ロスカット あの日の涙 虹となる

脱VTトレーダー

昨日の夜からVTトレーダーの調子がおかしくなり、今朝方完全に動かなくなった。

現在はログインできない状態になっている。

31525252.jpg

今夜は雇用統計だが、メインツールが使えないのは痛い。

一年に数回、このような事態に遭遇する。

今回の不具合を機に新しいツールに乗り換えようと思う。
スポンサーサイト
[ 2017/07/07 10:18 ] FXツール | TB(0) | CM(0)

ニューマシン

新しいPCを組み立てた。

CPUは今年の3月に発売されたばかりのインテルの「Core i3 7100」。

PCケースはいままでずっとアンテックというメーカーをチョイスしていたが、今回は気分を一新させフラクタルデザインの「Define R5」を選んだ。


202122ab-c82c-4733-b3a6-3e1f1cd160f0.jpg

びっくりしたのはその静音レベル。

防音性に優れた高密度吸音素材を使用しているらしいが、負荷をかけてもまったくといっていいほど内部の動作音が目立たない。

静音クーラーを装着しているとはいえ、現在メインで使用しているPCケースとは雲泥の差だ。

地味なケースだけど、このケースを選んで正解だった。

今のところとくにトラブルもなく順調に動いている。

PCを新調したら、いがいなほど気分よくトレードできていることに自分でも驚いている。
[ 2017/06/27 08:21 ] FXツール | TB(0) | CM(0)

トレードルーム全球写真

トレードルームをリコーのシータで撮ってみた。

何回も取り直したうちの一枚。露出が難しい。

トレードルーム。 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


今のところモニターの数は11枚だが、為替だけでなく株やコモディティもやるとなるとまだ足りないと感じている。

引っ越したらさらに増やすつもりだ。
[ 2016/12/06 07:09 ] FXツール | TB(0) | CM(0)

トレード環境

新しいモニターを2台追加して、配置も変えた。

Cwc4yS3UsAAd2Gv.jpg

モニターの数は合計12台になり、監視している通貨ペアも増えた。

それに比例して稼ぎも増えてくれればいいのだが。
[ 2016/11/04 20:58 ] FXツール | TB(0) | CM(0)

VTトレーダーでインディケーターのラベルを消す方法

VTトレーダーでインディケーターを増やしていくと、ラベルが増えてチャートが汚くなってくる。

これを消してしまう方法。

151216-006.jpg

まず、メニューのタブから「チャート」をクリック。

次にレイヤーをクリック。

その次の階層に「インディケーターラベル」があるので、クリックしてチェックをはずす。

151216-007.jpg

これでスッキリとしたチャートになった。
[ 2015/12/16 18:35 ] FXツール | TB(0) | CM(0)

VTトレーダー復活!

アメリカ本家のCMSからVTトレーダーをダウンロードができた。

取引できる通貨が6通貨ペアしかないが、そのかわり原油や金などのコモディティが充実している。

vt
日本のVTトレーダーよりも軽くなっている印象。

一度VTトレーダーを使うと、もう他のソフトは使えなくなってくる。
[ 2015/12/16 05:43 ] FXツール | TB(0) | CM(0)

ビデオカード追加

ギガバイトの「GeForce GT 730」搭載ビデオカードを購入。

補助電源も必要がなく、お手軽に3画面出力が可能なコスパ重視のビデオカード。

昔は1台のPCで4画面出力するためには、10万円以上の初期投資が必要だったが、今や1万円もかからない。

いい時代になったものだ。

09_20150401193537d46.jpg

ボクの場合、一台で10モニター、ノートPCやタブレットも合わせると13モニターでトレードしていることになる。

不具合もなく、FXや株をやるには最高の環境が整いつつある。

周りの敏腕トレーダーさん達と比べると動かしている資金はしょぼいが、トレードルームだけは誰よりも負けないくらいのゴージャス仕様になったわ。

次回引っ越すときは大変だろうなと今から覚悟している。
[ 2015/04/01 19:37 ] FXツール | TB(0) | CM(0)

FXお勧めアプリの紹介

この“FX ORDER”ってアプリ、いがいと便利。

9888.jpg

毎日、FX取引の大口のオーダー注文が更新される。

ここしばらく120円の節目を突破すると、そのまま見えない壁に跳ね返され119円台まで戻されるという動きが目立つが、どうやら120円台前半をはさんだオプションバリアをめぐる攻防が続いている模様。


3336.jpg


もっともこの情報すべてを鵜呑みにしてトレードするのは危険だけど、ある程度の目安になることは確かだ。

すべての機能を使えるようにするには月額2200円払って会員にならなきゃいけないのだが、個人的にはドル円のオプションバリアの情報を提供してくれるだけでも十分。

スマートフォンを使っている人なら、是非お勧めしたいアプリのひとつです。
[ 2015/03/04 02:26 ] FXツール | TB(0) | CM(0)

トレード環境について

トレーディングはノートPC一台でもできる。

しかし、仕事として本気でとりくむのであれば最低限の設備が必要になる。

一般的に専業トレーダーは幾つものモニターを並べてトレードしているというイメージがあるようだが、一日のうちに頻繁に売買するのであれば、やはりある程度のモニターの数を揃えたほうがなにかと便利だ。

モニターの数が多ければより多くのチャートを同時に見ることができ、いちいち画面表示を切り替えるといったわずらわしさからも解消される。

「木を見て森を見ず」という諺があるが、日足、4時間足、1時間足、15分足などといった複数の時間軸を比較することによって、相場の全体の流れを俯瞰できる。

このように複数の時間軸を同時に見ながら相場状況を読むことを、マルチタイムフレーム分析と呼ぶ。

ただ、個人的には全ての時間足チャートをチェックする必要はないと考えている。

とくにスキャルピングのような極端な短期トレードの場合、1時間足や日足を見てもあまり意味がない。

またスイングトレードであれば、ティックチャートや1分足などを表示させると、どこでエントリーしていいかかえって混乱が生じてしまうだろう。

僕自身はマルチタイムフレームよりも、同じ時間軸で他の通貨ペアを比較することが大切だと思っている。

ユーロ円の取引を行うにしても、ユーロドルやドル円などの通過ペアを同時に見ることによって、どの通貨がより強いトレンドを形成しているか、その相関関係が視覚的に確認できる。

監視する通貨ペアが多ければ多いほど、エントリーチャンスが多くなる。

また異なるFX会社のチャートを同じ通貨で表示させておくと、レートの微妙な違いが見て取れるだろう。

NYダウ、日経平均株価、金や原油、VIX指数といった為替以外のチャートも表示させておくと、投資家の資金の流れがより大局的に把握できる。

一度マルチディスプレイの環境を体験したら、もうノートPC一台ではトレードできないことを痛感するだろう。

FX会社も2つ以上の口座を開設しておくことをお勧めする。

理由はFX会社のサーバーがダウンするリスクに備える為だ。

チャートのレートが固まっていても、実際のレートは動いている。

サーバーダウンしている最中になんらかの材料で大きな値動きが発生したときに、逆指値注文を入れておいた場合でも、指定されていたレートで約定しないケースもある。

万が一大きな損失がでても、FX会社が保証してくれるとは限らない。

このリスクを他のFX会社の口座で建玉の反対の方向のポジションを持ち、両建てすることによって回避するのである。

突然フリーズしたときの予備として、PCも最低2台用意しておいたほうがいい。

起こりうる最悪のケースを想定して、さまざまなヘッジをかけておくと、いざというときに慌てなくて済む。


P1011312.jpg

僕のトレード部屋。

モノクロ写真で見にくいが、右から27インチモニターでクロス円の5分足を表示させており、その他はすべてクロス円の1分足チャートを表示させている。

発注は手前のノートPCで行う。

快適なトレード環境を整えることによって、精神的にも余裕ができ、それだけ勝ちやすくなるといえるだろう。

[ 2014/02/16 21:23 ] FXツール | TB(0) | CM(0)

FX最強ツール

MT4に匹敵するFXチャートソフト、VT Trader2.0だが、日本の代理店は撤退してしまった。

しかし、CMS Forexの“My Account”のページで今もダウンロードできる。

↑のURLにアクセスすると、画面右側の『Open a Free Practice Account』よりデモ講座の申し込みが可能。

Country:はJAPANに設定。

Contact Phone:のCountry Codeは81(日本)、City Codeは市外局番。

※登録するメールアドレスがチャートソフトのログインIDになる。

※パスワードはそのままログインパスワード。

メールアドレスと市内局番は適当に書いても問題ない。

すべてを記入し、Sign Up!ボタンを押すと、【Install Now】のボタンが表示されたページへジャンプする。

そのままクリックすれば、インストールされる。

僕はライブ口座でトレードするのではなく、デモ口座のみでVTを使っている。

海外のCMS Forexで口座をもっていなくても、すべての機能が使えるのがありがたい。

正直このツールがなかったら、僕はFXの専業になっていなかった。

無料であることが信じられないくらいの優れたツールだと思う。
[ 2012/10/11 11:11 ] FXツール | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき