連中の餌食になってしまう。

中国の「菜根譚」にこんな文章がある。


鷹の立つや、睡るが如く、虎の行くや病むに似たり。まさにこれ、かれの人を攫(つか)み、人を噬(か)む手段のところなり。 故に君子は、聡明を露わさず、才華を逞しくせざるを要す。 わずかに肩鴻任鉅(けんこうにんきょ)の力量あり。


鷹が木に止まる姿はあたかも眠るようであり、虎の動きはあたかも病んでいるように見える。

しかし、そのように相手を油断させておいて、鷹や虎は獲物を襲うのである。

野生の世界もマーケットの世界も、生き抜くために相手を欺くことはあたりまえに行われている。

誰が仕掛けているのか。

誰が一番得をするのか。

想像力を働かせて、じっくりと策を練る。

莫大な資金力を持つヘッジファンドが鷹や虎だとするなら、我々個人投資家はさしずめ死肉を漁るハイエナだろうか。

サバイバルゲームで生き残る為には、神経質なくらい臆病なほうがいい。
スポンサーサイト
[ 2017/04/21 05:19 ] 教訓 | TB(0) | CM(0)

金融の世界の絶対的ルール

金融の世界では「高いリターンを望むなら、それに応じた高いリスクを負わなければならない」というのが絶対のルールとして存在する。

例外はない。

大きく儲けようと思ったら、それだけお金を失う可能性もあるということだ。

もし誰かから「低リスクで高リターンの金融商品がありますよ」と持ちかけられたら、それは詐欺まがいのものだと疑ってみたほうがいい。

お金にお金を稼がせようなどと甘い考えで投資を始めると、まず間違いなく損をする。

金融の世界イコール確率的な数学の世界であり、そこに幻想を抱いてはいけない。

つまり、高いリスクをとったからといって、必ずしも高いリターンが得られるとは限らない。

正しくは「高いリスクを取れば、高いリターンが得られる可能性がある」に過ぎない。

FXのような高リスクの金融商品は、株や投資信託と違って高いレバレッジをかけられるだけあって、慣れないシロートが手を出せばかなり高い確率で損失を被ることになる。

しつこいようだが、金融の世界には「低リスク・高リターン」の美味しい話は皆無と思っておいたほうがいい。

どこかに美味しい儲け話があると信じやすい人が、詐欺師にひっかかったり、ネットのバカ高い商材を買ってしまう。

もちろん最初からギャンブル的な感覚で勝負して、運よく勝つこともある。

しかし、そんなラッキーなことは長く続くはずがない。

ある証券会社の調査では、FXを始めて1年以内に口座の資金の全額を失ってしまう投資家が全体の半分近くを占めるらしい。

ウォーレン・バフェットがいうように「市場は右も左もわからぬ者を許さない」という法則があるのだ。

安定して勝てるようになるには、確率的に不利な条件をひとつずつ潰していくというプロセスが重要になってくる。

勝つ確率を1%でも多く自分の方に引き寄せるには、地道な検証作業とそれにともなう長い時間が必要で、それが出来てようやくリスクに見合ったリターンが期待できる。

楽をして稼ごうとしたり、宝くじのように一攫千金を狙おうとしているのなら、相場に関わらない方が無難だろう。
[ 2017/04/20 03:53 ] 教訓 | TB(0) | CM(0)

マーケットで戦う前にしなくてはいけない準備

トレーディングで成功しやすい心理状態というのは、損益のパフォーマンスに対して一喜一憂しないことだ。

儲かれば当然嬉しいし、損失が生じれば不快な気分になる。

だが、そうした感情に左右されることは自分のトレーディングプランが盤石ではないということでもある。

常勝トレーダーはリアルマネーでトレーディングを行うまえにバックテストなどですでに自分の手法の優位性をある程度把握しているので、短期的な収支のブレを気にしない。

運に支配されている勝負を確率的優位性のある領域に持ち込んでトレーディングすることで、損益に対して余計な感情が介入することを妨げているのだ。

自分の手法の優位性を市場で検証し、実際に長期的に利益がでると確認するまでは、決して大きな金額でトレーディングを開始してはいけない。

自分の行うことを100%理解しておかないと、気持ち的に優柔不断になり、イチかバチかのギャンブルに近いトレードになる。

つまり、安定して勝ち続ける精神状態とは全く逆の状態に陥る。

トレーディングに娯楽的要素を求めてはいけない。

あくまでもビジネスであり、ルールに従って淡々と取引するストイックで強い意志が求められる。

多くの初心者は統計的なデータを取らず、不確定要素を取り除かないまま、衝動的にトレーディングを始めてしまう。

勝てば天国、負ければ地獄。

スリルや興奮を得るためなら、FXや株取引はカジノやパチンコを凌ぐ最高のギャンブルになりうる。

だが、ワクワクドキドキしている時点でもうすでにビジネスとはかけ離れてしまっている。

恒常的に利益を出し続ける作業は退屈かもしれない。

ロボットのようにチャートに示された売買ポイントに従ってエントリーし、期待値がプラスであるストラテジーを日々淡々と繰り返すだけだからだ。

最初に描いたシナリオが崩れ想定外の損失が生じたらいかなる理由があろうとしかるべきところで躊躇なく損切る。

それが難なくできるようになってようやくコンピューターによる自動売買が蔓延っている市場で互角に戦う準備が整うということ。

感情のコントロールができないトレーダーは遅かれ早かれ例外なく退場していく運命にある。
[ 2017/03/06 04:19 ] 教訓 | TB(0) | CM(0)

認知バイアスの罠

含み損のあるポジションを損切りをしないまま放置して、たまたま含み益になった。

次も同じように値動きが戻るだろうと考え、逆指値をハズしてほったらかしにする。

そのようなことを繰り返して長期的に勝ち続けるようなことはありえない。

このように何の根拠もないでたらめなトレードをしても、結果として大儲けしてしまうケースは珍しくない。

しかしそれは、目隠しをしてダーツをしてたまたま当たったのと同じであり、単純に運がよかっただけにすぎない。

恐ろしいのは、それを偶然と考えず自分の手法が機能したと考えてしまうことだ。

人は自分の都合のいいように考えやすい傾向にある。

このような罠を避けるには、市場や取引する時間を変えて何度も検証するしかない。

条件を変えたとたんに機能しなくなるケースもあるが、ただちに別の手法に変えるものよくない。

さほど統計的な優位性が高くない手法であっても、一貫して使い続ければある程度の収益を獲得する可能性があるからだ。

手法の信頼性を高めるには、徹底的にフォワードテストを試すしかない。

期待値がプラスの手法でもドローダウンは必ずやってくる。

その損失の大きさや負けトレードの頻度をあらかじめ把握おくことで、損失を出したときに感じるストレスを緩和することができる。
[ 2017/03/03 15:28 ] 教訓 | TB(0) | CM(0)

コンピューターが支配する世界

将棋の三浦弘行九段が対局中に将棋ソフトを使用した疑惑が浮上し、将棋界が前代未聞の混乱状態に陥っている。

現時点では真相は闇の中だが、今回の件により明らかに将棋ソフトの方が棋界の“トップ10”であるA級プロ棋士よりも強いという現実が改めて判明してしまった。

将棋のような人間同士の勝負において棋士がコンピューターの力に頼るのはご法度だが、マーケットの世界ではもはやコンピューターによるプログラム売買があたりまえのように席巻している。

正しいことをしても負け、適当なことをしても勝つことがあるのがトレードであり、負けたトレードが間違いで、勝ったトレードが必ずしも正解とは限らない。

自分が考えたルール、ある規律に従って取引したのにも関わらず、ただ損失が出たからといって精神的にブレてはいてはマーケットで生きながらえることはできない。

1回の取引に一喜一憂せず、損益をトータルで考えることが重要になる。

裁量トレードでは負けが続いたときの副産物として、自信の喪失が避けられない。

これによって、多くの情報を理解したり、分析したりする能力が著しく影響を受ける。

人間が損失により感情が乱れるのに対し、コンピューターによるプログラム売買は圧倒的な優位性を持つ。

現在のコンピューター将棋に素人が戦ってもほぼ勝つことが不可能であるように、経験の不足しているトレーダーが相場で負けてしまうのはある意味必然なのだ。

すべての市場参加者は、この世界で長期に渡って利益を獲得しているのは、将棋界における羽生善治棋士のような怪物的な才能を持つごく少数の人間であることを認識しておくべきかもしれない。
[ 2016/10/26 11:58 ] 教訓 | TB(0) | CM(0)

プロダクトローンチ商法

お金儲けのノウハウを売るビジネスのひとつに『プロダクトローンチ』と呼ばれる商法がある。

プロダクトは「商品」、ローンチには「立ち上げる、打ち上げる」という意味だ。

プロダクトローンチ商法は、アメリカの大学生だったジェフ・ウォーカーが学費を稼ぐために有料メルマガを始めたことが最初といわれる。

当初は19人のメルマガ読者だったのだが、またたくまに300人にまで読者が増えていき、予想以上の成果報酬額を手にすることになった。

ジェフ・ウォーカーはその経験をもとに「7日で6桁ドル)の収入を得る方法」というタイトルの教材を発売し、これも大ヒットを記録した。

これをきっかけにして、ネットを利用したプロダクトローンチ商法はマーケティング業界に新風を巻き起こしていった。

日本でプロダクトローンチ商法を活用して成功した人物の筆頭格はなんといっても与沢翼氏だろう。

しかし、彼のビジネスが破綻したことで、今やこのやり方はダーディーなイメージが定着してしまった。

FXや株などの投資系の商材も、プロダクトローンチ商法と相性がいい。

多くの人が、お金が欲しいんだけどリスクは取りたくないと思っている。

ちょっと考えれば「甘い話は世の中にはない」とわかっているのに、欲に目が眩み、どこかに楽に稼げるおいしい話があるんじゃないかと幻想を抱く。

その結果、分別あるいい大人が簡単に投資詐欺にひっかかってしまう。

まったく役に立たないバカ高い商材を購入してしまうのだ。

こうしたビジネスは人々の欲が消えない限り、これからも繰り返されるのだろう。

巷に氾濫しているプロダクトローンチ商法を利用した投資商材はほぼ100%といっていいほど詐欺なので、ひっかからないようにしたい。
[ 2016/10/06 13:59 ] 教訓 | TB(0) | CM(0)

見切り千両

今をさかのぼること436年前の天正8年に、大阪・土佐堀川のほとりに初めて「淀屋米市」という米の取引市場が生まれた。

当時、各地の大名たちは商業の中心地だった大阪に蔵屋敷を設け、米などを運び込み、これを商人に売って、藩の運営資金に充てていた。

その米相場で活躍したのが、猛虎軒である。

彼は相場の心得を「八木虎の巻」と「八木豹の巻」にまとめた。

その中で猛虎軒は「上手く損をすること」の大切さをこう記している。


「見切るべき商いを見切らず、損得を運に任せてかえって後悔す。仕掛けが間違った米にて損を惜しみ、理由をつけて辛抱するほど大損なり。毎度あることなり」


決断が遅れ、含み損をズルズルと引きずってしまって、泥沼にはまってしまうことは決して珍しいことではない。

そうならないように、見切りが必要な時は一日でも早く手を打ち、ポジションを解消することが大切だと説いているのだ。

江戸時代においても、現代でも、マーケットの要諦はまったく変わらない。

今の時代に猛虎軒が生きていたとしても、きっと優れたデイトレーダーになっていたことだろう。
[ 2016/09/18 03:10 ] 教訓 | TB(0) | CM(1)

想定外を想定しておく

将棋の羽生善治棋士によると、プロ同士の対局では数手先を読むのも困難になるという。

単純に可能性のある手をあげるなら、50手先でも、100手先でも読むことはできる。

ただし、相手もプロなので、実際の対局ではお互いに読んだ通りの展開になることはまずない。

より多くの手数を読めたほうが有利になるとは限らないのだ。

手数を多く読むことだけなら、コンピュ-タ-将棋の能力のほうがはるかに優れている。

将棋の達人同士の戦いでは相手の先の手を読むことよりも、自分の予想しなかった想定外の展開になったときの適切な対応力が鍵になる。

不利な展開になっても慌てず騒がず、冷静に次の最善手を考えられるかどうかが勝敗の行方を左右する。

トレードでも自分の予想したシナリオ通りの展開にならないことが多い。

もしシナリオに狂いが生じたら、躊躇わずに次のやるべき行動をとらなければならないし、その際のしっかりとしたルールを決めておかなくていけない。

予想が外れるのは当たり前のことで、外れることを前提にして次のプランを考えておく。

システムトレードの先駆者として知られるアメリカのトレーダー、エド・スィコータは「どうすれば、あなたのように成功できますか?」という質問にこう答えている。


「自分の見込みがハズれた時には直ちにポジションを切る。これだけで成功者になれる」


想定外の出来事が連続して起こるのは、将棋やトレ-ディングだけでなく人生も同じだ。

予想がハズれたときや判断が間違っていたときに、ミスを謙虚に認め、いかに正しく振る舞えるかでその人の評価が決まるし、運命までもが変わってくる。
[ 2016/09/15 15:37 ] 教訓 | TB(0) | CM(0)

KISSの法則

アメリカにはKISSの法則 "KISS principle" と呼ばれる略語がある

"Keep it simple, stupid" もしくは、"Keep it short and simple" の頭文字からとったもので、「シンプルに考えろ」という意味だ。

もともとは、ロッキード社の航空機設計者であるケリー・ジョンソンによって考え出された造語であり、飛行機の図面はできるだけわかりやすく複雑にしてはならないという意味で使っていたようだ。

FXでも、「知識」が増えるにしたがって、頭の中が混乱し、迷路の中に迷い込んでしまうようなところがある。

複雑なインジゲーターを使ったり、ナンピンや両建てといった策を講じてみたりするが、思ったように成果があがらない。

結局、為替レートはか下がるか上がるしかなく、自分の予想が間違っていたら損切りし、思惑通りだったら利益を伸ばすというシンプルなやり方が一番儲かる。

ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析といったものに必要以上に囚われてしまうと、その分、迷いが生じ、決断が遅れてしまう。

期待値がプラスになる手法を構築し、それに従って機械のように取引をする。

マ-ケットで勝つ方法はシンプルであり、複雑にする必要はない。

それをあ-でもないこ-でもないと小賢しくひねったりして、場中に余計なことをしてしまうから負けてしまうのだ。
[ 2016/09/09 01:07 ] 教訓 | TB(0) | CM(0)

半ジキリ結構

博打で生計を立てているギャンブラー、いわゆるプロの賭博師であるが、彼らの世界で昔から使われている言葉に「半ジキリ結構」というのがある。

半ジキリ結構とは、元金が半分に減ったら、あっさりと引き揚げるということを意味する。

意地になったら、もうあとがない。

元本を失えば、生計を立てていけない。

ツキがなかったらその日は潔く諦める。

今回は目が出なくても次回勝てばよく、トータルでプラスになればいいという発想である。

プロの賭博師は、もう勝ち目がないと思ったときに損失を最小限にして撤退する術を心得ている。

その点、素人の博打は負けが込んでくるとさらに入れ込んで、引くに引けない勝負になり、大敗して終わってしまう。

リスクを恐れずに勝負を仕掛けるよりも、潔く撤退するほうが勇気がいる。

相場の世界でも「見切り千両」という言葉があるように、キャリアの長いトレーダーほど損切りが絶妙に上手い。

トレードが下手な人というのは、引き際を見切れずに、自ら墓穴を掘ってしまう。

含み損をほったらかしにするというのは、勝負を途中で投げていることでもある。

損失が膨らむばかりなのに、あきらめるわけにはいかないと踏ん張り続ける。

最終的に証拠金が足りなくなり退場するというケースは、初心者トレーダーの典型的な負けパターンになっている。

相場で利益を得るということは、結局のところ、要所、要所で生じる迷いを、いかに素早く見切っていくという技術に集約されるのだと思う。

負け方が上手ければ、勝ち残れるのだ。
[ 2016/09/05 05:07 ] 教訓 | TB(0) | CM(0)
賢者のつぶやき
NHKスペシャル
ロイターテッカー
一目均衡表 ドル/円
一目均衡表 ポンド/円
一目均衡表 豪ドル/円
ブログランキング