ロスカット あの日の涙 虹となる

米・雇用統計

日本時間10時30分発表。

雇用者数が4ヶ月ぶりの高い伸びとなったが、賃金の伸びは予想に届かず、発表後には円が買われリスクオフに傾いた。

しかし、アメリカの株は買われ、マーケットの反応は株と為替で相反する値動きとなった。

8765_20170204023026628.jpg

ドル円5分足チャート。

buh.jpg

ダウ5分足チャート。

トランプ大統領が就任して以降、ドル円とダウ、そして日経平均の相関関係が微妙に変化している。

値動きがリンクしなくなってきているのだ。

円安になると株価が騰がるという今までのセオリーが通用しなくなっている。

今回の雇用統計ではその傾向が顕著になった。

トランプ政権の経済政策を反映しているのか、やたらとアメリカ株が強い。

世界一の投資家で知られるウォーレン・ヴァフェット氏は民主党支持者であるが、トランプ氏の性格はともかくその閣僚人選を「圧倒的に」支持すると述べたらしい。

日米のメディアではネガティブな評価をされがちなトランプ氏だが、一般のアメリカ国民からはそのブレない押しの強さがいがいと好感されているのかもしれない。

かってオバマ大領領は「チェンジ!」と述べたが、マーケットはトランプ大統領になってまさに変化の節目を迎えつつあるかのようだ。
スポンサーサイト
[ 2017/02/03 23:28 ] 雇用統計 | TB(0) | CM(0)

米・雇用統計

11月の農業分野以外の就業者数は、10月と比べて17万8000人の増加と、ほぼ市場の予想どおりになった。

失業率は4.6%と0.3ポイント改善し、2007年の8月以来、9年ぶりの低い水準であったが、大きなサプライズではなかったのでリスクオンに傾くことはなかった。

ドル円は114円台に一度は乗せたものの、それ以上の勢いはなく午前0時を過ぎてからは膠着状態になった。

424224.jpg

ドル円5分足チヤ-ト。

今回の雇用統計の結果を踏まえ、いよいよ利上げを行う条件が整ったという見方が大勢を占めている。

ここまでのドル高円安はトランプ次期大統領の経済政策の具体化をある程度織り込んでいたわけだが、来年はこれまでどおりに一直線に株高円安が進むとは思えない。

期待が失望に変わったときにレミングの群れが谷底に進んでいくように、マーケットがいっせいにリスクオフに舵をきることも想定している。
[ 2016/12/03 02:13 ] 雇用統計 | TB(0) | CM(0)

米・雇用統計

非農業部門雇用者数は16万1千人増となり、市場予想の17万5千人増を下回った。

しかし、長期的には米経済は堅調に推移しているとの見方が強く、12月の利上げの可能性が高まりつつある。

それよりも、マーケットの注目は今週行われる米大統領選の行方にむけられており、値動きも普段より限定的だった。

53535353_20161105012521246.jpg

ドル円5分足チヤ-ト。

ドル円は上下に50銭程度しか動かず、ブレイクアウトを狙って積極的に仕掛けるにはリスクを感じる。

欧米の大手ヘッジファンドら投機筋も米大統領選の結果を固唾をのんで見守っている状態なのだろう。
[ 2016/11/05 01:27 ] 雇用統計 | TB(0) | CM(0)

米・雇用統計

日本時間午後9時30分発表。

9月のアメリカの雇用者数は15万6千人増と、事前予想の17万5千人を下回った。

失業者が減り、時間当たりの賃金が若干増えたわけだが、今回の結果を受けてFRBが12月に利上げに踏み切る可能性があるとの思惑が市場の雰囲気を支配し、午前0時から深夜にかけてドルが売られ円が買われた。

12345_20161009093431b1f.jpg

ドル円10分足チャート。

注目されたポンドの値動きだが、午後からは対円でも対ドルでも普段の値動きの範疇を超える大きな変動はなかった。

まるで早朝のパニック売りがなかったかのような平穏さだった。
[ 2016/10/07 21:50 ] 雇用統計 | TB(0) | CM(0)

豪・8月雇用統計

日本時間午前10時30分発表。

失業率は、5.6%で市場予想を下回った。

この結果を受けて、対円でも対ドルでも豪ドルは下落。

12345_201609151132301ed.jpg

豪ドル米ドル1分足チャート。

クロス円の値動きに気を取られ、エントリーのチャンスが何度もあったのにあるのに見送ってしまった。

オーストラリアの雇用統計はアメリカの雇用統計に比べてボラティリティも限定的で、想定外の値動きをすることが少ない。

リスクを受け入れ、もっとアグレッシブに攻めるべきだった。

サインの見落としが多く、それが深刻な機会損失となっている。
[ 2016/09/15 11:08 ] 雇用統計 | TB(0) | CM(0)

米・雇用統計

日本時間午後9時30分発表。

非農業部門雇用者数が前月比15万1000人増と、予想をやや下回る結果になった。

これを受けて、ドル円は102.80円まで下落。

しかし、3ヶ月平均は約23万人と強く、下押しするにはエネルギ-不足だった。

カリスマ債券トレーダーのビル・グロース氏は「15万人以上の伸びがあれば利上げの可能性がある」と述べているらしい。

今回15万人以上だったことから、市場参加者の利上げ期待に支えられ、売られた株は買い戻され、円安ドル高方向に急反発した。

6765.jpg

ドル円5分足チャ-ト。

クロス円のショ-ト・ポジションをナンピンして被弾。

普段よりロットを小さくして参戦したのだが、雇用統計のボラティリティを舐めていた。

何回同じ失敗を繰り返しているのだろう。
[ 2016/09/02 22:50 ] 雇用統計 | TB(0) | CM(0)

米・雇用統計

日本時間午後9時30分発表。

7月の非農業部門雇用者数が+25.5万人と、市場予想+18.0万人を大幅に上回った。

失業率は4.9%と、低下予想に反し6月と同水準を維持。

平均時給は前月比+0.3%と、これも市場予想+0.2%を上回った。

米10年債利回りは1.49%から1.54%へ上昇。

この結果を受けて、年内の利上げ観測が強まった。

usd.jpg

ドル円10分足チヤ-ト。

ドル・円は101円03銭から102円05銭まで上昇し、ユーロ・ドルは1.1161ドルから1.1082ドルへ急落。

ユ-ロや円だけでなく、すべての通貨に対してドルが相対的に買われた。

このジリジリと騰がる値動きは最も苦手としているパタ-ンだ。

真綿で首を絞められるように含み損が増えていくので、ストレスになることこのうえない。

9999_20160806023412d04.jpg

日経平均10分足チヤ-ト。

大幅な円安と連動するように、日経平均も上昇。

直前までロング・ポジションを持っていたが、利益確定してショ-ト・ポジションを取ったのが完全に裏目に出た。

666_20160806023051167.jpg

ダウ平均10分足チヤ-ト。

予想を上回る内容の雇用統計を受けて、ダウ、S&P500に加えて、ナスダックも史上最高値を更新。

前日から持ち越していたショ-ト・ポジションの含み損は膨れ上がり、今月に入ってからのト-タルの利益はとうとうマイナスになった。
[ 2016/08/05 23:23 ] 雇用統計 | TB(0) | CM(0)

米・雇用統計

日本時間午後9時半発表。

6月非農業部門雇用者数の予想と結果は以下のとおり。

予想:18万人 結果:28.7万人

この結果を受けて、一時ドル円は101円台まで上昇した。

これを戻り売りのチャンスとみなしたトレーダーがいっせいに売りを浴びせストーンと下落。

その勢いは留まらず再び100円を割る展開となった。

7654_201607112253039d2.jpg

ドル円15分足チャート。

ドル円の他にポンド円とオージー円の上下のレンジをスキャで数pips取って、今週のお仕事は終了した。
[ 2016/07/08 08:10 ] 雇用統計 | TB(0) | CM(0)

2度あることは3度ある

外為どっとコムが雇用統計でドルが売られているさなか、システム障害を起こした模様。

987AE05qq.jpg

以前も外為どっとコムは、システム障害を起こしている。

2010年7月にユーロ円などでバッドティックで1か月の業務停止命令。

2015年7月にもログイン障害を起こし、今回で3回目だ。

サーバーダウンが意図的なものでないにせよ、これでかなりの顧客の信用を失ったのは間違いない。

FX業者の中では老舗の会社だが、ここをメインに使用している専業トレーダーはいないのではないか。

大金を使って広告を打つよりも、足元のサーバー強化を最優先してもらいたいものだ。
[ 2016/06/04 02:58 ] 雇用統計 | TB(0) | CM(0)

米・雇用統計

米労働省が発表した5月の米雇用統計は非農業部門雇用者数が3万8000人増となり、2010年9月以来の小幅な伸びとなった。

予想の16万4000人増も大幅に下回った。

4月からストライキに入っていたベライゾンの従業員は今回の雇用統計の調査期間に給与を支払われていなかったため、統計上失業者と見なされた。

5月の失業率は4.7%と、前月の5.0%から低下し、2007年11月以来の低水準となった。

民間部門全体の雇用者数は2万5000人増にとどまり、2010年2月以来の低い伸びとなった。

この結果を受けて、ドルが大きく売られた。

1234_20160604031922b89.jpg

ユーロドル10分足チャート。

123_20160604031905b0f.jpg

ドル円10分足チャート。

ドル円は108円を割り込むと、米・ISM非製造業景況指数の弱い結果も重なり、106円61銭付近まで下値を拡大。

ユーロドルも1.1349付近まで上昇した。

ドル円もユーロドルも、これといった戻りがなくほぼ一直線に下落したので、リバウンド狙いに失敗したトレーダーは大きな傷を負っただろう。

素直に為替レートが進む方向にエントリーすれば儲かった相場だった。

今回のように雇用統計や政府の要人発言などで、相場が大きく動くことがある。

値動きが激しいときは、それだけ大きな収益機会があるということだが、逆に大きく損をするというリスクもある。

激しく動く乱高下相場でポジションを取るのはギャンブルに等しく、よほど慣れてない人でない限りコンスタントに利益を得るのは難しい。

ニュース発表直後には激しく為替レートが動いても、時間が経てば徐々に値動きが落ち着いていき、1時間もすれば比較的ゆっくりした値動きでトレンドを形成していく。

乱高下の空中戦では、スキャルピングでは相当難関度の高い技術が要求される。

そうした局面を避け、その乱高下で付けた高値、安値のブレイクアウト、あるいは押し目買い、戻り売りを狙ったほうが失敗する確率は低くなる。
[ 2016/06/03 23:31 ] 雇用統計 | TB(0) | CM(0)
賢者のつぶやき
NHKスペシャル
ロイターテッカー
一目均衡表 ドル/円
一目均衡表 ポンド/円
一目均衡表 豪ドル/円
ブログランキング