FC2ブログ
ロスカット あの日の涙 虹となる

バカは死ななきゃ治らない

軽い気持ちで豪ドル円売ったら、なかなか下がらず熱くなりナンピンして被弾。

ついこのあいだ、ひとつひとつのトレードの精度をあげていくと誓ったばかりなのに、またしても同じようなミスを繰り返してしまった。

FXで勝てる肝は、感情的にならないことと同じ失敗を2度としないことだ。

この二つを守れないようでは市場から淘汰されるのも時間の問題だ。

99999_201902200901235f7.jpg

豪ドル円5分足チャート

逆張りが怖いのは、相場の流れに逆らうことで感情のリミッターがハズれやすく、意地になってトレードしてしまうリスクがあること。

自分のようなキレやすい直情型の人間は、そもそも逆張りをしちゃダメなのだ。

おとなしく従来のセオリーに従って、押し目買いと戻り売りに徹したほうが無難だろう。

ロボットのように淡々とトレードできるのが理想だが、それが一番難しい。
スポンサーサイト
[ 2019/02/20 09:03 ] 負けトレード | TB(0) | CM(0)

逆張りの極意

変動幅の大きいポンド円やユ-ロ円を逆張りするときは1回目の陽線、あるいは隠線が出た時にポジションを持っても、さらに一方方向に進んで損切りになるケ-スが多い。

そこで、2回、3回と逆張りを繰り返した場合、1回目は1万通貨。2回目は2万通貨とポジション枚数を倍掛けで増やしていくとト-タルで利益がプラスになる可能性が高くなる。

いわゆるマーティンゲール式トレード。

ただし、逆指値の損切りは必ず遵守すること。

でないと派手な暴落が起きた時に全財産を失いかねない。

このル-ルを守れば、逆張りする際の心理的な抵抗や恐怖といったものが軽減される。

ただし、この技はかなり職人芸的なスキルが要求され、よほどの達人じゃないとエントリーのタイミングが難しく、利益をだすまえにメンタルがやられてしまう。

自分のような感情のコントロールが苦手なトレーダーにとって、逆張りはハイリスク・ローリターンな手法で、含み損を耐えるプロセスにおいて相当なストレスが蓄積される。

FXの達人トレーダーの中には逆張り派も多いけど、ほとんどがドル円がメインで、ポンド円やユーロ円を逆張りして安定して利益を出しているトレーダーは聞いたことがない。
[ 2019/02/19 21:21 ] ストラテジー | TB(0) | CM(0)

熱きチェンマイの夜

チェンマイに到着したばかりの大学生を誘って地元のクラブ、グッドビューで飲む。15年前、バンコクで遊んでいた頃を思い出した。あの頃に出会えた友人達は今でもつきあいがあり、人生の財産になっている。ちなみにチェンマイは無料のクラブが多く、人口30万人ほどの街にしてはどこから人が湧いてきたのと思うほど賑わっている。

52071515_1952784421510143_4588262164443168768_n.jpg

51943307_1952784078176844_3153513779275235328_n.jpg
[ 2019/02/19 10:51 ] 海外旅行 | TB(0) | CM(0)

サイウア

北タイ名物のソーセージ。サイウアと呼ぶ。サイウアに使われる肉は基本的に豚肉のみ。ビジュアルはウ◯コにそっくりだが、これが意外なほどおいしい。焼き上がったサイウアは、アツアツのうちに食べる方がよい。少し焦げ目がつくくらいに香ばしく焼かれたピリッと辛いサイウアは、特にビールのおつまみにピッタリの一品と言えるだろう。また、カオニャオと一緒に食べてもイケる。チェンマイの庶民的なレストランならほぼどこでも注文できる。

50534997_1925280807593838_1183237037344423936_o_2019021817353878b.jpg
[ 2019/02/18 17:36 ] | TB(0) | CM(0)

NoTravel No Life

今回の旅ではっきりと認識したのはもうかってのバックパッカースタイルで長距離移動するのはキツいということ。ドミトリーよりもシングル、バスよりも飛行機と経済性よりも快適性を優先させている。体力よりも旅のエネルギーの源である好奇心の衰えを感じる今日このごろ。これが歳をとるということなのか。しかしながらまだまだ行きたい国はいっぱいある。これはもう病気みたいなもので、身体が健康である限り、資金が尽きるまで何処かの国を放浪する人生を送るのだろう。

51535091_1945874225534496_158639307182047232_o.jpg

51750028_1945874095534509_5243004661425766400_o.jpg

51505962_1952698088185443_345165046743040000_n.jpg

52556973_1952698278185424_1208260852545748992_n.jpg

52123773_1950376235084295_1548040053249277952_n.jpg

52809969_1952805831508002_3776346842502004736_n (1)

51977423_1952806524841266_7989395956682457088_n_20190218191703edf.jpg
[ 2019/02/18 17:12 ] 海外旅行 | TB(0) | CM(0)

海外旅行保険

今回の海外旅行では珍しく長期の保険に入っている。

どこが一番お得か比較検討した結果、ジェイアイ障害火災保険の「t@bihoたびほ」を選んだ。

旅行会社最大手のJTBグループとAIGグループの合弁で作られた保険会社で、 2017年度オリコン顧客満足度ランキンの海外旅行保険部門では、「支払い手続き・対応」で第2位を獲得している。

ネット手続きにおける利便性も高く、例えば旅行出発前に予定が変わり保険の契約を取消したい、あるいは出発日を変更したいという場合でも、ホームページからすぐに手続きができる。

海外では事故や病気が大きな懸念材料だが、ここはキャッシュレスメディカルサービスに提携している病院が、他社と比べて圧倒的に多かったのも選んだ理由のひとつ。

東南アジアでは大病院でも英語が通じる医者が少なく、万が一病気なった時にもダイレクトに日本のサポートセンターに電話できるといサービスも付いている。

渡航先での言葉の通じないという不安が解消されるという安心感は大きい。

これまで数え切れないほど海外旅行をしているが、幸いにもこれといったトラブルに遭遇したことはない。

インドで軽い食当たりとインフルエンザにかかったことぐらいか。

確率的にそろそろ危ないという予感がするので、去年あたりからオプションでマックス契約の保険に加入するようにしている。

ちなみ海外で死亡した場合、死亡保険の金額は3千万円が上限で、それ以上は設定されていないところが多い。

つまり、人の命ってのはだいたいそのくらいの値段ってことだ。
[ 2019/02/18 16:12 ] 保険 | TB(0) | CM(0)

カオソーイ

今や美味い寿司は日本じゃなくても世界中の大都市で食える。でも、本当に美味しいカオソーイはチェンマイに行かなきゃ食べれない。そのことを今回の旅で知ったよ。写真はファンペンのカオソーイ。

52024131_1957315114390407_5514117642987765760_o.jpg
[ 2019/02/18 13:52 ] | TB(0) | CM(0)

back in Chiang Mai

数週間のラオス遠征旅行から脱出し、チェンマイに帰って来た。さっそく友人と合流し、地元の穴場のタイ料理屋に連れていってもらった。日本では見たこともないようなイサーン料理に舌鼓を打ち、人の暖かさと北タイの魅力を改めて実感したのだった。今の季節のチェンマイが一年で一番過ごしやすい。

51826005_1952792134842705_8296965084509372416_n_20190218165438925.jpg
[ 2019/02/18 13:43 ] 海外旅行 | TB(0) | CM(0)

ネット時代の海外旅行者

もう3週間近く東南アジアを旅行しているのに一人の日本人旅行者にも会わない。

これじゃあバックパッカーという言葉も死語になるはずだわ。

自分はとてもいい時代に旅ができたと思う。

さて、インターネットがなかった頃のバックパッカーと今の若い旅行者が決定的に違うのは、SNSを利用していることで多くの視聴者を抱えている点だろう。

本来は孤独で自己完結しているはずの「ひとり旅」が旅先でネットにアクセスすることで、多くのギャラリーとつながっていることを意識しざるを得ない。

海外での貴重な体験は「いいねをもらうためのコンテンツ」になり、画像と動画は多くの人に共有され、自己承認欲求を満たす格好のツールになる。

したがって、昔の旅行者と今の旅行者の思考回路や行動様式が変わってくるのは当然で、非日常的な感覚を求めて海外を旅する時代は完全に終わったのだと思う。
[ 2019/02/18 13:41 ] 海外旅行 | TB(0) | CM(0)

ノンカーイ

タイとラオスの国境の街、ノンカーイ。チェンマイと比べて物価も安く、のんびりしている。この街を訪れるのは9年振りで、以前から泊まってみたかったマットミーゲストハウスに宿泊することができた。シングルで220B。日本円で700円ほど。メコン川沿いのゲストハウスの中で一番安いけど、居心地は抜群だ。

50781394_1925188524269733_2647742368983285760_o.jpg

51616977_1950309885090930_6996787233135001600_n.jpg

50834255_1925098737612045_3710084817203757056_o.jpg

50762738_1925188460936406_4763854983147814912_o.jpg

50508711_1925188644269721_2363030245356863488_o.jpg

50679329_1926244607497458_4574182754840739840_o.jpg
[ 2019/02/17 21:29 ] 海外旅行 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ジョンメリ

Author:ジョンメリ
こんにちわ。ジョンメリと申します。HNはLTCMのジョン・メリウェザーから頂戴しました。トレーダー歴約8年。2006年までは南ア通貨をスワップ金利目的で高レバレッジで運用。しばらく右肩上がりの相場が続き、わが世の春を謳歌していました。が、2007年8月17日にサブプライムローンに端を発する大暴落に遭遇。2008年はベアー・スターンズショックの下落で多大な損失を被り、マーケットから退場せざるを得ませんでした。精神的なダメージから一時は真剣に引退も考えましたが、ここにきてようやく傷も癒えました。現在はデイトレに手法を変え、再び外国為替取引に挑戦しています。

賢者のつぶやき