ロスカット あの日の涙 虹となる

GPIFの運用成績

アメリカのカルフォルニア州にカルパースという公的年金基金がある。

カルフォルニア州の公務員の年金基金で、ここ10年で平均15%もの運用成績をあげている。

シンガポールのGICも積極的にリスクを取っていく政府系ファンドとして知られており、ここ20年の平均利回りは9.9%と抜群の実績を誇っている。

一方、世界最大級の資産を運用する日本の年金積立金管理運用独立行政法人GPIFの運用成績は、先日報道されたようにお寒い状況となっている。

2015年度の運用実績は5.3兆円の赤字であり、お世辞にも優れたパフォーマンスとはいいがたい。

GPIFが保有している国内株式の運用額は30兆5809億円であり、今後はさらに株式の割合を増やしていく予定だという。

今回の日銀の黒田バズーガ砲で若干日経平均があがったにせよ、一抹の不安を感じないでもない。

バリュー株投資で知られる投資家の五月さんは、ここ2年で25億の資産を100億と4倍に増やしたそうだ。

ウォーレン・バフェット顔負けの資産運用である。

日本政府も三顧の礼でもって五月さんに年金の運用をお任せしてみてはどうだろうか。

それが無理なら、海外から強力な助っ人ファンドマネージャーをスカウトした方がいいと思うね、マジで。
スポンサーサイト
[ 2016/09/23 03:01 ] 投資 | TB(0) | CM(0)

クジラの動向を知る

マーケットには「クジラ」と呼ばれる大物機関投資家がいる。

今の日本株市場にはクジラが全部で5頭いるといわれている。

筆頭格は、すでに昨年から活発に動いている年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)だ。

運用額は110兆円といわれるが、その種銭は我々の税金だ。

あとの4頭は地方公務員共済年金、かんぽ生命保険、ゆうちょ銀行、日銀だ。

クジラの影響はとても大きく、彼らが動き始めたときはメイントレンドが本格化する兆しなので、我々個人投資家はその動きについていくしかない。

ちなみにGPIFの今年の6月末時点での運用資産額は過去最高の約141兆円で、運用実績は2兆6489億円の黒字と堅調だった。

しかし、値動きが激しい株式市場にここまで巨額の公的資金をつぎこむとは、日本政府もとんでもないギャンブルをしているなといつも思う。
[ 2015/10/10 07:42 ] 投資 | TB(0) | CM(0)

FXに手を出さないほうがいい人

人生は短い。不得意なことの改善にあまり時間を使ってはならない。 -ピーター・F・ドラッカー-。

2014年6月、FXの怖さを垣間見る事件があった。

伊藤忠商事の元社員が、出向先の関連会社で架空の請求書を捏造し、会社から6億2千万あまりを着服したとして警察に逮捕された。

横領した金はFXにつぎこみ、ほとんど残っていなかったという。

この元社員は関西の名門である灘中学、灘高校から東大に進学、大学院まで進み、伊藤忠商事に入社していたエリートであった。

「投資とは知能指数160の人間が130の人間を倒すゲームではない。」

世界的な投資家、ウォーレン・ヴァフェットの言葉であるが、高い教育を受け、十分な知的能力を備えた人物でも、必ずしも投資の世界で成功するわけではない。

人には向き不向きがあり、株やFXをはじめとする賭け事全般に向かない人がいる。

まず、やりはじめる以前からFXで大儲けできると楽天的に考えている人は、最初は上手くいってもどこかで大きな失敗をしやすい。

必ず儲かる投資術、どこかに自分の知らない聖杯が存在すると思っている人も、この不確実性の高いゲームには向いていないだろう。

そういう人はネットに出回っている怪しいFX商材に高いお金をつぎ込んでしまいかねない。

一回一回のトレードの勝ち負けに一喜一憂してしまう人、心理的に絶対に損失を認められない人、負けが込むと感情的に熱くなって冷静さを失ってしまう人も要注意だ。

損を取り返そうと必死になるあまり、リスク管理が疎かになり、投資資金の全額を失うことになりかねない。

先の伊藤忠商事の元社員もこの手のタイプの人だったのではないかと思われる。

負けず嫌いの人ほど、損をした分を損した分野で取り返そうと負のスパイラルに嵌りがちになる。

負け続けると一発逆転を狙って取引がやめられず、どうしても引き下がれない意地の大勝負を仕掛けてしまう。

気が付いたときには口座のお金が尽きているという退場パターンは初心者によくあるケースだ。

そこでさらに口座に追加の証拠金を入れることで、ますます市場の肥やしになっていく。

逆にトレーディングに向く人は、いわゆる“博才”を持っている根っからのギャンブラーだ。

この世界で大きく勝っている人は元パチスロであったり、麻雀がプロ級に上手かったり、あらゆる勝負ごとに無類の強さを誇っている人が少なくない。

将棋や囲碁、チェスなど、どうやったら勝てるのかを自分で考えて、ゲームを論理的に攻略することが好きな人もトレードに向いているといえそうだ。

為替のマーケットは世界最大級のオンラインゲームであり、お金の争奪戦だ。

個人投資家だけでなく、世界中の企業、政府、銀行、ヘッジファンドなど、巨額なマネーが集まり、参加者全員がリスクを取り、ガチンコの勝負をしている。

そこで勝ち抜くというのは、世界で最も難しいゲームで勝つことといっても過言ではない。

では、圧倒的なスキルと情報を持つプロのトレーダーを相手にしてどのように挑めばいいのだろうか。

一番易しい解答は“勝負から降りること”だ。

「君子危うきに近寄らず」という諺があるが、FXという投資が自分に向いていないとわかったら早めに撤退することも、賢い選択肢のひとつだといえよう。
[ 2014/11/07 03:22 ] 投資 | TB(0) | CM(0)

デイトレードのすすめ

現在、投資の世界で最も成功している人物はアメリカ人の投資家ウォーレン・バフェットであることに異論を唱える人はいないだろう。

バフェットの投資哲学は一貫している。

“投資家自身がその事業の何たるかを理解していると信じ、かつその経営陣を完全に信頼することのできる企業にまとまった額の投資をすること”である。

彼はマーケットで割安に放置されている優良企業を長期保有する、いわゆる徹底したバイ・アンド・ボールドによって巨万の富を築いてきた。

2007年にはビルゲイツを抜き世界一の富豪となったが、その圧倒的なパフォーマンスは1900年代を通して上昇し続けてきたアメリカ株に投資していたからこそ達成できたといえる。

gc.gif

↑のチャートは直近20年のNYダウ平均のチャートであるが、途中2008年のリーマンショックで大幅に下落しているものの、その後は順調に右肩上がりで上昇を続けており、2013年の12月末には1万6576ドルの過去最高値を付けている。

gc (1)

↑のチャートは同じく直近20年の日経平均株価である。

1989年末に、史上最高値38,957円44銭を付けたのをピークに、米国株と連動するレンジ相場を形成しながら緩やかに下降している。

バフェットは90年代以降もダウ平均とリンクするように爆発的に資産を増やしてきたが、もし日本企業の株に投資していたらどうなっていたであろうか。

あるいは、もしヴァフェットが日本に生まれていたならと想像してみる。

少なくとも現在を上回る資産を築けたかどうか疑わしいと思わざるを得ない。

バフェットはその存在自体が神話であり、生きた伝説であり、まさにアメリカンドリームを体現したような投資家であると思う。

1929年の世界恐慌の翌年に生まれ、その後は半世紀にわたって大きな株価暴落に遭遇することなく順風満帆な投資家人生を過ごしたのも強運に恵まれていたとしかいいようがない。

今の時代にバフェットと同じように長期的な視点で価値のある企業に投資して多大な利益を出すことはほぼ奇跡に近い。

近い将来、バフェットを超える資産を持つ投資家は現れるかもしれないが、それは彼のような長期のポジションを持つ投資スタイルではないだろう。

現在の株式市場は、投資銀行やヘッジファンドなどの機関投資家同士の戦場と化しており、個人投資家がバリュー投資を軸とした戦略で参戦できる場所ではなくなくってきている。

近年になって主流になりつつあるのが高速コンピューターを駆使したアルゴリズム取引だ。

高度なプログラムを組んだコンピューターシステムが株価や出来高などに応じて、自動的に売買注文のタイミングや数量を決めて1000分の1秒単位でトレーディングを繰り返す取引をしているのである。

いかに高速に取引するかがパフォーマンスに影響してくるため、プロムラムを走らせるサーバーをわざわざ証券取引所のデータセンターの近くにおくほどの熾烈な戦いの場になっている。

いまや東証や米国株式市場の約7割がアルゴリズム取引だというデータもあるが、このような状況下では個人投資家が極めて不利であることは自明であろう。

株式市場に限らず、現在のマーケットでは短期売買が主流になっている。

為替市場も例外ではなく、インターバンクのボードディーラーをはじめプロの機関投資家は一部の例外を除いて一日のうちにポジションを閉じるデイトレードで参入しているケースが多い。

一般的にデイトレードのような短期トレードは、ギャンブル性が高く、長期トレードよりも難しいというイメージがあるが、実際はリスクを管理しやすく、取引する回数が多いため経験を積みやすいなどのメリットは多い。

むしろ、相場の先行きを正確に見通して、一回の取引で大きな利幅を獲得することのほうが困難なのだ。

将来を予測するというリスクを避け、できるだけ損が少ないようにして、小幅の利益を細かく獲得していくのがデイトレードのスタイルである。

取引するタイムスパンが短ければ短いほど、ファンダメンタルズで判断する要素は減り、直近の値動き重視のトレーディングになる。

少額でも資金を効率的に回転させ、トレードスキルを磨きさえすれば、爆発的に資産を増やすことも不可能ではないのだ。

FXで成功している個人投資家のほとんどがこのスタイルで取引しているといっても過言ではない。

デメリットはエントリーする回数が多い分、それだけ取引コストが多くかかることと、リアルタイムで相場状況を見ていなければならないことだろう。

デイトレードで気を付けなければならないのは、一度決めた時間軸を途中で変更しないことだ。

5分足チャートでポジションを取ったのなら、5分足チャートで完結させなくてはいけない。

含み損が発生したからといって、短期の時間軸から1時間足チャートのような長期の時間軸に変更するようなことはあってはならない。

このようなトレードを行うと損失の傷口を広げるばかりか、最悪のケースとしては退場につながる致命傷を負いかねないので注意しなければならない。
[ 2014/04/02 03:42 ] 投資 | TB(0) | CM(0)

ゼネラリスト

!

今週の週刊スパは株&為替特集。

去年の大阪オフでお会いしたむらやんさんやテスタさん、ケムさんら辣腕トレーダーの裏ワザ?が惜しみなく公開されている。

中でも特筆すべきなのが武者修行中さんのパフォーマンスだ。

今年の1月だけで1億3千万超の爆益!

今年に入って大きく勝っているのは相場の怖さを知らない超初心者か、彼のように酸いも甘いも噛み分けたキャリアのある上級者だろう。

バブルの予兆を敏感に察知する嗅覚の鋭さはもちろんのこと、何年に一度しかないこの大相場で果敢に攻めることができるか否かが投資家としての器を左右する。

もはや比較するレベルではないとはいえ、同じ土俵で戦っている専業トレーダーとして生きていて恥ずかしくなってくる。

将棋の世界の定説では、ゼネラリストでなければプロでは生きていけないといわれている。

というのも、将棋の戦法は20以上、細かく分ければ300以上あってそのすべてに通じていなければ上位棋士と互角に戦えないらしい。

得意戦法だけ戦っていてはすぐにほかの棋士に研究され、弱点をつかれてしまうのだ。

たとえば羽生善治棋士は、矢倉があり、腰掛け銀があり、振り飛車があり、総横歩取りありと、戦う相手によってコロコロと戦法を変えることで有名だ。

彼に限らず、現在の将棋界では戦術を固定しないで、ありとあらゆるスタイルを柔軟に使い分ける人でなければ最終的に上位にいけないという自然淘汰がおこっている。

今生き残っているトレーダーも、リーマンショックから原発震災リスク、さらに今回の円安バブルと相場の変化にフレシキブルに対応し、コンスタントに安定した利益をあげる。

まさにそんなゼネラリストばかりだわ。
[ 2013/02/25 01:32 ] 投資 | TB(0) | CM(0)

智者は時に後れず、勇者は決を留めず

2009年、最も報酬額の多かったヘッジファンドマネージャーのランキングが業界誌「アブソリュート・リターン・プラス・アルファ」から発表になった。

ヘッジファンドマネージャーのランキング

去年は好成績を残したファンドマネージャーが続出したという。

「人の行く裏に道あり花の山」という相場格言があるが、彼らは皆「人と同じことをしていては儲からない」ということを実践し、ここぞというところで逆張りで勝負をかけ、多大な成功をおさめてきた。

長い目で見れば、去年の金融危機は、ヘッジファンドを運営する裕福層にとっては資産を増やす絶好の機会だったともいえる。

脳裏に響き渡る例のソロスの言葉。


【資本主義というものは、厳しいいい方をすれば「賢くない人から賢い人へお金が流れるしくみ」である】


ギリシャ懸念でダウ暴落、今年に入ってEUR/USDも最安値更新しているが、叩き売られたところはしっかりと押し目買いを狙っていきたい。
[ 2010/05/05 14:28 ] 投資 | TB(0) | CM(0)

NHKスペシャル「マネー革命」

NHKスペシャル『マネー革命』は、アメリカの金融業界の裏側に迫った1998年放送4回シリーズのドキュメンタリー番組。

時代は、ウォール街を拠点としたヘッジファンドが金融工学を駆使して莫大な利益を上げる一方で、一般投資家にはまだネット株取引が浸透していないころの話である。

この番組の特筆すべきことは、欧米金融界の超大物の単独インタビュー成功につきる。

ジム・ロジャーズのNYの邸宅を訪れたり、ジョージ・ソロスと一緒に故郷のプダペストまで同行したり、CMEを仕切るレオ・メラメッドの生い立ちを訊いたり、今ではコンタクトしたくてもおいそれと接触できないような超セレブがこれでもかとばかり登場し、赤裸々に金融業界の内幕を語っているのである。

企画したのは当時のNHKの辣腕ディレクター相田洋氏。

NHK製作スタッフはそれまで歴史番組や朝の生活情報番組を制作してきたが、金融にまったく縁がなかった。

そこでまず投資関係の本集めに奔走し、猛勉強が始まった。

スタッフルームにはなんと500冊もの本が積み上がったという。

1年にわたる取材・制作期間中、制作スタッフは数々の特ダネをつかんだ。

中でも、ビクター・ニーダーホッファーへのインタビュー成功は、全米のマスコミを驚愕させた。

彼は、1997年10月のアジア通貨危機に遭遇し、たった1日で50億円もの損失を出し破産。

150社以上のマスコミから取材申し込みが殺到していたものの、それまで一切応じていなかったからだ。

実はこのスクープインタビューは、偶然と突撃取材の賜物だったらしい。

取材クルーは当時のマーケットを揺るがす破産騒動で有名だったヘッジファンドLTCMの取材で、まだ撮影許可が取れない中、せめて建物外観だけでも撮影しようとコネチカット州に飛んだ。

ところが、LTCMは別の場所に移転しており、撮影はまったくの空振り。

本来なら、番組のメインコンテンツは「世界最高と呼ばれたアメリカの投資ファンドの破綻」となる予定だったのであるが、その企画が頓挫しようとしていた。

途方に暮れるスタッフの1人が地図を見ると、同じく取材申請をしたものの2か月以上返事がないあの破産投機家・ニーダーホッファーの自宅が近くにあることに気付いた。

とりあえず場所の確認のためと、自宅前まで行った取材クルーは、ダメもとでインターフォンを押してみた。

アメリカでは住居不法侵入罪で訴えられることがあるので、アポ無しはめったにない。

ところが、驚くべきことにニーダーホッファー本人がクルーを敷地内に招き入れ、後日、1週間後、インタビュー撮影に応じたのだ。

世界中でたった1社、NHKだけが特ダネを掴んだ瞬間だった。

今日では、その貴重な映像がWEBでダウンロードできる。

すべてのトレーダー必見ともいっても過言ではない。

ニーダーホッファーは不世出の天才トレーダーと呼ばれていたわけだが、日頃から丹念にデータを分析し、比類なき情熱で相場に挑んでいたのがわかる。

インタビューに答え、破産の日を思い出し、思わず沈黙するニーダーホッファーが痛々しい。

その場面ではいつも感情移入して涙ぐんでしまう。

なぜなら、僕も彼と同じように最初のサブプライム破綻で一瞬にしてサラリーマンの年収の何倍もの額の大金を失ったからだ。

あの心理的なダメージは実際に体験したものでないとわからないだろう。

忘れようと思っても、潜在意識の中に残り、一生そのトラウマが消えることはないのだ。

話はこれだけでは終わらない。

当時、この番組を見て衝撃を受けたひとりの日本人の大学生の若者がいた。

後に彼は株式投資を始め、自らのHNをビクター・ニーダーホッファーから取ることになる。

いうまでもなく、あのBNF氏である。(Victor Niederhofferというつづりなので、本来ならVNHもしくはVNFなのだが)

破産してもなお戦うことををやめず自らの能力を信じて再起に賭けるニーダーホッファーの真摯な姿に感銘を受けたのだろう。

もし彼がこの番組を見ていなかったら、株式投資であれほど成功していなかったかもしれない。

いわば当時のNHKスタッフの尽力が、日本最強のモンスタートレーダーを生むきっかけになったといえる。

そう思うと、また感慨深いものがある。

一見温和に見えるBNF氏の根底には、ビクター・ニーダーホッファーと同じような“熱きトレーダーのスピリッツ”が息づいているに違いない。

そのスキルはもはや、本物のビクター・ニーダーホッファーさえ凌駕しているのかのようだ。

ちなみに僕のHN、ジョンメリは、LTCMのボス、あのジョン・メリウェザーから取った。

だから、BNF氏と同じく名前負けしないようにしなければいけない。
[ 2010/05/01 20:10 ] 投資 | TB(0) | CM(0)

グーグル株

グーグルの株が下落している。

詳細はこちら

チャート的に押し目買いのシャンスかもしれない。

グーグル撤退後の中国ネット検索は百度が独占しているようだが、いずれ中国のネット規制が緩めば再びグーグルが台頭してくるのではないだろうか。

インテリ層は政府の息のかかった「百度」に関しては懐疑的なスタンスだからだ。

中国人の投資家がグーグルの株に殺到する前に仕込んでおきたい。
[ 2010/04/19 01:04 ] 投資 | TB(0) | CM(0)

来週のストラテジー

ゴールドマン提訴とグーグルやAMDの決算を受け、市場センチメントが悪化。

ようやく短期下落トレンド入りか。

ポン円、ユーロ円は日足ダブルトップ形成途中。

下げたところは買いたいし、その後の戻りは売りたい。

[ 2010/04/18 21:54 ] 投資 | TB(0) | CM(0)
賢者のつぶやき
NHKスペシャル
ロイターテッカー
一目均衡表 ドル/円
一目均衡表 ポンド/円
一目均衡表 豪ドル/円
ブログランキング