ロスカット あの日の涙 虹となる

米・雇用統計

日本時間午後9時30分発表。

指標発表直後は動かなかったが、失業率が18年ぶりの水準に改善するなど、市場の予想を上回る結果となったためにジワジワと円安ドル高に振れる。

午後11時を過ぎたあたりから、利益確定の戻しの動きがあり、それに上手く乗れなかったのが悔やまれる。

0987_201806020144413f4.jpg

ドル円5分足チャート

トランプ大統領が雇用統計が発表される前に、ツイッターに「楽しみにしている」と投稿し、市場ではこの直後から円安ドル高が進むなど、取り引きの材料にされたことから、ホワイトハウスの情報管理のありかたに批判があがった。

この件に関して、サマーズ元財務長官がこうツイートしている。

「もしオバマ政権下で大統領が雇用統計を事前にリークすることがあったら、大スキャンダルになり全面的調査に発展したであろう」

今に始まったことではないが、トランプが大統領になったおかげで、アメリカの行政、コンプライアンスが壊れつつあり、それに対して誰も驚いたり咎めたりしなくなってしまった。

今後、トランプ相場がどうなるか、トランプ自身も含めて正確に読みきれる人はいない。

ただし、ボラティリティがあるので、短期売買に徹するトレーダーは収益のチャンスに困らないだろう。
スポンサーサイト
[ 2018/06/02 01:45 ] 雇用統計 | TB(0) | CM(0)

米・雇用統計

非農業部門雇用者数は前月比16万4000人増と市場予想平均の前月比19万2000人増を下回った。

また、失業率は3.9%と市場予想平均の4.0%より強かった。

予想比では雇用者数はネガティブ、失業率はポジティブな結果となり、方向感が定まらず、最近では比較的ボラティリティのある値動きになった。

98776.jpg

ドル円5分足チャート

ドル円はいったん下押しした後、強烈なリバウンド。

午前0時過ぎには発表前の水準よりも上抜けた。

これに素直に乗れれば爆益だったが、握力がなく途中で利確。

それでも負けなかったので良しとしよう。
[ 2018/05/05 00:10 ] 雇用統計 | TB(0) | CM(0)

米・雇用統計

日本時間午後9時半発表。

99999.jpg

指標発表直後はレンジ。

ドル円とユーロドルをそれぞれ逆張りして10pipsを獲得。

その後はややドル安に振れたが、欲張ってトレードを続けていたらやられていた可能性がある。

雇用統計トレードは勝ち逃げするに限る。
[ 2018/04/06 23:56 ] 雇用統計 | TB(0) | CM(0)

米・雇用統計

日本時間午後9時30分発表。

就業者31万人増で、NY市場は続伸、ナスダックは史上最高値を更新した。

クロス円は瞬間的に円安に跳ねたが、その後方向が定まらない動きとなった。

jojo.jpg

ドル円5分足チャート

逆張りで攻めたのが功を奏し、そこそこの利益。

深夜までは集中力が持続せず、途中で寝落ちした。
[ 2018/03/11 18:42 ] 雇用統計 | TB(0) | CM(0)

カナダ・雇用統計

日本時間午後10時半発表。

市場予想より悪かったために円が買われリスクオフに傾く。

しかし、その後は材料出尽くしのリバウンドが発生し、NY時間になってダウの暴落とともに下落に転じた。

180210-001.jpg

カナダ円5分足チャ-ト。

雇用統計トレードは、嵐の日にサーフィンするようなもので、大きなビックウェーブに乗れば想定外の利益がころがりこんでくる。

そのかわり失敗すれば大怪我をする。

普段のポジションより少なめにエントリーすると、心の余裕ができて成功する確率が若干高くなる。
[ 2018/02/09 23:47 ] 雇用統計 | TB(0) | CM(0)

米・雇用統計

日本時間午後10時半発表。

平均時給、非農業部門雇用者数が市場予想を上回り、マーケットはドル買いで反応した。

000_201802030240576b8.jpg

ドル円5分足チャート

ドル円は110円43銭付近まで急騰。

ユーロドルは1.2411付近まで下落した。

1111_20180203024058d25.jpg

ユーロドル5分足チャート

「初押しは買い 初戻りは売り」という相場格言がある。

もちろんどのような場合にでも必ず当てはまるとは限らないが、とくに大きなイベントのときに機能するときが多い。

今夜のユーロドルはそのアノマリーにピタリと当てはまる値動きだった。
[ 2018/02/03 02:41 ] 雇用統計 | TB(0) | CM(0)

米・雇用統計

日本時間午後10時半発表。

12月失業率は4.1%だったものの、非農業部門雇用者数+14.8万人となり11月の+25.2万人から減少したことでリスクオフに傾いた。

7654_201801060214169ad.jpg

ドル円5分足チャート

東京時間からNY時間にかけてずっと騰がり続けていたが、雇用統計でいきなり円高に振れた。

よくありがちなパターン。

発表前にクロス円のショートポジションをいくつか保有していたので、もし逆に振れたら大損するところだった。

雇用統計トレ-ドは競馬や宝くじのような娯楽的要素の強いギャンブルだと思えば、多少の損をしても笑っていられる。

もちろんロットを少なくした場合に限るが。
[ 2018/01/06 02:15 ] 雇用統計 | TB(0) | CM(0)

米・雇用統計

日本時間22時30分発表。

アメリカの雇用統計の日なのに、市場はビットコインの話題で独占されている。

ドル円は一時113.377円まで下落したが、すぐに買い戻された。

171209-004.jpg

ドル円10分足チャート。

参加しているトレーダーが少ないのか、いつもより値動きが大人しかった。

ビットコインの変動幅の激しいチャートを見た後では、FXのボラティリティじゃ物足りなくなる。

FXの市場からビットコインに移行するのは当然の流れだろう。
[ 2017/12/09 01:48 ] 雇用統計 | TB(0) | CM(0)

米・雇用統計

日本時間21時30分発表。

指標発表直後は市場予想を下回る雇用者数、賃金の低調な伸びにドルを売り円を買う動きが加速した。

しかし、その後に発表されたISM非製造業景況指数が12年ぶりの高水準に達し、12月の追加利上げが見送られることはないとのコンセンサスが生まれ、ロンドンフィックスあたりからドル買いが再燃した。

移動平均線はフラットな水平線を描き、ドル円は114円前半から113円後半の狭いレンジ相場になった。

987_20171104103002246.jpg

ドル円10分足チャート。

事前に仕込んでいたドル円ロングとユーロドルロングは損益が相殺され、結果トータルで含み損になった。

含み益を伸ばさず、含み損の損切りを躊躇したのが招いた結果だ。

トレーディングに小難しい投資理論や手法などは必要ない。

小手先のテクニックよりメンタルの占める要素が大きい。

メンタルを鍛えるには、とにかく経験を積むしかない。

だが、いくら場数を踏んでも、今回のような初歩的なミスを犯していると、いつまでたっても口座の資産は増えていかないばかりか近い将来の退場もありうるだろう。
[ 2017/11/04 01:08 ] 雇用統計 | TB(0) | CM(0)

米・雇用統計

日本時間午後9時半発表。

非農業部門雇用者数は33万人減少と2010年9月以降7年ぶりの減少で、この結果が好感されドル高円安が進んだ。

そのまま何ごともなく値動きが沈静化すると思いきや、日を跨ぐ寸前に北朝鮮が今週末に米国西海岸に達する規模のミサイルの発射実験を行う計画だとのニュースが報じられる。

直後、リスクオフで円高に振れ、雇用統計の上昇分が帳消しになった。

12345_20171007142100116.jpg

ドル円10分足チャート。

113円台前半から112円台後半まで、1円近く行ってこいの派手なレンジ相場が形成された。

この流れに上手く乗ってポンド円とユーロ円を売って思わぬ利益が獲得できた。
[ 2017/10/07 13:47 ] 雇用統計 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき