ロスカット あの日の涙 虹となる

カナダ・雇用統計

日本時間午後10時半発表。

市場予想より悪かったために円が買われリスクオフに傾く。

しかし、その後は材料出尽くしのリバウンドが発生し、NY時間になってダウの暴落とともに下落に転じた。

180210-001.jpg

カナダ円5分足チャ-ト。

雇用統計トレードは、嵐の日にサーフィンするようなもので、大きなビックウェーブに乗れば想定外の利益がころがりこんでくる。

そのかわり失敗すれば大怪我をする。

普段のポジションより少なめにエントリーすると、心の余裕ができて成功する確率が若干高くなる。
スポンサーサイト
[ 2018/02/09 23:47 ] 雇用統計 | TB(0) | CM(0)

米・雇用統計

日本時間午後10時半発表。

平均時給、非農業部門雇用者数が市場予想を上回り、マーケットはドル買いで反応した。

000_201802030240576b8.jpg

ドル円5分足チャート

ドル円は110円43銭付近まで急騰。

ユーロドルは1.2411付近まで下落した。

1111_20180203024058d25.jpg

ユーロドル5分足チャート

「初押しは買い 初戻りは売り」という相場格言がある。

もちろんどのような場合にでも必ず当てはまるとは限らないが、とくに大きなイベントのときに機能するときが多い。

今夜のユーロドルはそのアノマリーにピタリと当てはまる値動きだった。
[ 2018/02/03 02:41 ] 雇用統計 | TB(0) | CM(0)

米・雇用統計

日本時間午後10時半発表。

12月失業率は4.1%だったものの、非農業部門雇用者数+14.8万人となり11月の+25.2万人から減少したことでリスクオフに傾いた。

7654_201801060214169ad.jpg

ドル円5分足チャート

東京時間からNY時間にかけてずっと騰がり続けていたが、雇用統計でいきなり円高に振れた。

よくありがちなパターン。

発表前にクロス円のショートポジションをいくつか保有していたので、もし逆に振れたら大損するところだった。

雇用統計トレ-ドは競馬や宝くじのような娯楽的要素の強いギャンブルだと思えば、多少の損をしても笑っていられる。

もちろんロットを少なくした場合に限るが。
[ 2018/01/06 02:15 ] 雇用統計 | TB(0) | CM(0)

米・雇用統計

日本時間22時30分発表。

アメリカの雇用統計の日なのに、市場はビットコインの話題で独占されている。

ドル円は一時113.377円まで下落したが、すぐに買い戻された。

171209-004.jpg

ドル円10分足チャート。

参加しているトレーダーが少ないのか、いつもより値動きが大人しかった。

ビットコインの変動幅の激しいチャートを見た後では、FXのボラティリティじゃ物足りなくなる。

FXの市場からビットコインに移行するのは当然の流れだろう。
[ 2017/12/09 01:48 ] 雇用統計 | TB(0) | CM(0)

米・雇用統計

日本時間21時30分発表。

指標発表直後は市場予想を下回る雇用者数、賃金の低調な伸びにドルを売り円を買う動きが加速した。

しかし、その後に発表されたISM非製造業景況指数が12年ぶりの高水準に達し、12月の追加利上げが見送られることはないとのコンセンサスが生まれ、ロンドンフィックスあたりからドル買いが再燃した。

移動平均線はフラットな水平線を描き、ドル円は114円前半から113円後半の狭いレンジ相場になった。

987_20171104103002246.jpg

ドル円10分足チャート。

事前に仕込んでいたドル円ロングとユーロドルロングは損益が相殺され、結果トータルで含み損になった。

含み益を伸ばさず、含み損の損切りを躊躇したのが招いた結果だ。

トレーディングに小難しい投資理論や手法などは必要ない。

小手先のテクニックよりメンタルの占める要素が大きい。

メンタルを鍛えるには、とにかく経験を積むしかない。

だが、いくら場数を踏んでも、今回のような初歩的なミスを犯していると、いつまでたっても口座の資産は増えていかないばかりか近い将来の退場もありうるだろう。
[ 2017/11/04 01:08 ] 雇用統計 | TB(0) | CM(0)

米・雇用統計

日本時間午後9時半発表。

非農業部門雇用者数は33万人減少と2010年9月以降7年ぶりの減少で、この結果が好感されドル高円安が進んだ。

そのまま何ごともなく値動きが沈静化すると思いきや、日を跨ぐ寸前に北朝鮮が今週末に米国西海岸に達する規模のミサイルの発射実験を行う計画だとのニュースが報じられる。

直後、リスクオフで円高に振れ、雇用統計の上昇分が帳消しになった。

12345_20171007142100116.jpg

ドル円10分足チャート。

113円台前半から112円台後半まで、1円近く行ってこいの派手なレンジ相場が形成された。

この流れに上手く乗ってポンド円とユーロ円を売って思わぬ利益が獲得できた。
[ 2017/10/07 13:47 ] 雇用統計 | TB(0) | CM(0)

米・雇用統計

日本時間午後9時30分発表。

市場予想を下回る8月の米雇用統計を受けて、円買いドル売りが加速。

ドル円は瞬間的に109円56銭まで買われた。

ただし、8月分の雇用統計は弱めに出る傾向が強く、米労働市場が収縮しているわけではないとの楽観的な見方が広がり、円買いドル売りの動きは続かなかった。

その後、発表されたISM指数は2011年4月以来6年4ヵ月ぶりの高水準となり、米製造業の景況感が上向いているという見方が強まり、米長期金利が上昇、ドルが買われる動きが加速した。

午後11時台には、ドル円は110円50銭まで上昇した。

結局、終値は前日比30銭円安ドル高の1ドル=110円29銭で取引を終えた。

9876_201709021123031cb.jpg

ドル円10分足チャート。

技術的なトラブルで雇用統計がきちんと時間通りに発表されないという噂があったが、無事予定通り発表された。

最初にドル円をロング、ポンド円とユーロ円をショート、ユーロドルをショートと大量に仕込んでおいたが、発表直後は壮絶な又裂きを食らい、かなりの含み損が生じた。

最終的にドルが買われたことにより含み損は減ったが、損切りと利確のタイミングが悪く大きな損失を出してしまった。

勝っているからと油断して、ギャンブル的なトレードをするとこういう結果になる。
[ 2017/09/02 11:19 ] 雇用統計 | TB(0) | CM(0)

米・雇用統計

日本時間21時30分発表。

失業率は16年ぶりの低水準に並び、賃金の伸びも市場予想を上回った。

この結果を受けてドル安円高が進み、ドル円は111円50銭まで上昇。

しかし、週明けから北朝鮮の核ミサイルリスクをマーケットが織り込む動きとなり、週末には雇用統計前の水準を大きく下回る円高になった。

8765_20170814032614783.jpg

ドル円1時間足。

実はリアルタイムで為替を見ることができず、数ヵ月振りに雇用統計トレードに参加できなかった。

もっともネットスピードの不安定な海外で、雇用統計のスキャルピングをやること自体が無謀な試みなのだが。

8月は株安円高になりやすいとというアノマリーがあるが、今年は北朝鮮核ミサイルリスクで儲けようという不届き千万な輩が大勢いそうだ。

なにかのきっかけで底が抜けたような下落相場になることも想定している。
[ 2017/08/08 14:37 ] 雇用統計 | TB(0) | CM(0)

米・雇用統計

7月7日日本時間午後9時半発表。

アメリカの6月の非農業就業者数は、前の月と比べて22万2000人増加し、市場の予想を大幅に上回った。

ドル円は114円台半ばまで推移し、ダウ平均株価も騰がった。

一方、利上げを加速するには賃金の伸びが不十分であり、年内にあと1回を想定している追加の利上げをいつ行うのかが注視されていた。

今週に入ってからは、イエレン議長が“インフレ鈍化を注意深く見て行く姿勢”を示したことで、市場に警戒感が生まれ、若干ドル安円高に振れた。

現在は113円半ばで推移しており、先週末の雇用統計の上げ幅は帳消しになった。

765_2017071311104690b.jpg

ドル円2時間足チャート。

今回は渋谷の居酒屋で友人数名と飲んでいたのでスルー。

正直、雇用統計はやってもやらなくてもどちらでもいい指標になっている。

儲かるリスクより損をするリスクが大きいと判断したときは、無理してエントリーせず見送るようにしている。

VTトレーダーが使用できなくなったので、チャートはSBI証券のモノを使用。

やはり慣れないと使い勝手が悪い。
[ 2017/07/13 10:30 ] 雇用統計 | TB(0) | CM(0)

米・雇用統計

日本時間午後9時30分発表。

非農業部門雇用者数は13万8000人増と、市場予想の18万5000人増を大きく下回り、ドルがほぼすべての通貨に対して売られた。

ドル円は雇用統計前の水準、111円50銭台から110円35銭と1円以上も円高に振れた。

0987_20170603230411e49.jpg

ドル円10分足チャート。

ここで安易に逆張りすると痛い目に遭うわけだが、あえてリスクを犯し両建てで月曜日まで持ち越すことにした。

ドル円ロングのユーロ円、ポンド円ショート。

又裂きだけは避けたいところだが、その可能性がなきにしもあらずという気がしてきた。
[ 2017/06/03 09:35 ] 雇用統計 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき