ロスカット あの日の涙 虹となる

カーニー砲

日本時間午後4時30分発表。

カーニーBOE総裁は「今は利上げの適切な時期ではない」と発言。

EUからの離脱交渉に臨む中で、賃金上昇の鈍化や収入への悪影響に警戒感を示した。

ポンドドルは1.27ドル台半ばから1.26ドル台後半へ、ポンド円は序盤に142.50台まで買われたが、しばらくして141円台前半へと急落。

先週15日の英MPCでは利上げ票が前回の1名から3名に増加したことで対ドルや対円でのポンド買いが強まったが、今回の下げで帳消しになってしまった。

ポンドはボラティリティがハンパないから怖い。

0987_20170620220445919.jpg

ポンドドル5分足。

ポンド円を戻り売りで参戦。

10pips程獲得したが、日が変わるまでポジションを持っていたら100pipsは余裕で取れていた局面だった。

ここで大きく稼げるかどうかがFXが上手い人と下手な人の分水嶺となる。
スポンサーサイト
[ 2017/06/20 21:55 ] 要人発言 | TB(0) | CM(0)

伊吹山登山ナビゲート

滋賀県最高峰で日本百名山にも選ばれている伊吹山に登ってきた。

19243403_1273874502734475_7916788763431617343_o.jpg

午前11時。三ノ宮神社横の伊吹山登山口から、いざ登山開始。

19237989_1273679622753963_441442992861201124_o.jpg

一合目までは緑深い樹林帯が続く。軽いウォーミングアップのつもりで登る。

19264392_1273680669420525_7168771461117375587_o.jpg

二合目からは高原のように広くなる。危険個所はないが登山者泣かせの急登として知られる。

19095672_1273728702749055_1911910795415196995_o.jpg

登山口から3合目までは結構距離がある。頑張って登ったのに「3合目」の看板を見ると、「こんなに登ったのにまだ3合目かよ…」とちょっと衝撃を受ける。

19222714_1273728489415743_483589070352049923_o_20170620102359357.jpg

午後1時。五合目の目印であるベンチに到着。近くに自動販売機もあり、絶好の休憩場所になっている。

19250807_1273874146067844_167496847252667022_o.jpg

ここからはいっさい日陰がないので、晴れた日は帽子などの暑さ対策が必須だ。威圧感ある伊吹山の全容を拝みながら、ひたすら草原の斜面を登っていく。

19222965_1273731566082102_5587634533003922806_o.jpg

登山道はよく整備され、道に迷うことはほとんどない。野生の熊が出るとかの危険性がないので、夜間の登山者も多い。

19242998_1273732109415381_8198462313059044954_o.jpg

午後2時。6合目にある避難小屋に到着。ここまで来るとかなり涼しい。高度が上がるにつれて気温が下がるのを体感できる。

19243286_1273732096082049_3543446405308926557_o.jpg

7合目からの景色。晴れていれば右手後方に琵琶湖が見渡せる。よくここまで登ってきたなとしばし感慨に耽る。

19221705_1273735432748382_5613308334578563955_o.jpg

八合目まで来ると再びベンチがある。最後の休憩場所。ここからは石灰岩の急斜面が多く、滑りやすいので注意が必要。

19221463_1273874729401119_4158623708501579694_o.jpg

午後3時半。頂上にある山小屋が見えてきた。あともう少し。早い人だと一合目から頂上まで二時間あまりで登ってしまうらしい。

19388461_1273873039401288_6645546150929888761_o.jpg

午後4時。ようやく山頂に到着。標高は1377メートルだが、登山口から1100メートルほどはひたすら登りなので、登山に慣れていない自分のような初心者はけっこうハードに感じる。

19221927_1273873402734585_8600086114980024764_o.jpg

7月、8月は山頂まで直通のバスがでている。右下に見えるのがバスステーションのある駐車場。麓から頂上まで1時間ほど。

19264495_1273873746067884_7781118290374812139_o.jpg

午後7時。太陽が沈み始める。この時間になると登ってくる人もほとんどいない。下界と違って物音ひとつしない静寂が支配していた。
[ 2017/06/20 05:39 ] 登山ナビ | TB(0) | CM(0)

今週の成績

6月12日  +10
6月13日  +20
6月14日  +164
6月15日  +0
6月16日  +0

total +194

トレードの達人は売買のシグナルがでたら何のためらいも葛藤もなくトレードを仕掛ける。そしてそのトレードが成功しなくても、同じくらい何のためらいも葛藤もなく、容易にその事実を認める。たとえ含み損で手仕舞っても、不愉快な感情は微塵も生じることなく、次のトレードへと気持ちを切り替えることができる。まだまだ自分はその域には達していない。
[ 2017/06/18 12:04 ] 今週の成績 | TB(0) | CM(0)

米・FOMC

日本時間午前3時発表。

前日の午後9時半に発表された米・小売売上高が市場予想より悪かった上に、タイミングが悪く米下院議員など数人を銃撃した事件が発生したこともあって、円高ドル安が進む。

ドル円は日付が変わる前に108.94円まで下落した。

そうしたリスク回避の流れの中でFOMCを迎えることとなったが、結果は事前の予想通りで、0.25%の利上げ。

発表直後は108.78円まで下落した。

その後、ドル円は109円60円台までリバウンドし、さらなる円高は回避された。

90976.jpg

ドル円5分足チャート。

下落後のリバウンドのタイミングを狙って逆張りで参戦。

成功したのはいいが胆力不足で微益に終わった。

もともと大きな利益を狙っていなかったから良しとするか。
[ 2017/06/15 03:36 ] FOMC | TB(0) | CM(0)

We’ll be back

098_201706140249028b9.jpg

2017年のNBAの頂点はウォーリアーズが制した。

ファイナルMVPはケビン・デュラントに決まった。

彼は移籍時にさんざん叩かれたわけだが、悲願だった王者の称号を手に入れ、結果的にこれで良かったのかなという気がしている。

一方の敗退したキャブスは、沈んでいるエースのアービングにレブロンがこう声をかけたという。


「We’ll be back!」


彼らは戻ってくる気満々だ。

来年のファイナルも今年と同じカードの可能性が高い。

もうしばらくはウォーリアーズとキャブスの2強の時代が続くかもしれない。

現地へ行ってもチケットを取るのは大変そうだが、レブロンやカリーが全盛期のときに一度くらいはプレーオフの試合を見たいものだ。
[ 2017/06/13 17:06 ] NBA | TB(0) | CM(0)

トレーダーの適正

将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段が、叡王戦予選で都成竜馬四段を破り、歴代単独2位の25連勝を達成した。

藤井聡太四段がプロになったのが14歳と2ヶ月。

彼のように中学生でプロになった棋士は、過去に4人しかいない。

その4人とは、加藤一二三、谷川浩司、羽生善治、渡辺明。

彼らはすべてタイトル経験者であり、加藤・谷川・羽生は名人経験者である。

当然、藤井聡太四段の将来も嘱望されている。

プロ棋士としてタイトルホルダーになるような天賦の才を持った者は、若い時から鬼のように強い。

それはただ将棋が強いのではなく、常人がいくら努力しても絶対にたどり着けない強さといっていい。

将棋の社会には、奨励会という日本将棋連盟のプロ棋士養成機関がある。

奨励会へは厳しい入会資格があり、受験の推薦を得るには、アマチュアの大会で優秀な成績を収めたり、プロ棋士などが指導する将棋教室などで実力を認められたりしなければならない。

また厳格な年齢制限もあり、満21歳の誕生日までに初段、満26歳の誕生日を迎える三段リーグ終了までに四段に昇段できなかった者は自動的に退会となる。

才能のないものが不毛な努力をして人生を棒に振らないように、奨励会に年齢的なリミットがあるのは良心的といえるだろう。

トレーダーとしての才覚もある意味、将棋の棋士と同じで生まれ持ったセンスがものをいう。

どれだけ勉強し幾ら経験を積んだからといって、将来必ず安定して勝てるようになるとは限らない。

FXや株を何年も続けてもいっこうに儲からない人がいるが、そういう人は自分は向いていないと自覚して潔く諦めたほうがいいケースもある。

たまたまトレードに向いてなかっただけで、もっと自分に合った得意な分野で成功するかもしれない。

トレードで成功できなくても決して恥ではない。

プロ棋士になる人間が特別な才能を持っているように、あるいはプロ野球選手になるような人間が選び抜かれた運動神経の持ち主であるように、普通の人がトレーダーとして成功する確率も極めて低いと言わざるを得ない。

トレーダーの適正のある人はいい意味ではクレバーかもしれないが、悪い意味ではちょっと変わった人が少なくないように思える。

藤井聡太四段が将棋の神さまの寵愛を受けているように、生まれながらにして非凡な才能を持つトレーダーがいる。

センスのない人間が死ぬほど努力したところで、誰もが彼らのように儲かるわけではない。

トレードは技術であり経験を重ねることで上手くなるが、専業トレーダーとして食べていくにはまた別のハードルの高さがある。

人によってトレーダーという職業に適正があるかどうかと問われれば、間違いなくあると思う。

マーケットに流通するお金は、適性のない人から適性のある人へと流れていく。

これからFXや株を始める人は、奨励会のように期限を決めて、「いつまでにこれだけ儲からなかったらキレイサッパリ諦める」という設定をしておくことをお薦めしたい。

でないと、トレードすればするほど貴重なお金をドブに捨て続けることになり、人生の貴重な時間を無駄にしかねないからだ。
[ 2017/06/12 15:17 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

リアル・ジェラシックパーク

21世紀の森公園の「株杉」の森。

「株杉」とは、根元が非常に太く、そこから枝分かれした幹が何本も出ている一般的なスギと異なる特異な生え方をしたスギを指す。

推定樹齢は400年から500年といわれている。

19092934_1267023210086271_1629802546099162096_o.jpg

19055609_1267023100086282_3711965831059041751_o.jpg

19025081_1267023220086270_4316186712559137817_o.jpg

19023707_1267001663421759_1289350557360803231_o.jpg

大きな株杉は写真のように幹周りが5メートル以上にもなることもある。

そんな株杉が数十本も一つの斜面にあるのだから、かなりシュールな景観になる。

いつ恐竜が出てきてもおかしくない雰囲気だった。
[ 2017/06/12 00:44 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

キャブズ、今ファイナル初勝利!

lbj-00.jpg

NBAファイナル第4戦はキャブスが21点の大差をつけて快勝した。

今日負ければシーズンが終わることもあって試合開始からチームの士気が違っていた。

結果、レブロンやアービングを中心とした怒涛の攻撃でなんとかスイープは免れた。

しかし、現代のNBAの潮流はウォリアーズのパスが流れるようなオフェンスであり、キャブスのアイソレーションオフェンスは戦術的にスマートではないとされている。

今回の試合は個人技で強引にモノにしたが、レブロン自身、個の能力に頼る試合運びの限界は十分感じているはずだ。

キャブスはなんだかんだいってレブロンを核としたチームであり、選手層が厚いウォリアーズが有利なのは変わりがない。

だが、土壇場でキャブスが一矢報いてくれたことでようやくシリーズが面白くなってきた。
[ 2017/06/10 23:36 ] NBA | TB(0) | CM(0)

各務原アルプス

876_2017061015072427e.jpg

各務原アルプスを縦走登山してきた。

写真は明王山の見晴台から望む濃尾平野。

迫間不動さんの麓から登るこの山からは、手軽に360度の展望を楽しめる。

手前に流れるのは木曽川。

右手奥遠くに見えるビル群は名古屋の中心部。
[ 2017/06/10 15:02 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

今週の成績

6月05日  +38
6月06日  +123
6月07日  +169
6月08日  +121
6月09日  -23

total +428

調子が良くない日は、ポジションサイズを小さくするか、もしくはトレードを止めるかのどちらかを選択するのが得策だ。最悪なのは熱くなって損失を取り戻すべく無駄なエントリーをくりかえすことだ。感情のコントロールができない人は、1日に何回負けたら閉店するというルールを決めたほうがいい。逆に調子がいい場合は好調の波に乗り、とことん攻撃的にトレードするべきなのだろう。これが意識しなくてもできる人が大きな資産を築ける。調子が良すぎると警戒してトレードをやめてしまうのが臆病な自分の悪い癖だ。
[ 2017/06/10 00:05 ] 今週の成績 | TB(0) | CM(0)
賢者のつぶやき
NHKスペシャル
ロイターテッカー
一目均衡表 ドル/円
一目均衡表 ポンド/円
一目均衡表 豪ドル/円
ブログランキング