ロスカット あの日の涙 虹となる

バンコクで一番美味しい屋台

バンコク行くと必ず寄るお店のひとつ、ラープ・ランスアン“Larp Langsuan”。

ジモッティーのあいだでも美味しいと評判で、夕方いくとけっこう混んでいる。

メインはイサーン(タイ東北部)料理なのだが、それほど辛くなくマイルドで日本人の口に合う。

そして、なんといっても安い!←これ重要☆

写真のメニュー、ビール2本とガイヤーンとソムタム、トムヤンクンスープを頼んで280B。

なんと1000円しない。

とくにガイヤーン(タイ風チキン)がジューシーでいくらでも食える。

テーブルの上に猫が休んでいるような超庶民的な食堂なので、一人でぶらりとよっても問題なし。

イサーン鍋(チムチョム)も有名で、ランチタイムにつつくOLの姿も見かける。

タイが始めての人にもお奨めできる個人的に今一番お気に入りのお店。


1590212_953399479_177large.jpg


場所はちょっと分かりづらい。

BTSのラチャダムリ駅で下車し、リージェントホテルとペニンシュラプラザの間の道を入っていって、マンションの駐車場みたいな所を目指す。

そこで突き当たりのように錯覚するが、そこから幅2メートルくらいの小道が先へと伸びている。

その小道を突き当りまで行って右折すると、お店で飼っている猫が出迎えてくれるはずだ。

日本では衛生面から食堂にペットがいるなんてありえないんだが、そのあたりのユルさもタイっぽくて好きだ。
スポンサーサイト
[ 2018/02/06 09:08 ] | TB(0) | CM(0)

渋谷南国亭

金曜日の夜、渋谷で中華料理店「南国亭」でオフ会。

お店の奥には大きな円卓があり、まさにシータで撮ってくださいといわんばかりのシチュエーションだった。

Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

[ 2018/01/25 22:28 ] | TB(0) | CM(0)

浅草「本とさや」

浅草で一番美味しいと評判の焼肉屋「本とさや」を訪問。

東京でもとくに外人観光客が多い場所だけに、お客さんも韓国人、台湾人、中国人が目立つ。

とくに焼肉の本場、韓国人が大挙して訪れているのは、ここがいかにいい肉を仕込んでいるかということを物語っている。

27067200_1478824782239445_426598249650387300_n.jpg

お値段もリ-ズナブルだし、混んでいるのも十分納得できるお店であった。
[ 2018/01/25 02:40 ] | TB(0) | CM(0)

マンゴツリー

バンコクでそこそこ有名な高級タイ料理レストラン「マンゴツリー」の東京支店を訪問。

お試しにランチコースをオーダー。

19905075_1293598294095429_8742526757673360065_n.jpg

さすがに本場のタイレストランだけあって妥協なき辛さだった。

メニューには「パッタイ」や「ソムタム」といった定番料理はもちろんのこと、マニアックなタイ南部の料理「マッサマンカレー」もある。

日本人の経営しているタイレストランのほとんどは若干日本人向けにアレンジしているが、すべての料理がこのレベルだとしたら日本に住んでいるタイ人も満足するに違いない。

逆にタイに行ったことのない日本人は抵抗を覚えるようなテイストだが、最近はタイリピーターの日本人が多いので十分経営が成り立つのだろう。
[ 2017/12/30 11:10 ] | TB(0) | CM(0)

元祖串かつだるま新世界総本店

大阪の新世界といえば串かつ。

これで1000円ちょっと。

23472143_1412882732166984_6344147512861607429_n.jpg

お腹が減っているのでいくらでも食べられる。

お店の看板メニューは串カツだが、通のあいだでは牛すじ煮込みが絶品らしい。

また次回、食べに来よう。
[ 2017/12/25 13:11 ] | TB(0) | CM(0)

難波屋

日本で一番コスパがいいと噂の居酒屋「難波屋」で飲む。

鰹のたたき、刺身、ラーメンがすべて250円、しかも美味しい。

深夜遅くまでお客さんで混んでいるのも納得のお店だった。

23517521_1412827905505800_3098693571461792679_n.jpg

場所は大阪の西成。

日雇い労働者の街として知られるが、近年は再開発でオシャレなゲストハウスも多く、危険な雰囲気はない。

阿倍野ハルカスや通天閣からも歩いて行ける距離だ。

家賃も安く、もし大阪で住むんだったら最有力候補に挙げるほど気に入っている。
[ 2017/12/25 06:17 ] | TB(0) | CM(0)

Sabsaded 68 Asok Montri Rd

アソークの激安イサーン料理屋 「Sabsaded」にてバンコク最後の晩餐。

8585.jpg

5人で食べ放題飲み放題で一人400B。

日本でこのクオリティのタイ料理を食べたら一人5千円は軽くオーバーするだろう。

タイに来る最大の楽しみは美味しいタイ料理を死ぬほど食べることといっても過言ではない。
[ 2017/08/18 02:41 ] | TB(0) | CM(0)

Bei Otto

バンコクで本格的なドイツ料理が気軽に楽しめるお店として人気のある「ベイオットー」で遅いブランチ。

7654_20170817012217384.jpg

イサーン料理とシンハビールの組み合わせもおいしいけど、ソーセージとドイツビールの最強セットにはかなわない。

このお店の料理は1品1品ボリュームがあって、何を食べても美味しい。

店内の雰囲気も老舗のドイツ料理店の風格があって、温かみが感じられる。

ちなみにお値段は本国ドイツで食べるのとほとんど変わらない。

ベイオットーが繁盛する理由の一つとしてタイ人の食生活における本物志向がある。

この数年のタイの急速な経済発展を背景に、リッチになったタイ人は世界中を旅するようになった。

そんなタイ人が世界各地で本場の味を知ることで、自国に戻っても旅先での味や美味しさ、その国の料理の「旬の味覚」までもを求めるようになってきた。

さらにタイには異なる文化や人種を受け入れる許容性があり、それが世界中の多くの人がこの国を訪れる大きな魅力となっている。

「ベイオットー」のようなドイツ料理店の厨房には、本国で成功したドイツ人のシェフが仕切っているケースが多い。

トンローの数多い日本料理店には、著名な日本の料亭で修業を積んだ板前がいることも珍しくない。

世界各国の本格的な料理が楽しめるグローバルな土壌がタイにはある。

バンコクが世界有数のグルメシティーとして、東京やNYのような大都市と肩を並べる日も近い気がする。
[ 2017/08/17 00:46 ] | TB(0) | CM(0)

TWG Tea Siam Paragon

サイアムパラゴンの「TWG Tea Siam Paragon」で優雅なティータイム。

パラゴンには、マンダリン・オリエンタルの直営ショップ「オーサーズラウンジ」もあるが、こっちの店の方が紅茶専門店ならではのこだわりがあって、メニューも豊富だ。

スタッフに自分の好みを伝えて選んでもらい、紅茶の新しい世界を開拓するという楽しみもある。

ショップオリジナルブレンドのダージリンティーのあまりの美味しさに感動した。

41411414.jpg

3段のプレートで提供される「“オートクチュール”アフタヌーンティー」もお薦め。

850Bとちょっぴり値が張るが、スイーツ好きの女性と一緒ならテンションマックスで盛り上がること間違いなしだ。
[ 2017/08/16 23:01 ] | TB(0) | CM(0)

Peppina at Sukhumvit Soi31

バンコク在住の友人に、タイで今一番美味しいと評判のイタリア料理のお店「ぺッピーナ」に連れていってもらった。

8976_20170815214944378.jpg

場所はBTSのアソークから徒歩10分。

いつ行っても満員なので予約は必須だ。

オーナーシェフのPaolo Vitaletti氏はローマ出身のイタリア人。

フォーシーズンズホテルなどの高級ホテルのシェフとして世界中を渡り歩き、20年以上のキャリアを誇っている。

そんな彼が満を持して、2年前にわざわざイタリアから2.5tの本格的なピザ窯を導入してオープンさせたのがこのお店だ。

とくにナポリピザは有名で、ランチタイムはほとんどの客がオーダーしているほどだという。

写真はパルマ産のプロシュートの盛り合わせ。

大きなジョッキに注がれるクラフトビールが超絶ウマかった。
[ 2017/08/15 21:32 ] | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき