FC2ブログ
ロスカット あの日の涙 虹となる

崇仁新町

第一旭の前の道路を渡ったところに2年半限定で大規模な屋台街ができている。

バンコクやチェンマイの屋台街を彷彿させる雰囲気。

残念ながら味とお値段の方はイマイチだったが、こうした屋台街がもっと流行ってくれると嬉しい。

525252_20181016134712e56.jpg
スポンサーサイト
[ 2018/10/16 13:46 ] | TB(0) | CM(0)

いきなりステーキ

近所にいきなり「いきなりステーキ」ができてた。

初日にキャンペーンでリブステーキの特売をやっていたので、300グラムをオーダーした。

お会計は2千円ちょっとでそのコスパの高さに驚いた。

以来、3日に1回のペースで通っている。

都内のいきなりステーキは基本的に立ち食いのお店が多いのだが、ここは座って食べれるのが大きなアドバンテージだ。

42278874_1759862484135672_1996569685608366080_o.jpg

ちなみに肉を多く摂っている人は、同年代のそうでない人に比べて、癌によって死亡するリスクが4倍になるというデータがある。

このリスクの高さは喫煙に匹敵するらしい。

それでも、肉好きの自分としては誘惑を抑えられないんだよね。
[ 2018/09/22 10:56 ] | TB(0) | CM(1)

葵丸進

久々の東京。

ランチは浅草で天丼が旨いと評判のお店へ。

42095876_1754481811340406_5862006261637185536_n.jpg

この季節限定の「秋の味覚天丼」をオーダーしたが、正直なところイマイチな味だった。

にも関わらず、お店の前は観光客ですごい行列ができている。

おそらく地元の人はこの店に来ないだろうが、それにしてもなぜ混んでいるのかさっぱりわからなかった。
[ 2018/09/18 08:44 ] | TB(0) | CM(0)

焼肉 章

SNSでおいしいと評判の焼肉屋に、災害ボランティア関係の人たちと行ってきた。

食べログの評価は鵜呑みにしてないが、このお店の肉の味を知ってしまうと、もう他の焼肉チェーン店の肉は口にできない。

お値段は決して安いとはいえないが、行ってみて絶対に後悔しないレベルであることは間違いない。

とくにタン塩は口の中でとろけそうな、まるで極上のトロにも似た感触があった。

自宅の近くにこれだけのクオリティの高い焼肉屋があることに感謝しなければならない。

40325531_1733142173474370_8801491516926197760_n.jpg

40332183_1733141953474392_8026371819759992832_n.jpg

40304219_1733142143474373_10430031725592576_n.jpg

40259630_1733142030141051_4265712942307082240_n.jpg

40247124_1733142066807714_1484911155053854720_n.jpg
[ 2018/09/01 15:34 ] | TB(0) | CM(0)

日本のタイ料理屋さんで思ったこと

名古屋で高い評価を得ているタイ料理店「スコンター」に行ってみた。

37918123_1681759718612616_3883113750886088704_n.jpg

写真のカオマンガイが1280円。

タイでは40バーツぐらいなので、およそ10倍近くの値段ってことになる。

まぁ、値段の高さはしかたがないにしても、タイの屋台では必ずついてくるダイコンのスープもない。

日本で鰻丼をオーダーすると必ず肝吸いが付いてくるように、カオマンガイにダイコンのスープがつくのはあたりまえであり、手を抜いているとしかいいようがない。

海外で寿司を食うと悲惨なケースに遭遇することが少なくないが、同じように日本でタイ料理を食うと失望することが多い。

そもそもカオマンガイは屋台で食べる料理なので、それを日本の高級タイ料理屋でオーダーしたのが間違っていたと若干後悔した。
[ 2018/07/28 09:08 ] | TB(0) | CM(0)

うなぎの店 そらは青いぞ

岐阜県関市はおいしい鰻屋がたくさんあることで知られる。

辻屋、しげ吉、みよし亭、孫六は、食べログでも高評価を得ており、名古屋などの遠方からわざわざ食べにくるほどだ。

そんな鰻のまちである関市において、地元の人でも知らない名店がある。

「そらは青いぞ」というインパクトのある名前のお店で、山のふもとにある民家を借り、ひっそりと経営している。

37403525_1666698796785375_8726616196708827136_n.jpg

41414.jpg

関市の鰻は、濃い目のタレをかけて、がっつりと炭火で焼き上げる。

したがって黒く焦げ目が入った鰻が多いが、このお店ではそこまで焦げ目をつけない。

鰻は浜松産の養殖で、ボリュームがあって分厚い。

これがどんぶりの中に重なって入っている。

タレは、自家製の蜂蜜から作られた完全オリジナル。

基本的に予約制で、営業はお昼のみ。

たまに夜もやっているが、お客はほとんど常連さんだ。

ゲストが来店してから鰻をさばいて焼くので、鰻丼がでてくるまでかなり待たされる。

しかし、味は本物であることを保証する。

このお店の鰻を食べに来るだけのために関市を訪れる価値があるといっても過言ではない。
[ 2018/07/17 22:02 ] | TB(0) | CM(0)

芦屋むら玄

オーナーはコシノヒロコさんのご主人。

趣味の蕎麦打ちが高じて開かれたこだわりのお蕎麦屋さん。

有馬温泉へ向かう芦有ドライブウェイ入口の側道を入ったところにある。

ミシュランガイド関西編にも選ばれただけあって、上品なテイスト。

蕎麦はもちろんのこと蕎麦湯も濃厚で美味しい。

31882747_1577319395723316_4259467067721252864_n.jpg

ざる蕎麦が1100円。

大盛りをオーダーしたら丁重に断られてしまった。

大衆食堂のつもりで入るとお店の雰囲気と値段の高さに面食らう。
[ 2018/05/31 01:56 ] | TB(0) | CM(0)

カフェぷらな

リニューアルオープンしてしばらくご無沙汰していた近所のカフェ。

いつのまにかメニューも刷新されていた。

0987_2018041717485792a.jpg

お店の雰囲気はおろか、客層も変わっていた。

もちろんお値段も。

それでも、1000円でメインディッシュに、ヴォリュームのあるシフォンケーキ、さらに美味しいコーヒーも付いてくる。

常連になってしまいそうだ。
[ 2018/04/17 17:56 ] | TB(0) | CM(0)

バンコクで一番美味しい屋台

バンコク行くと必ず寄るお店のひとつ、ラープ・ランスアン“Larp Langsuan”。

ジモッティーのあいだでも美味しいと評判で、夕方いくとけっこう混んでいる。

メインはイサーン(タイ東北部)料理なのだが、それほど辛くなくマイルドで日本人の口に合う。

そして、なんといっても安い!←これ重要☆

写真のメニュー、ビール2本とガイヤーンとソムタム、トムヤンクンスープを頼んで280B。

なんと1000円しない。

とくにガイヤーン(タイ風チキン)がジューシーでいくらでも食える。

テーブルの上に猫が休んでいるような超庶民的な食堂なので、一人でぶらりとよっても問題なし。

イサーン鍋(チムチョム)も有名で、ランチタイムにつつくOLの姿も見かける。

タイが始めての人にもお奨めできる個人的に今一番お気に入りのお店。


1590212_953399479_177large.jpg


場所はちょっと分かりづらい。

BTSのラチャダムリ駅で下車し、リージェントホテルとペニンシュラプラザの間の道を入っていって、マンションの駐車場みたいな所を目指す。

そこで突き当たりのように錯覚するが、そこから幅2メートルくらいの小道が先へと伸びている。

その小道を突き当りまで行って右折すると、お店で飼っている猫が出迎えてくれるはずだ。

日本では衛生面から食堂にペットがいるなんてありえないんだが、そのあたりのユルさもタイっぽくて好きだ。
[ 2018/02/06 09:08 ] | TB(0) | CM(0)

渋谷南国亭

金曜日の夜、渋谷で中華料理店「南国亭」でオフ会。

お店の奥には大きな円卓があり、まさにシータで撮ってくださいといわんばかりのシチュエーションだった。

Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

[ 2018/01/25 22:28 ] | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき